FC2ブログ

昨日の敵は今日の友

糖尿病治療薬ジャヌビアと、コレステロール(以下C)を下げるリピトールというお薬を
のんでいらっしゃる 陣賀泰説さん(架空の人物) が検査結果票を見せて下さいました

「ちょっとLDLを計算してくんない? 悪玉と中性脂肪の数値がまだ高いんだとさ」  うへー  
総コレステロール(以下TC)が270、HDLコレステロール(以下HDL)が40
中性脂肪(以下TG)が200ですので、LDLコレステロール(以下LDL)
Friedewaldの式 LDL=TC-HDL-TG/5 に従って計算すると
270-40-200/5=190 となり、確かにLDLとTGが高いですね

「強い薬のんでる割に下がんないから、今回からゼチーアとかいう薬ものむ事になったよ」  かおまる 
血液中のCは食べ物から吸収するのが20%肝臓で生産されるのが80%ですが
リピトールは肝臓でのCの生産を減らし、ゼチーアは小腸でのCの吸収を減らすお薬です
糖尿病の方はCを吸収し易くなっているそうですから、ゼチーアが良く効くらしいですよ

「悪玉を下げる薬と中性脂肪を下げる薬を一緒にのむと筋肉の副作用が出易くなるから
本当は両方下げた方がいいけど、とりあえず悪玉を下げるお薬だけのむことにしたじゃん?」
  かおまる  
LDLを下げるスタチン系のお薬と、TGを下げるフィブラート系のお薬を併用すると
横紋筋融解症という副作用が起き易くなりますので、陣賀さんは、スタチン系の中でも
作用が強くて、TGを下げる効果も併せ持つ、リピトールをのむ事になったんでしたね

「そのリピトールだって、僕は腎臓が悪いから、先生が悩みに悩んで出したんだよ」  かおまる  
腎機能が落ちていると横紋筋融解症が起き易くなりますので、心配されたんでしょうね

「腎臓が弱っている僕が、コレステロールの薬を一度に二種類のんだりして大丈夫なの?」  ブー1
スタチン系のお薬だけで横紋筋融解症になる確率は 0.0042% 程ですし、ゼチーアには
横紋筋融解症の副作用は無く、肝臓で代謝される為、腎臓が弱っている方にも優しいお薬です

「以前にここで、オシッコの色に注意してくれって言われたから気をつけて見てるけど  かおまる    
赤茶色くはならないね~それにしてもこんな面倒臭い計算しないで、悪玉を直接測りゃいいのに」

TCやTGやHDLの測定法は確立されていますが、LDLの直接測定法はまだ開発段階
標準化されていないのです 但し、この計算式もTGが400未満の時しか使えませんけどね

「LDLが悪玉で、HDLは善玉でしょ?  善玉なら多少多くても許されるのかな?」  汗1
全身から要らなくなったCを回収してくるHDLは、むしろ少ないとダメで、多い方が良いので
下限が40と定められています   糖尿病だとTGが多くHDLが少なくなり易いそうです

「うへぇ~僕はギリギリだなぁ、そういえば、悪玉は体内にCを配達してるって言ってたよね
Cは体を動かしたりする大切な成分だから、下げ過ぎると癌になるって説もあるじゃない?」
  かおまる  
確かに、TCの低い人程癌が多いのは事実なのですが、それは原因ではなく結果だと言われて
いまして、癌で亡くなる数年前から自然とTCが減っていくそうですので、Cを下げるお薬を
のんで急激にCが下がるような場合は、その裏に癌が隠されていないか調べる必要があります

「じゃ、リピトールのんでるのに中々悪玉が下がんない僕は、癌からはほど遠いじゃん」  えへ5  
利用されなかったLDLは肝臓のLDL受容体というところで回収されて、Cが再利用に回される
だけですので、LDLが悪玉という訳でもなく、真の悪玉は、LDLの中でも、変性されて
LDL受容体に認識されにくくなった
小粒子LDLや酸化LDLや糖化LDLなのです

「LDLが変化してしまうと、Cのリサイクル利用の流れから取り残されてしまうんだね」  汗5  
変性LDLはスカベンジャー受容体に認識されて、マクロファージに取り込まれ、動脈硬化
を引き起こしますが、糖尿病があるとLDLが変性され易く、真の悪玉が増えてしまします

「糖尿の人は血糖だけでなくCにも気をつけた方がいいと言われたけど、Cの質も大事なんだな~」  
調理過程で酸化するCもあり、Cの吸収が増えている糖尿病の方は変性Cを多く吸収する恐れが
あるので、Cの吸収を妨げるゼチーアによって食事由来の酸化Cの吸収を制御できるのです
HDLはLDLの酸化も防いでいるのですが、ゼチーアにはHDLを増やす作用もあります

「悪玉が真の悪玉になるのを食い止めるんだな~何といっても心筋梗塞が恐いからな~」  冷汗1
心臓だけでなく、実は腎臓の為にも、Cは下げた方が良いんですよ

「油っこい血液ばかり濾過していると、腎臓に負担がかかるからなんだろ?」  かおまる  
それだけではなく、腎機能が落ちた人がリピトールをのんだところ腎臓に良い事が確認された
ので、最近では、腎臓が悪い人は、むしろ積極的にのむべきだと言われているのです 
「本当なの? 驚き1  僕は、筋肉痛が起こると副作用じゃないかと心配で、ビクビクしてたのに?」
(次回に続く)


(参考) OnlineDITN 「糖尿病血管症における血糖・脂質管理の重要性
                      -メタボリックメモリーからの考察-」
     エビデンスに基づくCKD診察ガイドライン2009
     動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007
     月刊糖尿病 Vol.2 No.9 2010/8  
     横紋筋融解症の早期発見と予防 (東邦大学医療センターの資料)   他





フレミングペニシリンを発見する6年前、彼は偶然、培養シャーレの中に
ハナミズを垂らすとそこだけ雑菌が生えない事を発見しました。
そして、この菌繁殖抑制効果はハナミズよりも涙液の方がはるかに強いことも解りました。

この殺菌成分が、卵白にも多く含まれており、今医薬品として使われているリゾチームです。

これは私の大好きな科学史エピソードなのですが、
このリゾチーム、イン・ビトロ(試験管の中)ではよく効くのでしょうが、
経口投与した時は果たしてどうなのでしょうか?


リゾチームの構造式  :
Lys-Val-Phe-Gly-Arg-Cys-Glu-Leu-Ala-Ala-Ala-Met-Lys-Arg-His-Gly-Leu-Asp-Asn
-Tyr-Arg-Gly-Tyr-Ser-Leu-Gly-Asn-Trp-Val-Cys-Ala-Ala-Lys-Phe-Glu-Ser-Asn-Phe
-Asn-Thr-Gln-Ala-Thr-Asn-Arg-Asn-Thr-Asp-Gly-Ser-Thr-Asp-Tyr-Gly-Ile-Leu-Gln
-Ile-Asn-Ser-Arg-Trp-Trp-Cys-Asn-Asp-Gly-Arg-Thr-Pro-Gly-Ser-Arg-Asn-Leu-Cys
-Asn-Ile-Pro-Cys-Ser-Ala-Leu-Leu-Ser-Ser-Asp-Ile-Thr-Ala-Ser-Val-Asn-Cys-Ala
-Lys-Lys-Ile-Val-Ser-Asp-Gly-Asn-Gly-Met-Asn-Ala-Trp-Val-Ala-Trp-Arg-Asn-Arg
-Cys-Lys-Gly-Thr-Asp-Val-Gln-Ala-Trp-Ile-Arg-Gly-Cys-Arg-Leu


ちなみに、うちの患者さん達が毎日注射しているインスリンはこの半分以下のペプチドホルモン
なのです。





 鶏肉とゆで卵煮  牛どん卵かけ  カレー春巻き

    食事由来のコレステロールは多い我が家・・・






福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード