スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨はカルシウムを出し入れする所

~薬局でありそうな風景について架空の会話形式で説明しています~





軽 誌有無(かるしうむ)さんは骨折して以来骨粗鬆症の薬をのんでいらっしゃいます

「孫が鉄棒から落ちて手首を骨折したので、骨折が三代にもわたって受け継がれてしまったわ」  冷汗2
軽さんのご一家は、皆さん小柄で華奮で、骨が脆い体質だとおっしゃっておられましたね

「20年前に初めて腕を骨折してからこのかた、骨粗鬆症の治療をしているけど、その間薬が  かおまる
何度か変わったわ、最初は、ビタミンDのアルファロールカプセルをのんでいたのよ」

当時は、骨粗鬆症治療として、アルファロールカプセルの様な活性型ビタミンD3製剤
と呼ばれるお薬や、他にはカルシウム剤ビタミンKなどしか有りませんでしたね
骨は、骨芽細胞による骨組織形成(骨形成)と、破骨細胞による骨組織破壊(骨吸収)により
常に一定量が維持されていますが、活性型ビタミンD3は、血液中のカルシウム濃度を増やし
そのカルシウムが効率よく骨になる様に働いて、骨を丈夫にしてくれます

「日光が足りないとくる病になると言うから、日光浴も大事じゃない?」  かおまる
骨形成に日光浴が良いとされるのは、体内の皮膚で自前のビタミンD3を作る際に
紫外線を必要とする
からなのですが、活性型ビタミンD3製剤にはその必要はありません

「活性型ビタミンD3製剤とは、すぐに効く形になっているビタミンDという事なのね」  かおまる
アルファロールは1α‐OH‐D3製剤と呼ばれ、1αの位置にOH基(水酸基)が一つ
ついたビタミンD3なのですが、吸収されると肝臓で代謝を受けて25の位置にもう一つ
OH基がついて
1α、25‐(OH)2‐ビタミンンD3となって初めて働きます

「アルファロールをのんで効くには、肝臓が丈夫じゃないとダメなのか~」  かおまる
活性型ビタミンD3製剤に頼らず、自前で活性型ビタミンD3を作るには、皮膚で生成されたり
食物から吸収されたビタミンD3がまず、肝臓で水酸基が付いて25‐水酸化‐D3となり
次に腎臓で1α位が水酸化されますので、肝臓と腎臓両方正常でないと活性化出来ないのです

「アルファロールは、腎臓で代謝する部分だけを事前に済ませた半活性ビタミンDって訳ね」  スマイル 
腎代謝に依る活性化の必要が無いアルファロールは、腎不全の人にも効くビタミンD3製剤なのです

「でも、まん丸なカプセルで、のもうとしてシートから出した拍子にどこかに飛んでっちゃうし  かおまる
しかも小さくて茶色いので、絨毯の模様と区別付き難くて、探しても見つからない事もあって
掃除機かけている時に吸い込んだりするという、勿体ない事件を多発してたのよね」

丁度その頃、ワンアルファ錠というアルファロールと同じ作用の錠剤が開発され、そちらの方が
色も白く、平たい錠剤で転がり難いので、医師に訳を話して変えて頂いたんでしたっけね

「私胃も弱くて、アルファロールカプセルで胃痛を起こしていたので本当にあの時は助かったわ」  かおまる
帝人という会社が、10年かけて脂溶性のビタミンDを、油に溶かさずとも効き目が発揮出来る
錠剤の形として開発した
のがワンアルファ錠で、油のカプセルより胃に優しいのです

「その後ワンアルファ錠とカルシウム剤の併用になり、10年位はのんでいたかしらね」  かおまる
ビスホスホネート系と呼ばれる画期的な骨粗鬆症薬が発売された時に、一時期切り替えましたよね

「ビスホスホネート系って、朝起きて一番にコップ一杯の水でのんで、その後30分間水以外は  うへー
口にしちゃダメで、上半身を起こしておかないといけないという、あの面倒臭いやつでしょ?」

空腹時にのむので胃に障ってしまい、短期間しかのんでいらっしゃらなかったですが
ビスホスホネート系のお薬は、破骨細胞に作用して骨吸収を抑えて骨の収支をプラスにする
良いお薬なんですけどね~最近では週一回や月一回服用で済む製剤も出ていますし

「だって、ビスホスホネート系のお薬をのんでいると歯の骨が死んじゃうって聞いたわよ」  ブー1
副作用の顎骨壊死は有名になってしまっていますが、全員に起きる現象では無いんですよ

「でもその後で女性ホルモンのお薬が出たので、そっちに切り替えて貰ったのよね」  えへ4
選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)と呼ばれるエビスタになりましたね
エビスタは骨ではエストロゲン受容体に結合して作用を強め、逆に乳房や子宮では弱めるという
部位ごとで正反対の働きを持ち、人間にとって非常に都合良く立ち回ってくれるお薬です

「乳癌も防ぐと言われて、気に入ってのんでいたのに、先日又骨折しちゃって、治療法が   冷汗4
甘かったという結論で、今回から骨を丈夫にする注射を半年に一回打って頂く事になったのよ」

お薬手帳に『プラリア注射で骨粗鬆症治療中』のシールが貼って有りますね

「今度の注射も歯に良くないみたい、万一異常を感じたら歯医者で手帳を見せろって言われたわ」  汗5
プラリアはビスホスホネート系と同じく、破骨細胞を抑えて骨の収支をプラスにしますので
副作用として顎骨壊死を起こす可能性がありますが、発現率は0.1%だったそうです

「全く、骨を丈夫にすると何で歯の骨に良くない事が起き易いのかしら?」  かおまる
破骨細胞を抑えると顎骨壊死を起こし易くなる原因は究明されていませんが、癌だったり
その為の化学療法
を受けていたり、ステロイド治療をしている等の人がなり易いようですよ

「そういうのは該当しないから良いけど、別の副作用防止の薬をのむらしいわね」  かおまる
今回の処方箋では、エビスタに変わり、デノタスチュアブル1日2錠服用となっていますが
これはビタミンDとカルシウムとマグネシウムの配合剤で、プラリアによってカルシウムが
骨に吸収されて血液中からは減ってしまう低カルシウム血症の副作用を防止する為のお薬です

「ビタミンDとカルシウムなんて、昔のんでいた骨粗鬆症の薬と同じ組み合わせじゃない」  かおまる
デノタスチュアブルのビタミンDは天然型で、肝臓と腎臓と両方で活性化される必要があります
腎臓代謝に依るビタミンDの活性化には、活性型が増え過ぎないように維持するフィードバック
機構がある
ので、天然型ですとビタミンD過剰症は起きませんが、活性型ですとこの歯止めが
働かないので、プラリアの副作用対策に使うと、高カルシウム血症になる心配があるのです

「天然型の方が適切に効くから安心なんだ、それにしても、骨粗鬆症治療の注射のせいで起こる  かおまる
副作用を防止する為に、骨粗鬆症治療薬もどきの薬をのむって、作用が重なる様な気がするわ」

ビタミンDは活性化された後、小腸でのカルシウムの吸収促進、腎臓でのカルシウム再吸収促進
さらには、破骨細胞を活性化して骨からカルシウムを引き出し血中カルシウム濃度を上昇させます

「骨を丈夫にするはずのビタミンDが、骨からカルシウムを奪ったりもするなんて!」  驚き1 
カルシウムは骨や歯の中に99%存在し、残りの1%が様々な生命維持活動に関与しています
骨のカルシウムが多少減ったとしても即時に命にかかわる事はありませんが、血液中カルシウム
濃度が減ると、低カルシウム血症により命を落とす危険性もありますので、ビタミンDは
血液中のカルシウム濃度を増やす為に、時には骨からカルシウムを引き出したりもするのです
ですが、古い骨を壊せば新しい骨になるので、骨の新陳代謝を高め結果的には骨を丈夫にするのです

「お金を盗られたと思ったら、実は銀行で新札に替えて来てくれたんだ、みたいな話ね~」  かおまる 
骨は体の構造を維持するのみでは無くカルシウムの貯蔵庫としても重要な役割を担っているのです
尚、デノタスチュアブルは湿度や光により効力が落ちるので、プラスチック瓶に入れたまま保管し
服用する際は、噛み砕くか口の中で溶かして下さいね






(感想)
デノタスチュアブルにSP包装も出たんですね

実際に、アルファロールカプセルだと転がってってしまうという理由で
薬局で医師にお願いしてワンアルファ錠に変えて頂いた患者さんがあります

活性型ビタミンD3製剤のジェネリックは、カプセルが多い訳が分りました
カルフィーナ錠製剤特許の部分もクリアしなくちゃいけなかったんですね~

患者さんで、ビスホは歯科治療の何週間前から休薬すれば良いのか、尋ねる方がおられまして
血液凝固阻止剤の休薬と、ビスホの顎骨壊死の副作用の話がごっちゃになってる感があります

骨粗鬆症には日光浴が大事という事は、イスラム教徒の女性は不利ですね

また運動は骨を丈夫にする以外にも、筋肉強化によって転倒しそうになった時に
踏ん張れるので、事なきを得る効果もあり

驚いたのは、(左右なるべく等分に)ある程度重い荷物を持って歩くのも良いそうで
お年寄りの荷物は持ってあげない方が、むしろ親切なのかもしれません??

『人生は重い荷物を持って行くが如し』とお嘆きのあなた(←誰?)
その人生は骨粗鬆症予防にはなっているのかもしれませんよ???


薬価収載年表
1981年アルファロール(多分ワンアルファカプセルもこの頃?)
1988年のワンアルファ錠の新規薬価収載に伴い
ワンアルファカプセルは1990年3月31日薬価基準から削除
2001年フォサマック5
2004年エビスタ60
2006年フォサマック35/ボナロン35
2009年ボノテオ1/リカルボン1
2011年3月エディロールカプセル
2011年9月ボノテオ50/リカルボン50

1981年より以前には、骨粗鬆症治療はどうしていたのかなぁ




多肉植物好きの人をタニラーと言うそうです

タニラー診断基準ガイドライン2014

●『この子可愛い』『この子今日元気ない』等、多肉植物を『子』と呼ぶ
●検索サイトで『た』と入力すると『多肉植物』と変換候補が出る
●園芸店や生産業者のブログやフェイスブックやツイートで多肉入荷情報をチェックしている
●189円で買った多肉植物なのに、枯らした時のダメージが異常に大きい
●多肉植物を育てているお宅を見つけると、遠回りしてもその道を通る

上記の中で3項目以上当てはまったら、多肉中毒が強く疑われ

写真1  写真2
写真3  写真33
写真4  写真6

何気なく100円ショップで見つけて買った白い四角いプランターに植えましたが
何と! このプランターはタニラー御用達と言われているものだそうです
もう少しづつ紅葉が始まっているのもあり、又、葉差しも大分育ってきました






薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

by 薬剤師ブログタイムズ

福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。