スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人相の悪い癌は性格も悪い

~薬局でありそうな風景について架空の会話形式で説明しています~





前立腺癌で闘病中の 幾須 丹治(イクスタンジ)さんは、お兄さんに前立腺癌が
見つかったので心配になって、念の為ご自身も検査をして発見されたそうです

「アンジェリーナ・ジョリーは親族に癌で早死にした人が多いので、乳房だけじゃなく  うへー
今度は等々、卵巣や卵管迄摘出したって言うけどさ~前立腺癌も遺伝だよ」

癌体質が遺伝するのは、癌になるのを食い止めてくれる癌抑制遺伝子に変異が有るから
なのですが、癌抑制遺伝子が正常でも、生活習慣等が悪くて癌になる方もあります

「だが僕達の場合はやはり遺伝だと思うよ、だって、前立腺癌は一般的に進行が遅くて  かおまる
怖くない癌だと言われるのに、僕ら真面目にホルモン療法してても悪化したんだから」

前立腺癌は男性ホルモンのアンドロゲンによって増殖しますので、男性ホルモンを抑える
内科的去勢療法により進行が止まり、初期癌ですと癌細胞が消失する事もある様です

「僕らのはグリーソンスコアが8もあって、超人相が悪い札付きの癌だと言われた」  冷汗2
前立腺癌の重篤度を表すには、病気の進行度を示す病期と、癌の勢いを示すPSA
顕微鏡で見た癌細胞の顔つきを示すグリーソンスコア(GS)の三つの指標が有り
GS6以下の高分化癌はおとなしく、GS8以上の低分化癌はたちの悪い癌と言われます

「兄貴も僕も、リュープリンという注射と、オダインというのみ薬で治療を開始した」  かおまる
リュープリンは、脳の視床下部から分泌される性腺刺激ホルモン放出ホルモン(LH‐RH)
つまり男性ホルモンを出させるホルモン、の受容体を本物のLH‐RHより強力に刺激する事で
逆にLH‐RH受容体の数を減らし、結果として男性ホルモンの分泌を減らす注射剤です

「高価な注射だよ~それに女性の更年期障害みたいに顔がのぼせるのが辛いよね」  ブー1
進行性の前立腺癌治療では、リュープリンは大事な注射だから仕方無いですよ
が、LH‐RHを抑えても精巣由来のホルモンしか抑えられず、男性ホルモン全体の5%を
占めると言われる副腎由来のホルモンは抑えられませんので、オダイン等の、男性ホルモンが
アンドロゲン受容体(AR)に結合しない様にブロックする抗アンドロゲン剤を併用する事が
推奨されており、この療法は、複合アンドロゲン阻害療法(CAB)と呼ばれています

「だけど、その治療が功を奏して調子良かったのも初期の2~3年で、途中から又  冷汗4
病気がぶり返して、PSAがハネ上がってしまったからね~兄貴も僕も」

CABを行って血液中の男性ホルモン濃度を低く抑えられているのにも関わらず、病勢が再び
悪化する場合が有り、これを去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)と呼んでいます

「昔は前立腺癌をこじらせちゃうと打つ手が無かったそうだが、ここ最近新薬が開発されて  かおまる    
助かったよ~兄貴は、去年の秋発売されたザイティガという薬を、早速のみ始めたんだ」

ザイティガは、アンドロゲン生合成に必要な酵素であるCYP17を阻害するお薬です
CRPCであっても、アンドロゲンの働きを抑えれば、癌細胞の増殖は抑えられるのですが
発症初期と比べ、副腎や腫瘍内等の性腺外からのアンドロゲン供給を抑える事が鍵となります

「癌そのものがホルモンを出してやがるのか~人相が悪い癌細胞はやることもえげつないね」  驚き1 
前立腺癌が癌化する前身は分泌細胞層だったという説もありますから、自らアンドロゲンを
分泌して増殖する位の事は
お茶の子さいさいなのかも知れませんが、CYP17を阻害すれば
精巣、副腎、前立腺癌全ての組織内におけるアンドロゲン合成をブロック
出来るのです

「お陰さまで兄も、ザイティガをのむようになったら、又PSAが下がって来たと喜んでいた」  かおまる
但し、CYP17阻害作用により、糖質コルチコイド合成が減ると、フィードバック作用が
働いて鉱質コルチコイドが増え、高血圧や低カリウム血症等の副作用が出ますので、それを
予防する為に、糖質コルチコイドつまりステロイドのプレドニゾロンを併用する必要があります

「ステロイドにも、骨粗鬆症や感染症や糖尿病など、色々副作用があるからね  かおまる
兄も顔がお月様みたく丸くなっているが、それもステロイドの副作用なんだって」

ザイティガもプレドニゾロンも、両方高血圧になり易いですしね

「確かに兄は血圧が上がったので、セララという血圧の薬も出されていたよ」  かおまる
セララは、鉱質コルチコイド受容体阻害剤で、カリウムを保持する作用もあるので
ザイティガ服用時の高血圧対策と低カリウム回避のどちらにも都合の良い降圧薬です

「兄は朝起きてすぐにザイティガをのんで、その後は1時間待たないと朝ご飯を  汗5
食べられないそうだ、そんなに食事の影響を受け易い薬なんだね」

ザイティガは食事の前1時間と後2時間以内にのむと作用が強くなり過ぎるのです

「幸い兄には合っているみたいだから良いけど、ザイティガって死亡例も出たらしいね」  かおまる
厚労省から注意喚起も出されましたが、低カリウムに充分に注意していれば大丈夫ですよ

「僕も3カ月前PSAが40にもなったので、とりあえずオダインをやめたじゃない」  かおまる
CRPCになる原因の一つはARの過剰発現と言われ、その状態で抗アンドロゲン剤を
続けると、抗アンドロゲン剤が逆にAR刺激剤となって癌を悪化させると言われています
その時に抗アンドロゲン剤のみを一時中止すると、一過性に病勢が低下してPSAが降下
する事が有り、この現象をアンチアンドロゲン除去症候群(AWS)と呼んでいます

「リュープリンだけでPSA20迄には下がって来たけど、それでもまだ高くてさ」  かおまる
幾須さんには先月から、お兄さんとは違うCRPC治療薬のイクスタンジが出ていますね

「兄貴の副作用とか見てて大変そうだったから、ザイティガじゃない薬を頼んだんだ」  汗1
イクスタンジはザイティガとは作用が違い、抗アンドロゲン剤の一種ですが、単に
ARをブロックするだけでなく
ARの核内移行やARとDNAの結合も阻害して
何か所にも亘って徹底的にアンドロゲンのシグナル伝達を止めるので、従来の
抗アンドロゲン剤よりも数倍強力な、次世代型の超強力抗アンドロゲン剤なのです

「人相が悪くてたちも悪い癌細胞に立ち向かうには、それ位の強い味方が必要だよ  えへ5
のみ方も1度に4カプセルのむだけで簡単だし、今月はPSAも4まで下がったよ」

良かったですね~高いお金を払っただけの事は有りましたね~

「前立腺癌の治療はお金がかかって仕方無いけど、高額療養費制度があるから助かるよ」  スマイル






参考) 製薬会社HP、前立腺癌の人のブログ、等

注1) 前立腺癌細胞の発生母地は、分泌細胞か基底細胞か、諸説有るそうで
言葉を変えれば、基底細胞からも分泌細胞からも発生し得るとも言え
こうした発生母地の違いが、癌の悪性度と関連しているのかも知れないので
今後の研究が待たれるそうです

注2) ザイティガで低カリウムや高血圧になった場合は、セララを投与すべき
同じ抗アルドステロン薬でも、スピロノラクトンは、アンドロゲン受容体刺激作用が
ある
ので、ザイティガとは併用禁止になっているそうです

注3) ザイティガは朝起きてすぐにのんで、その後1時間は朝食摂らない
もしくは夕食後2時間たってからのむか、等の服薬スケジュールが考えられるそうです

注4) CRPCに対する低用量ステロイド療法は歴史が長く、デキサメタゾン、
プレドニゾン、ヒドロコルチゾンなどが二次ホルモン療法として使われてきたそうです

前立腺がんに対するステロイド治療、と緩和医療としてのステロイド治療
二つの意味合いがあるそうで、転移性前立腺癌やCRPCで
方策が無くなって、最後に頼る薬剤という位置づけでもあるそうです

注5) CRPCとは、CAB継続中に、抗アンドロゲン薬がいつの間にかアンドロゲン
の様に、癌を増殖させる方向に働く様になる現象
だそうです

そんな時に、オダイン、プロスタールなら4週間以上、カソデックスなら8週間以上
抗アンドロゲン薬を中止する事によって、PSAが降下する現象がAWSだそうです

AWS効果もずっと続く訳では無く、この後は、カソデックス→オダイン→プロスタール
の様に、抗アンドロゲン薬を変えてみたり低用量ステロイド療法や化学療法等の
他の方法を試
してみたりするそうですが、そんな中

昨年2014年5月にエンザルタミド(イクスタンジ)
9月にアビラテロン(ザイティガ)とカバジタキセル(ジェブタナ)が発売されて
CRPC治療にも随分選択肢が広がったようです

イクスタンジやザイティガは、理論的には早期の前立腺癌に使っても良いそうです



私事ですが、伯父が前立腺癌で一時はリュープリンを打っていましたが
現在は無治療でPSAも0.01程度と予後が良く、又ラテント癌も多いと言われるので
前立腺癌はたちの良いものだという間違った認識が今迄有りました
が、欧米では男性の癌では罹患率1位、死亡率は肺癌に次いで2位だそうで
日本でもその状況に近くなって来ており、男性は定期的にPSA検査を受けるべきだと実感しました




9キロ離れた伯母の家に行くのに、時節が良いのでお花見がてら自転車で行きました
スマホのグーグルをナビにして行きましたが、一筋向こうの通りの方が桜が咲いてたりして
お花見に最適な道筋などのオプションもあればな、と思いました(←贅沢)

  27年桜1  27年桜4
 
  27年桜2  27年桜3


  多肉植物の寄せ植えと、花芽
  
  4月寄せ植え1  4月寄せ植え2  

  4月寄せ植え3  4月多肉寄せ植え4  

  4月花芽


薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

by 薬剤師ブログタイムズ

福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。