酸素は5倍希釈が一番うまい

~薬局でありそうな風景について架空の会話形式で説明しています~

喘息歴が長く、現在はシムビコートタービュヘイラーを使っていらっしゃる 戸丘 芙善
(こきゅうふぜん)さん
は、毎年お子さん達から敬老のお祝いは何が良いか聞かれるそうです

「欲しい物は大体持ってますし、もうこの年ですから、今年は健康管理の為に、喘息が辛い時用の
携帯酸素ボンベをリクエストしようと思っているんですが、この薬局で扱っていますか?」
  かおまる  
マラソン選手などが使うタイプのものでしたら、スポーツ用品店等で販売していますが
慢性的な呼吸不全になっている人が、高濃度の酸素を吸うのはかえって危険だそうですよ

「でも、在宅酸素の人はよく、酸素ボンベを下げて歩いてらっしゃるじゃないですか?」  ブー1
在宅酸素の人は、歩行テストの結果等から設定された最適な流量の酸素を吸入していますが
呼吸を楽にしようと勝手に酸素濃度を増やすと逆に呼吸困難になる恐れがあるそうですよ

「そんな事があるんですか、恐いですね」  驚き1 
呼吸不全は酸素不足によるものと考えられがちで、これをI型呼吸不全と呼びますが
永年に亘る呼吸不全では、二酸化炭素過多も加わったⅡ型呼吸不全になっている場合があり
その場合は、高濃度の酸素を吸うと、CO2ナルコーシスという命にかかわる状態に陥るのです

「体に必要な酸素でも、濃過ぎるとかえって毒になるんですね」
  冷汗2 
普通は二酸化炭素が多いと息苦しく感じるものなのですが、それが慢性的に続いていると脳が
慣れっこになってしまい、脳に呼吸するように命じるのは『酸素不足』という信号だけになります
その状態で高濃度の酸素を吸入したら、脳は呼吸する必要なしと判断して呼吸をやめてしまうのです

「やっぱり素人考えで酸素を吸うのは、やめといた方が無難ですね」  汗5
喘息だけでしたら良いのですが、65歳以上の喘息患者さんの20~30%で慢性閉塞性肺疾患
(COPD)
を併発しているそうでして、COPDではⅡ型呼吸不全になり易いと言われています

「うちの主人がヘビースモーカーなのを医師が心配して、時々酸素飽和度を測って下さいます」  汗  
女性は男性よりもタバコの害を受けてCOPDになり易いので、受動喫煙にも注意が必要です
喘息で酸素飽和度が低下したとしても一時的な物ですが、ひどいと90%を割る事もあるようですね

「95%でも辛いですよ、以前はそんな時に吸入するメプチンという薬が出てたんですが・・・」  かおまる
メプチンは気管支を拡げるβ2刺激薬の吸入薬で、即効性なので発作治療薬として使われています
そう言えば、シムビコートになってからは、メプチンが処方されてないですね

「昔は喘息の吸入薬が心臓に障って亡くなった人もあったけど、メプチンが出てからはそういう事
もだいぶ減り、安心して使っていたのですが、やはり、発作が起きた時だけ吸入薬に頼るのは
良くないそうで、毎日規則正しく体質改善の吸入をする治療法に途中から切り替わったんですね」
  かおまる  
喘息の治療方針が、ステロイド吸入薬による体質改善重視になって、喘息死が激減しましたからね
シムビコートは、炎症を鎮めて気道が硬く狭くなるのを防ぐステロイドに、長時間効くタイプの
β2刺激薬を合せた吸入薬で、β2刺激薬もステロイドと一緒なら心臓の副作用は防げるそうです

「シムビコートでとても調子は良いんですが、気のせいか時々息苦しく感じる事があるんです」  汗1
シムビコートはメプチンと同じくらい早く効くので発作治療薬としても使えるそうですよ

「医師にも、シムビコートは朝晩定期的に吸入する以外に、発作時にも効くと言われたんですが
本当は日本ではまだそういう使い方は認められてないけどね、ともおっしゃっていました」
  かおまる
シムビコートを体質改善薬兼発作治療薬として使って良い国もあるので、日本でも現在治験が
進められていますが
、そうなればシムビコート一種類で済みますから、何かと便利ではあります

「でも、発作時にも使ってしまうと、毎日吸入する分が足りなくなってしまうでしょ?」  かおまる
確かにシムビコートを定期吸入分しか貰っていないのに、発作時にも使うと途中で不足しますね

「ですから、息苦しい時用に酸素を吸ったら良いんじゃないかと考えた次第なんです」  かおまる  
重症の喘息発作では酸素吸入をする事はありますが、酸素には喘息治療効果はありません
喘息では気道が狭くなっていますので、まずは気道を拡げてやらなければ酸素も入って行きません

「道が狭くなって物資を運べないのだから、道路拡張工事してやる必要がある訳ですね」  かおまる
戸丘さんはピークフローメーターは既にお持ちですから、ご自宅で酸素飽和度を測れる
パルスオキシメーターを敬老のお祝いにリクエストなさってみてはいかがですか? 

「病院で指先を挟んで酸素飽和度を測って頂く、あの機械が個人で買えるんですか?」  驚き1
当店は高度管理医療機器取扱認定店ですのでお取り扱い出来ますし、高価な測定器ですが
最近は二万円台でも出ています、健康管理の為の出資と考えたら良い買い物だと思います

「その位の金額なら子供達も出してくれるんじゃないかしら・・・」  えへ5  
パルスオキシメーターは本来、在宅酸素をなさっている方が酸素飽和度を気にして測る為の物ですが
最近は喘息管理に利用する方も出てきているようで、機種によっては脈拍数も測れますので
β2刺激薬の一番心配な副作用の動悸が出ていないかチエックする事にも利用できる優れモノです
又、喘息発作のひどい時には奇脈といって脈が乱れる事もあり、そんな時は脈拍の動きを表す
レベルメーターによりわかるので
発作の程度を知ることも出来、受診する目安にもなります

「指先でちょっと測るだけだから、自分でも使えそうね、子供たちと相談してみます」  スマイル2  


(感想)  単純なI型呼吸不全でしたら、大量に酸素を吸入しても
      CO2ナルコーシスを起こす事は無いのでしょうが、
      特にお年寄りの場合、外見だけではI型かⅡ型か、
      二酸化炭素過多迄起こしているかどうかなんて
判断できませんよね~

(注)    メプチン(プロカテロール)とシムビコート(ホルモテロール)はβ2フルアゴニスト
       アドエアやセレベント(サルメテロール)、ホクナリン(ツロブテロール)は
       β2パーシャルアゴニストだそうです(資料によって評価が若干違う)
       
       が、プロカテロールは循環器β1ではパーシャルアゴニストなのに、
       ホルモテロールはβ1でもフルアゴニストだそうです
       ただ、β2刺激薬もステロイドと併用すれば心臓系の副作用は防げるそうです
       COPDの新薬オンブレスのインダカテロールは強そうだからフルアゴニストなのかな?
       (調べてないです)

        とある喘息の方のブログから拝借させて頂いた酸素飽和度と喘息の関係では
        喘息がまったく出ていない : 98%  
        軽く苦しいなと思う、吸入で回復 : 95%  
        動きが制限されてくる、点滴1~2回で回復 : 92~93%  
        1~2回の点滴では回復は無理 : 90%前後  
        歩けず、動けず入院 : 85%前後        
    ・・・だそうです

(参考)   宮川医院HP  
       近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科 久米裕昭教授の研究   など



我が家の敬老のお祝いは、義母に電動自転車をプレゼントする事になりました
が、運動神経は良いけど家電に弱い義母が、果たして乗りこなせるかとの懸念の声も上がり・・・
義母は電子レンジでも三つ迄しかボタン操作を覚えられないと言います
おかあさん、私だって五つ位は使いこなしてるのに・・・

一方、私の母は何と、冬以外は原付を乗りまわしています
母の年齢と運動神経については、ここでは敢えて触れませんが
母の地元の方々は、原付に乗ってる母を見かけたら、悪い事は言いませんので
傍にある木に登るか、なんなら側溝の中に飛び込むなどして
速やかに避難して下さるようお勧めします(緊急時避難準備人物)

高齢化社会の日本の道路事情は、昭和一ケタの運転技術にかかっている!!!



チキングリル   とりつくね   
エビチリ   牛蒡かき揚げ
パリパリサラダとかいうものを売っていたのでエビチリを載せてみました
牛蒡かき揚げは卵を使わないのがパリパリにするコツだそうです 
そういえば母も山菜揚げる時は卵使わないと言っていました


宝塚の親戚よりお菓子を頂いて、すごくテンションが上がりました
宝塚のお菓子


福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード