そのクシャミ、止めても大丈夫?  

~薬局でありそうな風景について架空の会話形式で説明しています~





  
能内 妃伊香(のうないひいこう)さんはてんかんのお薬をのんでいらっしゃいます

「ずっとデパケンをのんで居たんですが、結婚を機に、妊娠に備えて今の  えへ5
ラミクタールに変えて頂いて、去年は待望の子宝にも恵まれ、まるで夢の様です」
デパケンは催奇形性がありますが、ラミクタールはその点安心ですからね

「中学生で初めててんかん発作を起こした時は、結婚も出産も諦めていましたが  かおまる
ここ最近胎児に悪影響の無いお薬も発売されたと聞いて、希望を持つ様になりました」
殆どのてんかんは、お薬をのめば発作を抑えられ、日常生活にも支障がありません

「かれこれ十年以上発作が起きていないので、そろそろお薬減らして行っても良い時期  汗1 
だそうですが、まだ子供が幼く、頻繁に通院出来無いので、先延ばしにしています」
てんかん治療の最終目的は、発作ゼロの状態を維持し続ける事ですので
下手に発作を起こしてしまうと、治療がスタートラインに戻ってしまいますからね

「幸いてんかんは薬でコントロール出来ているのですが、困るのはドラッグストアで  泣き1 
てんかんのお薬をのんでいると正直に言うと、風邪薬を売って貰えないんです」
市販の風邪薬の中には、てんかん発作の閾値を下げて発作を起こし易くしてしまう様な
成分がデフォルトで入っていますので、ドラッグストアでは敬遠されるでしょうね

「クシャミや鼻水や鼻づまりに効く抗ヒスタミン薬という成分がいけないそうです」  かおまる
クシャミ・鼻水・鼻づまり等の反応は、ヒスタミンという神経伝達物質の放出により
起こりますが、ヒスタミン神経系は脳で痙攣の抑制もしている為、ヒスタミンの作用
を抑える抗ヒスタミン薬が脳内に入ると、痙攣を誘発させると考えられています
他にも咳止めのコデイン系のお薬も、てんかんの人には慎重投与とされる成分です

「てんかんの主治医に言ったら、病院に来れば、安全な風邪薬を出してあげるって」  かおまる
でも、幼いお子さんがいらっしゃるので、中々専門医の病院に行けないんですよね?

「風邪位なら近所の医者に行っても良いけど、抗生物質でも、てんかん患者には避けて  かおまる
欲しい物があるので、必ずお薬手帳を見せて受診する様にとうるさく言われています」
脳で鎮静抑制系の神経伝達を司っているのは、ヒスタミンだけではなく、γアミノ酪酸
による神経系
もあり、抗生物質でキノロン系と呼ばれる種類のお薬がこの伝達を阻害
してしまいますし、更にある種の解熱鎮痛剤がこの副作用を増強してしまいますので
てんかん患者さんの抗生物質や解熱剤の選定には、緻密な配慮が必要です

「熱が出たならいざ知らず、クシャミ程度なら薬のむ必要ないよ、とも言われました」  かおまる
抗ヒスタミン薬は抗コリン作用による眠気や口の渇き等の副作用があり、別の病気
例えば、副鼻腔炎や、前立腺肥大の人だと尿閉とか、緑内障の方だと眼圧上昇等を
起こす場合もあるので、脳神経科の医師でなくても使用慎重論を唱える医師は多いです

「でも、この季節ですから、花粉症でクシャミが出ているのかも知れないんです」  かおまる
花粉症でしたら話は別で、鼻づまりを放置すると逆に副鼻腔炎も悪化してしまいます
その場合は、脳内に移行しないタイプの抗アレルギー薬を処方して頂けると思います

「脳に入らず、眠くもならないタイプのお薬なら、痙攣を誘発したりしないんですね」  えへ4
市販薬でも売られているアレグラでしたら、脳内移行性が無く痙攣発作も誘発しません
てんかんでなくても、小さなお子さんですと、γアミノ酪酸による中枢神経抑制系が
未発達な分、ヒスタミン抑制系の役割が重要なので、抗ヒスタミン薬による痙攣誘発の
リスクが高くなり、小児の風邪には抗ヒスタミン薬を処方しない小児科医もある位です

「実はうちの息子も、熱性痙攣起こした時、抗ヒスタミン薬のんでいたんです!」  冷汗4
そう言えばこないだ、息子さんに熱性痙攣薬のダイアップ坐剤が処方されていましたね

「息子が痙攣起こした時は、私のてんかんが遺伝したんじゃないかと気が動転して」  驚き1 
熱性痙攣自体は珍しい現象では無く、又後遺症も残らないので、心配は要りませんが
頻繁に繰り返すようなら、一回脳波の検査を受けた方が良いかも知れませんね

「私がパニックになってたので、今後の為に、発作止めの坐剤を出して下さいました」  冷汗2
熱性痙攣防止にダイアップ坐剤を使用してもしなくても、成長してからの予後は
変わらない
と言われていますが、予防薬が手元にある方が心強いですね

「気管支炎のお薬でも、痙攣を起こし易い物があると聞いたんですが」  かおまる
それは、テオフィリンという気管支拡張剤で、最近は使用頻度が減っています

「その時は、気管支炎の薬は出て居なかったのですが、風邪薬をのんでいました」  汗  
薬歴を見ると、ダイアップ坐剤が処方される三日前に、小児科からペリアクチン
ムコダイン、メプチン、アスベリン、の4種類のお薬が処方されていましたね

「その中のペリアクチンが、痙攣を誘発してしまった可能性があると言われました」  冷汗1
抗ヒスタミン薬は開発された年代により、第一世代と第二世代があり、第二世代
の物は、第一世代の副作用の抗コリン作用が随分改善されていますが、その第二
世代ですら古い物だと脳内に移行しますので、痙攣を誘発するリスクがあります
ペリアクチンは第一世代ですから、バッチリ脳に移行してしまうでしょうね

「薬局でも眠くなるかも知れないけど、食欲を改善する効果もあると言われました」  汗5 
あの時息子さんは、熱も高く、食欲もなく、グッタリしている様子でしたものね

「小児科医も、これからは、熱性痙攣起こし難い鼻水薬にして下さるそうです」  かおまる
アレグラやアレジオンやジルテック等、第二世代の中でも、脳内に移行しない
抗アレルギー薬ドライシロップ
が次々と発売されていますので、その点安心ですね

「確認しておきたいのですが、解熱剤のアンヒバ坐剤とダイアップ坐剤を両方使う  かおまる 
場合は、ダイアップ坐剤を先に入れて、30分後にアンヒバ坐剤でしたよね?」
その方法で正解です・・・水溶性基剤のダイアップ坐剤を、油脂性基剤のアンヒバ坐剤
の後に入れると、ダイアップの薬効成分が、アンヒバから溶け出した油脂成分に吸収
されて直腸粘膜への吸収が阻害
され、効き目がなくなってしまいますのでね

「良かったあってて、解熱剤は、カロナール細粒をのませても良いんですが  かおまる 
うちの子は熱があるとウツラウツラしますので、坐剤を入れる方が楽なんです」
但し、内服でも坐剤でも解熱剤は、熱性痙攣予防にはならないのでご注意下さい

「でも、高熱のせいで痙攣が起こるんですから、熱は下げた方が良いでしょ?」  ブー1
熱性痙攣は熱が上がる時に起こるので、解熱剤で無理やり熱を下げると
効き目が切れて又熱が上がる時に、逆に起き易くなると言われ、熱性痙攣を
起こした事のあるお子さんに解熱剤を使うのは逆効果だという説もある位です

「えぇ! じゃ、アンヒバ坐剤は使ったらかえって危ないんですか?」  驚き1
実際には、ヨーロッパで行われた研究によると、熱性痙攣の頻度は解熱剤の使用
の有無とは関係なかった
そうですので、熱が辛ければ使用すれば良いと思います
熱性痙攣を防ぐ為には、熱が上がり始めたら早めにダイアップ坐剤を挿入し
8時間たってもまだ熱が高ければ、もう一度使用して頂ければ、24時間有効です

「やっぱりここでもう一度確認しておいて、良かったわ~」   スマイル2






参考)
重篤副作用疾患別対応マニュアル  小児の急性脳症 平成23年3月 厚生労働省
てんかん専門医のブログ、小児科医のブログ(皆さん口を揃えて同じ事をおっしゃっています)

2015年の熱性痙攣ガイドラインで、ダイアップ坐剤の適応が厳しくなった様ですね

催奇形性の心配の無いてんかん薬は、ガバペンが2006年、ラミクタールが2008年
イーケプラが2010年の発売です




アレグラドライシロップの供給を早く再開してほしいですね

因みに、これは『アレグラ』という名のエケベリアです ← だから何?って感じですが(汗)
2928.jpg


私も子供が小さい頃は、40度位あるとフルフル震える様な感じがしてとても心配でした
幸い、熱性痙攣を起こした事はありませんでしたが、子供の発熱の辛さは良く分かります

朝撮った多肉写真

 2921.jpg  2922.jpg
 2923.jpg  2924.jpg
 2925.jpg  2926.jpg




薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

by 薬剤師ブログタイムズ



福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  
人気ブログランキングバナー 




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード