尋常ならざる小学校

インスリン注射のベテラン 中社歴長代さん(架空の人物) は注射の銘柄が変わりました

「今迄使っていたものは、メーカーの都合で作らなくなったって言われたからさ~」  かおまる 
ノボ社製のペンフィルRは今年3月で製造中止になりましたからね

「先生がおっしゃるには、カートリッジ交換の面倒がないから使い捨てのにすっかって」

ペンフィルRと全く同じ製剤で、使い捨てペンタイプノボリンRがありますね

「それとも、カートリッジのままが良ければ、他のメーカーが出してるのがあるけどって」
リリー社という別会社のヒューマリンR注カートに変えても同じインスリンですね

「私ゃ尋常小学校しか出とらんから、そっだら難しい事は分かりませんよ~ かおまる  と
言うたけんど、使い捨てってエコじゃないねぇ~と思ったし、別会社のに乗り換えると
新しいペンを買うようだから、長年慣れ親しんだペンが良いですってお願いしたんだよね~」

それで同じノボ社製のノボラピッド注ペンフィルになったんですね、同じヒトインスリンでも
ノボ社はイースト菌、リリー社は大腸菌を使って作らせていますので、菌由来の微量成分が違い
ノボ社製品でアレルギーが起きなくてもリリー社製品だと起きるとか、その逆もあるそうです

「それでも、ブタインスリンの頃から見りゃ、アレルギーはだいぶ減ったわなぁ~」 かおまる 
動物由来のインスリンを使っていた時代もあったようですが、1980年代後半からは
遺伝子組み換え技術により、人間と全く同じインスリンが作られるようになりましたからね

「バイ菌を調教してインスリンを作らすなんて、凄い事考える人がいたもんだわな~」  かおまる  
でも、今回から変わったノボラピッドは、人間のインスリンをさらに進化させて
アミノ散配列を少し変える事で、打って15分で効くようにした超速効型インスリンです

「今迄のはご飯の30分前に打たんといかんかったから、だいぶ楽になるわな~」  えへ4
ヒトインスリンの方が天然もので安全なように思えますが、皮下に注射して血管から吸収される
ように工夫された製剤ですので、生理的な分泌のタイミングとは違ってくるのです

「どんなに人間のインスリンの出方を真似しても、そりゃ本物には敵わんわな~  汗1  
インスリンは門脈というところにドバッと出て来てまず肝臓に働くが、インスリンを
注射しても血管に入るだけだから、肝臓にはあんまり届いていないというからねぇ」

おっしゃる通りで、中社歴さんはインスリンの基礎分泌に当たるランタスを一日一回と
食後の追加分泌に当たるペンフィルRを一日三回打っていらっしゃいますが、それでも
生理的なインスリンの門脈・末梢血中濃度比は、注射では再現出来ないと言われています
それにしても50年近くインスリン注射なさっているとはいえ、随分お詳しいですね

「孫がパソコンを教えてくれて、今じゃノボケアニュースがお気に入りに登録されとるんよ」  えへ5      
凄いですね! でもHbA1c6%代の良いコントロールをずっと続けていらっしゃるので
インスリンが超速効型になったことで、コントロールが乱れないように気をつけたいですね

「先生も同じことおっしゃってさ~私ゃ食前の血糖値が高いことがあるもんで、昼ご飯の前に
胃の中を超音波で見て貰った事があるんよ、そしたら朝食べた物がまだ残ってたんだとさ~」
  冷汗1 
それは糖尿病歴の長い方に起き易いガストロパレーシスというもので、消化器を司る自律神経が
鈍り、食後時間が経ってから胃から腸に食べ物が送り込まれて血糖値を上げてしまう現象です
それで、ずっとガスモチンという消化器の運動を促すお薬をのんでいらっしゃったんですね

「今回、韋駄天走りのインスリンに変えたので、又新しい薬を足してのむように言われたわ
バイ菌に効く薬だけどねって言われたけんど、なんでそんなもんが効くんかなぁ?」
  かおまる
今回エリスロシンという抗生物質が新しく出ていますね
確かにこれは通常バイ菌に使うお薬ですが、消化器の働きを促進する作用もあるのです
消化器には、空腹時の1~2時間ごとに胃から始まって回腸末端まで移動していく
周期的な収縮運動があり、これを空腹期肛側伝播性強収縮帯(IMC)と呼んでいます

「少なくなったハミガキチューブをギューッと絞り出すみたいな感じかな~?」  スマイル  
そんな感じですね、このIMCを起こしているのはモチリンという消化管ホルモンなの
ですが、エリスロシンがモチリンと同じ働きをする事が分っているのです

「うち帰ってネットでググってみようと思ったけんど、教えて貰ってよう分ったわ~」  かおまる 
凄いですね! 本当に尋常小学校しか出ておられないんですか?

「貧乏人の子沢山のうちやったからね~でも妹はタイピスト学校行ったから、タイピング
だけは妹に教わったんよ、そしたら孫が、それならパソコンもいけるよって言ってね~
私ゃ自律神経ちゅうとこが鈍ってきて、膀胱をギューッって絞り出すのも苦手なんやわ~」
  かおまる  
(次回に続く)


(注1)糖尿病でも初期は自律神経障害がなく、胃排出能はむしろ亢進しており、
    早食い傾向で、急激に上がる血糖にインスリンの分泌が追い付けなくなっているので
    胃運動を鎮める事によってコントロール良好となる時期もあるそうです (αGI等)

(注2)エリスロシンのモチリン様作用は、抗菌作用が期待できないような少量投与で発現するそうです
    
    糖尿病性ガストロパレーシス(胃アトニー)には、ガスモチン、ガナトン、ナウゼリン、
    プリンペラン等の消化管運動賦活薬と共に、エリスロシン600mgを併用したりするそうです
    (保険適用外)

    尚、クラリスロマイシンのモチリン様作用はエリスロマイシンの1/5程度だそうです
    
    モチリンは22個のアミノ酸よりなるペプチドホルモンで、N末端の構造が
    14員環マクロライドのラクトン環の構造に酷似しており、
    エリスロマイシンがモチリン受容体刺激作用を持つようです

(参考)「糖尿病性自律神経障害の症状」本郷道夫、後藤由夫  他





インスリン発見には、バンティング、ベスト、コリップ、マクラウドの4人の人物が
かかわったとされています
そして、忘れてならない、実験犬のマージョリーも!

インスリン発見犬   インスリン発見しない犬



最近、今更ながら、卵の底力に感動
豚の生姜焼きに目玉焼きを乗っけてロコモ風に
カニ玉は、カニカマを使った方が、カニの存在感?があるし、何より安上がりです
焼肉で焼きうどんをしましたが、温泉卵を混ぜると美味しい~
うどんは患者さんからの頂きもの

生姜焼き目玉焼きのせ カニカマのカニ玉 焼き入り焼うどん温泉卵のせ






福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
スポンサーサイト
コメント
いつも勉強させてもらいます
本当におもしろいです!
どうやって主人公の名前を決めているのか、あっぱれです。

IMCは知りませんでした。
エリスロシンのモチリン様作用も勉強になりました。

ところで、いつも作られている食事の量、多いですね。
作り手はフロルさんですよね?
お仕事、家に帰ってもお仕事。
お疲れ様です!

暑い夏も、もう本番のような猛暑。
体に気をつけていきましょう。
2010/07/19(月) 17:06 | URL | CoCo #-[ 編集]
胃袋に第二の脳がある一家です
うちの家族は胃袋が思考能力の一端を担っています

ヨーロッパではどこが好き?という話では
「イタリアの方がイギリスより(料理が)美味しそう」とか
進学を決める場合には
「○○高校の方が近くに美味しそうなお店があった」等々
・・・テヘ (^_^;)


エリスロマイシンはモチリン様作用のあるマクロライドなので
モチライドと呼ぶ人もあると聞いたことあります

内視鏡的胃粘膜切除術で障害を受けた胃の運動を
改善するのにも使われたりするようです
2010/07/20(火) 23:24 | URL | フロル #0VjAYkvw[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード