スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24時間まで闘う必要はない

~薬局でありそうな風景について架空の会話形式で説明しています~




毎月糖尿病で通院しておられる 永井 菊次勘(ながいきくじかん) さんですが
今日は、手に包帯を巻いた痛々しい姿でいらっしゃいました

「最近、人食いバクテリアとかいう新種の恐ろしい菌が出て来たっていうじゃない?」 かおまる  
それは、以前から知られている、喉や皮膚に常住している事すらある溶血性連鎖球菌
というごくありふれた菌で、お子さんに扁桃腺炎やとびひを起こす事はありますが
その場合でも抗生物質で治りますし、格別タチの悪い菌でもないですよ

「でも、どんどん手足が壊死していって、数日で死んでしまうというじゃないか」 冷汗2
運悪く劇症型溶血性連鎖球菌感染症という稀な病気になってしまうとそうなります
溶血性連鎖球菌が傷口等から血管に侵入して、劇症化してしまうと、筋肉が壊死して
手足を切断せざるを得なくなったり、播種性血管内凝固症候群(DIC)を起こし
多臓器不全からショック状態に陥り、発病後数十時間で死に至ることもあるのです

「そんなにあっけなく死ぬんじゃ、新発見の菌じゃ無くても、十分恐ろしいよ!」 かおまる
劇症化すると、抗生物質が効くより早く進行してしまいますが、どんな時に劇症化する
かは解明されておらず、免疫力が弱っている時は注意された方が無難かも知れません

「僕みたいに糖尿病持ちだとヤバいんじゃない?」  冷汗4
免疫弱者と言われる糖尿病や癌の人や高齢者の方以外の人でも、発症した例もあり
どうやら、いつもその辺にいる菌が、突然牙をむき襲い掛かってくる現象の様です

「実は今朝、いつもその辺にいるうちの犬が、突然噛みついてきたんだ!」  泣き1  
なぁんだ、ワンちゃんに噛まれたんですか!  人食いバクテリアのお話をされるので
てっきり劇症型溶連菌感染症なのかとビクビクしましたよ~

「傷口が皮膚を貫通していたので、大事をとって大量の抗生剤をのむ事になった」  かおまる
犬の口腔内常住菌の中には、頻度は少ないものの敗血症を起こす菌種があり、一旦
敗血症になると劇的な経過を辿って、死亡率は30~36%にものぼるとされています

「培養して菌の種類を突き止めてからだと、治療が手遅れになるので予防でのむんだと」 かおまる
健康な犬でも96%に、カプノサイトファーガという菌が口腔内に見つかると言われ
犬の噛み傷が深いと感染して、稀に重症化し、劇症の敗血症や髄膜炎を引き起こして
DICや、敗血性ショック、多臓器不全に進行して、死に至ると言われています

「まるで、さっきの恐ろしい人食いバクテリアとおんなじ様な経過じゃないか~」 驚き1  
報告例は少ないですが、発病すれば大事に至るので、予防的に抗生剤をのんだ方が無難
脾臓摘出した方や糖尿病や癌で免疫機能が低下している人が重症化し易いとされています

「やっぱり糖尿病があると不利だなぁ、人食いバクテリアにも狙われ易いし」  汗  
今回は、ペニシリン系のサワシリンと、サワシリンと同じ抗生物質のアモキシシリン
βラクタマーゼ阻害剤の合剤のオーグメンチンの二種類のお薬を一日三回のんで下さい

「バイ菌を抗生物質で倒そうとすると、返り討ちに遭う事があるそうだね」   かおまる  
細菌も生きるのに必死ですので、ペニシリン等βラクタム環を有する抗生物質を攻撃する為
βラクタム環を分解する酵素のβラクタマーゼを産生する菌もありまして、それをさらに
阻害する為、βラクタマーゼ阻害剤のクラブラン酸をβラクタム系薬と併用して抗戦します

「要するにβラクタマーゼ阻害剤のクラブラン酸は返り討ち防止策って訳だね」  かおまる
細菌は、βラクタマーゼを出したり、抗菌薬が結合する部位のペニシリン結合蛋白を変化させ
たりして、抗菌剤の存在下でも生き延びられる様に変化し、それで耐性菌が出来て行くのです
アモキシシリン250/クラブラン酸125の配合割合のオーグメンチン3錠だけですと
アモキシシリンの量が足りないので、サワシリン250も3カプセル合わせてのみます

「一日三回ものむのか~膀胱炎の時のんだやつは、一日一回で済んで楽だったのにな」 うへー
抗生物質には、濃度を上げるとそれに従い殺菌作用も強くなる濃度依存性タイプ
細菌と触れている時間が長い程殺菌作用も強くなる、時間依存性タイプがあります

「膀胱炎の薬は、一日一回沢山のめば効くやつだから、濃度依存性タイプだったんだ」 かおまる
先日泌尿器科から処方されたクラビットという抗菌剤はキノロン系で、濃度依存性タイプです
DNAを複製する時にはまず、DNA鎖をほどく必要があるのですが、キノロン系薬は
細菌のDNA鎖をほどくDNAジャイレースという酵素を阻害して、細菌の増殖を止めます
人体内のDNA鎖をほどく酵素の、トポイソメラーゼⅡには影響しないので安心です

「今回の抗生剤は、一日三回のまなくちゃいけないって事は、時間依存性タイプなんだね」 かおまる  
キノロン系薬が濃度依存性なのに対し、β-ラクタム系薬は時間依存性タイプです
β-ラクタム系薬は、細胞壁の構成成分と似た構造を持ち、細菌が誤ってそれを材料として
取り込んで細胞壁を作ろうとして失敗
する事で、細胞壁が作れなくなり死滅します
ちなみに、細胞壁は細菌のみに存在して人には無いので、人体には悪影響が有りません

「抗菌薬はどれも、菌にだけある部分に作用するように、上手い事考えられているんだね」 かおまる 
抗生物質の、必要かつ充分な効果が得られる最適な用量や用法を設定する為には
人体内での抗菌薬の濃度推移である薬物動態(PK)と、抗菌薬の作用である薬力学(PD)
両方が重要で、薬剤の有効性と安全性の評価には欠かせないPK-PD理論と呼ばれています

「量が少な過ぎたら勿論効かないが、多過ぎたら肝臓や腎臓に障る恐れが出て来るからね」 汗5
抗菌薬が効く必要最低限の量を、最少発育阻止濃度(MIC)と言い、それより高濃度で
耐性菌が発現しない様抑えられる量を耐性菌発現阻止濃度(MPC)と言い、MICとMPC
の間の耐性菌選択域(MSW)
にある時間が短いほど、耐性菌の発現が少ないとされています

「耐性菌なんかが増えたら、人食いバクテリアになった時打つ手がなくなっちゃうよ」 驚き1
一度抗菌薬が細菌と触れると、抗菌薬の濃度がMIC以下になった後も、細菌増殖抑制作用
が持続するPAEという現象
があり、グラム陽性菌に対してはどの抗菌剤もPAEがありますが
グラム陰性菌には、キノロン薬はPAEがあり、βラクタム系薬には無いと言われています

「僕も、ひと睨みすればその後ずっとワン公がおとなしくしててくれると良いんだが」 かおまる
それが、キノロン薬の濃度依存性とβラクタム薬の時間依存性の特性の違いとなっています

「βラクタム薬の方は、僕と同じで、ずっと睨みを利かしておかないとダメなんだな」 かおまる
βラクタム薬も、必ずしも24時間抗菌薬濃度をMIC以上に保つ必要がある訳ではありません
時間依存性薬の場合は、MICより高い血中濃度をどのくらいの時間維持したかを表す
Times above MIC(%T>MIC)という指標をメドに用法用量が決まります

「必ずしも24時間有効濃度をを保てなくても、ある程度の時間保てれば大丈夫なんだ」 スマイル
%T>MICの評価は、PAEが働くグラム陽性菌と働かない陰性菌で異なり
グラム陰性菌では%T>MICが30~40%以上で増殖抑制作用70%で最大殺菌作用
を示し、グラム陽性菌では%T>MICが40~50%で最大殺菌作用を示すそうです

「以前は、抗生物質はキッチリ6時間毎に一日四回、夜中でも起きてのむように  かおまる 
言われたが、確かに最近は食事の後、一日三回のめば良くなったよね」

ですが、やはり有効濃度を保つ時間が長びくようになるべく等間隔で服用して下さい

「昔は野良犬も多くて、犬に噛まれたら、真っ先に狂犬病を心配したものだが  えへ4    
今は狂犬病ワクチンのおかげで、その心配は無くなって有難いね」

現在でも国によっては、長期に海外滞在する場合、狂犬病ワクチンを打って赴く様
勧められていますし、コウモリやキツネやアライグマ等も狂犬病を媒体するようです

「パスツールだったっけ、初めて狂犬病ワクチン作ったのって」  えへ5  
その時に少年が助かったと言う事ですから、現在でも、噛まれたらすぐに、狂犬病免疫
グロブリンとワクチンを接種すれば、発病しなくて済むようですよ


「犬を風呂に入れようとして噛みつかれたんだけどさ、うちの犬はいつも水を恐がって  えへ3
まるで狂犬病みたいだよ~勿論毎年ワクチン打ってるから違うけど」











(注1) 海外では、犬咬傷による敗血症予防投与には、アモキシシリン・クラブラン酸
875 / 125の製剤を1日2回(計1750/250)
が推奨されているそうです

日本にはそんな製剤が無いので、アモキシシリン・クラブラン酸(オーグメンチン)
250 /125を1日3回(750/375)と
アモキシシリン(サワシリン)
250を1日3回(750)併用する(計1500/375)
そうです


(注2) 海外では結構コウモリが媒体となっての、狂犬病発症報告例も多いらしく
吸血鬼ドラキュラの本当の毒は、狂犬病ウイルスだったんじゃないかと疑いました

因みに日本のコウモリは、狂犬病ウイルスは保菌していないそうです


(注3) 狂犬病感染後に速やかにワクチンを打てずに発症に至ってしまったものの
ミルウォーキープロトコルにより、生還した例が若干はあるようです

これは、人体の免疫系は時間をかければウイルスを退治出来るのだけど
それよりも病勢の方が早過ぎて死に至ってしまっている事にヒントを得て
薬剤を使って患者さんの脳機能を抑制して、免疫力が追いつく様にする治療法です

まるで 『時間さえあればテスト全問解けるのに』 と嘆いているのび太くんに
ドラえもんが時を止めるマシンを貸して出してあげるような話だと思いました


(注4) パスツールが開発した狂犬病ワクチンによって、1885年人類初めて
狂犬病から生還した少年メイステルは、その後はパスツール研究所の守衛となり
第二次大戦時侵攻してきたドイツ軍から、研究所のパスツールの墓所を守ろうとして
亡くなったと言われています







多肉植物の一種に 『リトープス』 という種類がありまして
石に擬態する事で、捕食動物から逃れているので、『植物の宝石』と呼ばれています

NHKのBS番組 『植物男子ベランダー』 の中の 『多肉愛の劇場』 でもヒロイン? 
を演じているリトープスなのです  (え? 全くご興味ない?)

このリトープスだけには手を出すまいと、思っていたのですが
結局、フラフラと集め始めてしまう事に・・・

でも、ハオルチアやセンベルには手を出していないから、まぁいいか・・・

このリトープス、コールさんという方が分類した 『コール・ナンバー』
なるものが付いています

あたかも、モーツアルトの楽曲にケッヘル番号がついているのと同じ様に・・・


 リトープス5 リトープス4
 
 リトープス1 リトープス2

 リトープス3 リトープス6

 
因みに娘は、『チョコ饅頭』と呼んでいます
娘よ、お前も捕食者なんてことはないよね~~~



薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

by 薬剤師ブログタイムズ

福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  
人気ブログランキングバナー
スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。