スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コリンを止めるとオシッコも止まる

~薬局でありそうな風景について架空の会話形式で説明しています~






慢性閉塞性肺疾患(COPD)で、医師より在宅酸素を勧められている 
止流奈 湖琳(とめるなこりん)さんの息子さんが、禁煙プログラムを開始されたそうです

「受動喫煙でも害が有るそうだから、息子も気を遣ってくれてるんだ」  かおまる
COPDは『煙草病』と呼ばれる位、原因の多くは喫煙ですからね、それに、息子さんは
親孝行の為に禁煙なさるのでしょうが、息子さん自身の為にもなりますよ

「僕も30年間吸い続けた煙草を止める時は相当苦労したから、息子の辛さが分る」  かおまる 
煙草に含まれるニコチンが、脳内のニコチン受容体という部分に結び付くと、快感物質
のドパミン
を放出しますので、煙草は麻薬にも劣らない依存性を持つと言われています

「僕が新聞記者だった頃は、同僚達も軒並み、くわえ煙草で仕事していたものだが  かおまる
社会情勢的に禁煙優位の時代になり、喫煙の健康被害を伝える側の報道機関として
このままじゃいかんと、全社あげて禁煙に取り組む気風になってしまってね」

煙草は、COPDの様な呼吸器疾患以外にも、肺癌や心臓病の原因にもなりますしね

「これだけ煙草の値段が上がると金欠病の原因にもなるよ~  汗
だが、僕が禁煙する時は、ニコチンの貼り薬を貼った様な記憶が有るんだけど・・・」

以前の禁煙治療はニコチン補充療法が主流で、ニコチンガムやニコチンの貼り薬
を貼って、ニコチン離脱状態を和らげ、禁煙し易くする方法がとられていました

「最近では、チャンピックスというのみ薬による治療法が主流なんだそうだね」  かおまる
ニコチン補充療法では、ニコチン渇望感を残したまま禁煙するのですが、チャンピックス
療法だと、ニコチン嫌悪感が形成されて禁煙するので、再喫煙率が低いのです

「恋愛に例えると、ニコチン補充慮法は、まだ相手の事を好きなのに仲を引き裂かれ、未練を  かおまる
残して別れる悲恋だが、チャンピックス療法だと、相手を大嫌いになって別れる、と聞いた」

チャンピックスの成分バレニクリン酒石酸塩は、脳内のニコチン受容体と結合しますが
ニコチンと違うのは、受容体刺激作用と拮抗作用の2つの作用を併せ持っている点です
刺激作用はニコチンより弱いのですが、ドパミンを少量放出させて、煙草飢餓感を軽減します

「チャンピックスをのみ始めて一週間は、煙草を吸っても良いそうだね」  かおまる
チャンピックスはニコチンに先回りして受容体にくっつきますので、ニコチンによるドパミン
放出が妨げられ、チャンピックスをのんでいて煙草を吸っても期待通りの満足感が得られず
むしろ頭痛等のニコチンによる不快症状のみが強調されるので、煙草を嫌いになるのです

「僕ももっと若い頃に禁煙していたら、今頃在宅酸素なんか勧められる事も無かったのに」  冷汗2
COPDは慢性気管支炎や肺気腫等の慢性的肺疾患の総称で、気道が炎症を起こして咳や痰が増え
少し動くだけでも息切れする労作性呼吸困難となり、気道閉塞が進行すると在宅酸素になります
ところで、先日止流奈さんのかかられている泌尿器科医より、COPD治療薬を見直して欲しい
とのご要望のお電話が有った
のですが、その件を聞いていらっしゃいますか?

「今使っているウルティブロという吸入薬は、呼吸が楽になるので助かっているんだけどね」  ブー1
気管支はコリン作動性ムスカリン受容体の働きで収縮し、アドレナリンβ2受容体の働きで拡張
しますが、ウルティブロには、抗コリン薬のグリコピロニウムと、β2刺激薬のインダカテロール
2種類の気管支拡張薬が配合されており、相加作用により優れた呼吸機能改善効果を発揮します

「僕みたいに症状が重くなければ、1種類の気管支拡張薬でも効くみたいなんだけどね」  うへー
ウルティブロに含まれる2成分は両方共長時間作用型で、かつ速効性も兼ね備え抗コリン薬は
太い気管支に、β2刺激薬は細い気管支に作用
しますので、両者の併用は理想的と言えます
ですが、今日の呼吸器科の処方箋では、アドエア250という吸入薬に変わっていますね

「今回変わったのは、元はと言えば、喘息の薬として発売されたものだそうだね」  汗5
確かにアドエアは当初喘息治療薬として発売されましたが、今はCOPDにも処方されます   

「でも悪名高いステロイドが入っていて、吸入後にうがいをしなくちゃいけないそうだね」  かおまる
副作用が強くて敬遠されがちなステロイドですが、気道炎症改善効果には優れていますし
吸入薬ですので、内服薬の様な全身に及ぶ副作用の心配は有りません 
かすれ声等の局所での副作用の恐れは有るものの、吸入後のうがいで防ぐ事が出来ます

「泌尿器科医に言わせると、僕の夜間の頻尿の原因が、ウルティブロだというんだ」  かおまる
確かに一般論としては、抗コリン薬は前立腺肥大を悪化させ、尿閉も起こし易いのですが
ウルティブロは吸入薬なので、それ程全身への悪影響は無いと思っていましたがね~

「ところが、呼吸器科医も調べてくれたら、やっぱり、そういう現象があるらしいんだ」  かおまる
今回変わったアドエアは、長時間作用型β2刺激薬のサルメテロールステロイド薬の
フルチカゾン
の合剤で、ウルティブロと違う点は、抗コリン薬を含みません

「特に、僕みたいに前立腺肥大症があると危ないそうなんだよ」  かおまる
そう言われてみれば止流奈さんには以前から、前立腺肥大のお薬も出ていましたよね
それで今回、吸入COPD薬が、抗コリン作用の無いアドエアに変わったんですね

「僕みたいに症状が重くなければ、β2刺激薬の単剤でも効くみたいなんだけどね」  かおまる
COPDでも軽症の場合は、漫然と吸入ステロイドを使用しない方が良いと言われていますが
在宅酸素を勧められている程の場合は、合剤の方が良いと言う医師の判断でしょうね

「僕の二の舞だけは避けさせたいから、息子にはこの機会にシッカリ禁煙して貰おう」  かおまる 





(参考)
カナダのオンタリオ州で、66歳以上の565073人のCOPDの人を対照に
2003年から6年間行われた、COPDにおける吸入抗コリン薬による急性尿閉の
リスクについて評価したスタディ
の結果 :
男性において、吸入抗コリン薬使用者は非使用者に比べて急性尿閉のリスクが高かった 
前立腺肥大のある男性においてこのリスクはさらに上昇した

(注)
今回は実際に有った話がベースになっています

長時間作用性β2刺激薬(LABA)は喘息薬、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)
はCOPD薬というイメージでしたが、最近のCOPDガイドラインでは
中等以上のCOPD治療薬として、LABAとLAMAが同等の扱いになったんですね

又、LABAと吸入ステロイド(ICS)の合剤の喘息治療薬であるシムビコートや
アドエア(250ディスカスと125エアゾールのみ)がCOPDにも
使えるようになり
それに伴ってか、ICSも適応外でCOPDに使われるようになった様で
逆に、スピリーバなんかが喘息にも使えるようになったりして
COPDと喘息の吸入薬の適応範囲が錯綜していて、整理がつきません (私だけか)




そう言えば自律神経は、神経節ではニコチン受容体だったっんだ、と思い出しました


副交感神経  
○→→→→→ACh(結合)ニコチン受容体→→→→→ACh(結合)ムスカリン受容体

交感神経
○→→→ACh(結合)ニコチン受容体→→→→→→→NAd(結合)β受容体(α受容体)
交感神経(副腎髄質)
○→→→ACh(結合)副腎髄質 ⇒(血液中に放出)Ad(結合)β受容体(α受容体)


アセチルコリンは、ニコチン様作用<ムスカリン様作用なので、ACh投与によって
ムスカリン作用が優位に現れ、血圧は下降するが
アトロピン投与によりムスカリン受容体を遮断すると、ニコチン作用によって血圧は上昇






  シンガポール3
  シンガポール2  シンガポール1
  シンガポール5  シンガポール4
  シンガポール6  シンガポール9
  シンガポール7  シンガポール8



先日、3年ぶりにシンガポールに行ってきました

閉所恐怖症気味があり、飛行機が飛ぶ航空力学も理解不能な、チキンな私は
主治医にお願いして、精神安定剤のエチゾラム0.5を往復分処方して貰いました
ところが、マヌケな私は肝腎の薬を受託手荷物に入れてしまい、仕方無く
映画2本観た後、テトリスをやって、7.5時間の飛行時間を乗り切りました

テトリスでは無駄に熱くなり、飛行機揺れても全く意に介さずに済みました

つまり、テトリスの不甲斐ない点数に躍起となって再挑戦を挑み続ける事は
おそらくは、アドレナリンによる興奮状態をもたらすので
エチゾラム0.5に依る抗不安作用、と同等の効果が望める事が証明されました (私だけか)

そう言えば、15年以上前の事になりますが
年一度程度のペースでニコチン補助剤を処方して貰う患者さんが有りました

マーク・トウェインが『禁煙は簡単だ、僕はもう何千回も禁煙した事がある』
と言ったそうですが、その手の話なのかと思っていましたら、聞いてビックリ

何とその方は、海外にいる娘さんの所に行くのに、飛行機内で煙草が吸えないので
その間ニコチン補充剤を貼って耐え忍ぶ
んだそうです

そういう使い方も有るのか~と妙に感心?したものでした

シンガポールのプラナカン美術館の展示を読んで、チョット驚いたのは
過去の富裕層の人々が、『嗜みとして』麻薬を吸っていた、と書いてあった事で
前近代のシンガポールでは、麻薬はお金持ちのみに許された贅沢だったそうです



薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

by 薬剤師ブログタイムズ


福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー
スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。