栄光のスロー・スターターズ

~薬局でありそうな風景について架空の会話形式で説明しています~





慢性心不全の 長区 菊蔵(ながくきくぞう)さんは、レニン・アンジオテンシン(RA)
系抑制薬
のミカルディス、交感神経β遮断薬のメインテート、降圧作用に優れたカルシウム
(Ca)拮抗薬
のアムロジン、とループ利尿薬のラシックスをのんでいらっしゃいます

「心臓が弱って、血の巡りが悪くなっている僕が、こんなに沢山薬のんで大丈夫かい?」  ブー1
心不全になると心拍出量が減少し血圧も低下しますので、それを補おうとして代償反応が起き
交感神経系やRA系が活性化し、心拍数や血圧を無理矢理上昇させて、心臓を鞭打って更に
疲弊させてしまいますので、RA系抑制薬やβ遮断薬や降圧薬は有効ですし、むしろ必要です

「体内に水が溜まると息苦しくてしんどいので、むくみをとる利尿剤はやめたくないし」  かおまる 
利尿剤の中でも作用が強力なループ利尿剤は、心不全による臓器うっ血を速やかに軽減するので
心臓の負担が減り、呼吸困難や浮腫などが改善され、心不全治療には欠かせない薬剤です

「さらに、今迄の薬に加えて半年前から、食間にのむ腎臓の薬も増えたしね」  汗
心不全だと、抗利尿ホルモンであるバソプレシンの分泌が亢進して腎機能も低下し易いのです
腎臓機能を表す数値の血清クレアチニン値慢性腎不全(CKD)を示す1.5mg/dL迄
上がったので、腎機能悪化を食い止めるクレメジン細粒というお薬ものむ事になりましたね

「案じてた程のみ難くは無いけど、他の薬と間隔をあけてのまなくちゃダメなのがねぇ」  かおまる
クレメジンは、腸で有害物質を吸着して便とともに排泄させるお薬で、これにより体内への
有害物質の吸収が抑えられ、尿毒症が改善されますが、他のお薬迄も吸着されて効力が落ちる
恐れがある
ので、他剤服用後30分から1時間たってから服用して頂く必要があります

「クレメジンのせいで、他の薬が効かなくなって心不全が悪くなったら元も子もないものな」  汗5
実際には、アムロジンはクレメジンと同時服用しても大丈夫というデータがあります
お薬が体内に吸収されて、血液中濃度が最高値になる迄にかかる時間をTmaxと言いますが
Tmaxが1~2時間と短く、血中濃度の立ち上がりが早いラシックスの場合は
クレメジンと同時にのむと吸収阻害されて効き目が落ちますが、アムロジンは
Tmaxが7~8時間で吸収されるのが遅いので、同時服用しても殆ど影響無いそうです

「確かに、ラシックスはのむとすぐ効いて、一時間もするとトイレに行きたくなるものな」   かおまる 
アムロジンは効き始めるのに時間が掛かる上に、血中半減期もCa拮抗薬の中で一番長く
長時間安定して穏やかに効いているお薬ですので、クレメジンの影響は受け難い様です

「アムロジンやミカルディスは急に血圧下げ無いので、体に優しい良い薬だと聞いたよ」  スマイル
以前は、すぐに血圧を下げる短時間作用型Ca拮抗薬が持て囃されましたが、1995年に
急激に血圧を下げると、反動的に交感神経系を亢進させ、心拍数や心臓の仕事量を増やして
心臓の虚血を招き、逆に心筋梗塞を増やすという研究が発表されて、世間を驚かせました
現在は短時間型Ca拮抗薬は廃れ、Tmaxや血中半減期の長い長時間型が主流になっています

「アムロジンは大丈夫なんだね~でもそんな事知らないし他にも薬のんでるから、ともかく  かおまる
食後2時間にのむ様心掛けてたけど、気付くと食後3時間位たっている時もあって焦ったよ」

食後に他剤を服用しその後2時間して、クレメジンを服用するのが理想ですが、便秘以外の
副作用は殆ど無いお薬ですので、のみ忘れに気付いた時点が食後4時間でも服用して構いません

「食事はどうなの? クレメジンを食事と一緒にのむと、栄養成分を吸着したりしない?」  かおまる
理論的には、クレメジンによりビタミン等の栄養成分も吸着される事が予想されるのですが
実際にクレメジンによる栄養失調の報告は無く、おそらく大丈夫であろうとされています

「それにしても、忘れずのんでる割に、クレアチニン値は大して下がらないね」  うへー
CKDの特効薬はまだないのが現状で、クレメジンも透析導入を遅らせるだけですので
数値が現状維持出来ているのでしたらむしろ、効果は十分上がっていると言えます

「腎症が進むと、ミカルディスを打ち止めにした方が良い場合もあるんだってね?」  かおまる
腎臓の輸入細動脈は開くが輸出細動脈は開かないCa拮抗薬が、腎内圧を高めるのに対し
輸入輸出両方の細動脈を開くRA系抑制薬の方が、腎保護には優れているとされていますが
裏を返せばRA系抑制薬は腎虚血になる訳で、ミカルディスも血清クレアチニン値が
3mg/dL以上の場合には慎重に投与
するように定められたお薬ではあります

「腎臓内部の圧を下げれば負荷は減るが、血流が減ると濾過機能は落ちてしまうんだね」  かおまる
腎臓に良いはずのRA系抑制薬でも、CKD末期になってから新たに服用開始すると
糸球体内圧低下により濾過量が減り、腎機能を悪化させ透析導入を早めると言われています
しかし一説には、腎機能が低下すればする程、RA系抑制薬による腎保護効果が強くなる
とも言われ、以前よりRA系抑制薬を服用していたのであれば、血清クレアチニン値が
3mg/dL迄上昇したからと言って、中止する必要は無いというのが腎臓専門医の見解です

「先生も、長い目で見ればミカルディスはのんでいた方がお得だと思うと言ってたんだが  かおまる  
今回は思いがけず、ラシックスをやめる事になって、ショックを受けてるんだ」

ラシックスと同じループ利尿剤に属するダイアートというお薬に変わっていますね

「心不全のひどい時にラシックスをのみ始めたら、みるみる息切れや疲労感が改善された  かおまる
経験があるから、効き目が実感出来る薬だっただけに、変えるのが不安でね~」

利尿作用が強く効き目の早いラシックスは、心不全の急性期には欠かせない薬剤ですが
漫然とのむには不向きで、過去のデータを分析したレトロスペクティブな研究からは
ラシックスを長期服用していると、逆に心不全の予後を悪化させる事が明らかになりました
短時間型だと反射的にRA系や交感神経系を活性化させてしまう事が原因なのだそうです

「先生も、利尿剤だってゆっくり穏やかに効く方が体に優しいんだよ、と言ってた」  スマイル2
今回変わったダイアートは長時間作用型ループ利尿剤ですので、心臓の交感神経を活性化
させず、心不全の予後改善効果が良く、長くお付き合いするには好ましいお薬だそうです

「ダイアートでもラシックスと効き目は同じで、しかも心臓に良いって事なんだね」  えへ5
一方、CKD進行抑制の為にも、腎静脈のうっ血を取り除く利尿剤は欠かせませんが
こちらも、立ち上がりのゆっくりな長時間作用型の方が、RA系活性化を起こさず
腎臓への負担も少ないので、結局ダイアートは、心臓にも腎臓にも優しい利尿剤なのです

「腎臓が悪くても体がむくむから、いずれにせよ利尿剤は手離せない薬だよなぁ」  えへ3
結論的には、Ca拮抗薬やRA系抑制薬ばかりではなく利尿剤でも、ゆっくりと穏やかに
効く長時間作用型の方が、長生きさせる効果が強い、という事ですね





(参考)
『日本腎臓病薬物療法学会Q&A:
現場の薬剤師の質問に対して平田がお答えします』


J-MELODIC(利尿薬のクラス効果に基づいた慢性心不全に対する
効果的薬物療法の確立に関する多施設共同研究)

③過去エントリーの『瞬発力より持久力』 『短距離に向かなくて転向した長距離ランナー』
も同じような内容です


(注意)
CKDを末期腎不全に進行させない為には、男性では血清クレアチニン値が1.5mg/dL
女性では1.2mg/dL位の初期段階のCKDからクレメジンの服用が勧められているそうです

心不全と腎不全はお互いに憎悪因子なので、両方を併発する可能性は結構高いそうです

クレメジンとカリウム吸着剤については、互いに吸着して効果が減弱する可能性は
低いとされ、必ずしも間隔をあける必要がないと言われています

水利尿作用のみを持ち、電解質バランスには影響しない、新たな作用機序の利尿薬
バソプレシン受容体拮抗薬のサムスカも発売されましたが高価ですね
30mg1錠で3952.1円



(感想)
循環器専門医からの処方箋では、利尿剤はダイアートが多いので
そう言えば三和さんがダイアートは良い薬だと言ってたのを思い出しました

トラセミドもアゾセミドと同じく長時間作用型ループ利尿剤であり
さらには抗アルドステロン作用も併せ持つので、トラセミドの方が有用という説もありました
但し、抗アルドステロン作用は高カリウムになるので、元々高カリウムで
カリウム吸着剤など服用している人には、アゾセミドの方が良いのかなと思いました

ラシックス(フロセミド) Tmax:1~2時間  血中半減期:0.35時間
ダイアート(アゾセミド) Tmax:2.8~3.8時間  血中半減期:2.4~2.8時間
ルプラック(トラセミド) Tmax:0.4~1.1時間  血中半減期:1.2~3.0時間



(思い出)
十数年前友人に誘われて何気なく行った講演会で
『Ca拮抗薬で虚血性心疾患が増加』と聞いて、我が耳を疑った日の事を
よく覚えていますが、今にして思えばあれが、1995年のFurbergらによる
『Ca拮抗薬論争』
の事を初めて聞いた日だったんだと思います






父は盆栽好き、弟は山野草好きですので、私の多肉好きは、たぶんDNAの仕業です

まぁ、オタク文化が内需拡大に大いに寄与していると考えれば、結構な事なのでは無いでしょうか?

多肉を買いに行く時電車に乗り、植物の苗以外にも、鉢や殺虫剤や肥料を買う事を考えると
確かに、私は趣味によって、日本の経済を支えている、と胸を張って言えるぞ!
(が、我が家の経済は圧迫している?)

多肉の紅葉を楽しみに待ち望んだり、寄せ植えしたり、ロゼットの美しさに見とれたり
子吹きして増えるのを喜んだり、と色々楽しいです

 多肉紅葉2  多肉紅葉1
 多肉寄せ植え1  多肉寄せ植え9
 ロゼット多肉1  ロゼット多肉2
 子吹き多肉1  子吹き多肉2




薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

by 薬剤師ブログタイムズ


福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード