バイオハザードな爪のかけら

~薬局でありそうな風景について架空の会話形式で説明しています~




糖尿病の 詰箔 宣(つめはくせん)さんは、皮膚科と泌尿器科にも行かれています

「たまに、ED(勃起障害)治療薬のシアリスという薬ものんでいるから宜しくね!」  かおまる
糖尿病ですと、そうでない人よりもEDになる頻度が2~3倍高くなると言われていますが
そういうデリケートな話は、敢えて薬局でカミングアウトなさらなくとも結構なんですよ

「でも、先月爪水虫の薬が出た時、のんでる薬を包み隠さず洗いざらい喋ってくれなきゃ困ると  ブー1
言ったじゃないか! そしたら案の定、シアリスと一緒にのんだらヤバイ薬だったじゃない」

失礼しました、そう言えば、確かにそんな事がありましたね~
皮膚科から、抗白癬薬のイトリゾールカプセルを朝晩4カプセルずつ1週間服用し、次の3週間は
休む、というのを3ヶ月繰り返すパルス療法の処方箋が出た時に、併用してはいけない併用禁忌
のお薬が多い薬剤
なので、大事をとって、服用している薬を全て列挙して頂いたんでしたね

「そのせいで、せっかく泌尿器科医が温情でお薬手帳にも記載しないで、シアリスを院内処方で  泣き1 
出してくれていたのに、バレちゃったんだよね」

あの時は、皮膚科から事前にお電話があって、糖尿病で色々なお薬をのんでいらっしゃる方なので
併用禁忌薬が含まれていないか徹底的に調べるよう言われたので、仕方無いですよ

「糖尿病だと、イトリゾールと相性の悪い薬をのんでる可能性があると皮膚科医も言ってた」  かおまる
イトリゾールと併用禁忌のお薬の中には、降圧剤のカルブロックやセララ、抗凝固剤のプラザキサ
高脂血症薬のリポバス等、糖尿病の方がのんでいそうなお薬が沢山ありますからね

「蓋を開けてみたら、糖尿病でのんでいる薬は大丈夫だったのに、シアリスで引っかかっちゃって  冷汗4
しかも、EDの薬は他にも2種類あるのに、全部イトリゾールと相性悪いのばっかりでさ」

やむを得ず、爪白癬の薬の方をED治療薬と併用出来るラミシールという別のお薬に変えたん
でしたね、元々ラミシールの方が、イトリゾールのパルス療法よりも、爪白癬の治療成績や
再発防止の点で
若干勝っているとされ、ラミシールを第一選択薬とする皮膚科は多いですよ

「でも僕は、毎日のむのは面倒臭いから、短期集中型の方にしたかったんだよ、それに  かおまる
もうひとつの方は、肝臓に障るので、毎月肝臓の検査をしなくちゃいけないと聞いたので」

お酒大好きで時々肝機能で引っかかる詰箔さんとしては、避けたいお薬だったんですね~

「その話は後で又聞くけど、そんな事より、シアリスと成分が全く同じなのに、前立腺肥大症  驚き1
に効く薬が出たって言うじゃないか、それだと、泌尿器科医が『この患者は前立腺肥大症です』
ってカルテに書いてくれれば、保険が使えるって聞いたんだけど、本当なの?」

シアリスのタダラフィルと同成分で、『前立腺肥大症による排尿障害』を適応としたザルティア
という新薬が今年1月に承認されましたが、確かに適応症を偽れば保険で出して貰えるものの
そういう裏ワザを考える人が出てくる事はお役所も予測済みなので、厳しいチェックが入ります

「排尿障害は気の毒な病気だけど、EDは保険で面倒見る程のものじゃないって事なのかね」  かおまる 
少子化問題からすると、EDでも不妊治療の為なら保険適応しても良いと思えるんですけどね

「シアリスは他にも、心臓から肺に行く血管の圧が高くなる奇病の薬にもなってるでしょ  かおまる
同じ成分が、EDにも、前立腺肥大症にも、高血圧にも効くって不思議だよね」

体内では、一酸化窒素(NO)の働きによって、サイクリックGMP(cGMP)という
物質が増え、それにより平滑筋が弛緩するというシステムになっていますが、このcGMPを
GMPに分解するのが、ホスホジエステラーゼ(PDE)5という酵素で、タダラフィル等の
ED治療薬は、PDE5を阻害してcGMPを増やし、平滑筋を弛緩させる作用があるのです

「筋肉を弛緩させる事で前立腺が緩み、排尿障害が治る、のは何となく理解出来るけど  かおまる
EDの場合はそもそも、緊張状態を保て無くなる症状でしょ?」

陰茎は海綿体で出来ており、通常はスポンジ状態で、海綿体に繋がる血管は筋肉の収縮
によって閉じられて
いますが、性的興奮を受けた時に海綿体の筋肉が緩み、動脈から血液が
流れ込んで
海綿体が血液で満たされて硬くなるというのが勃起のメカニズムですので
PDE5阻害剤で海綿体の筋肉を弛緩させる事がむしろ、EDの改善になるのです
EDの二大原因は、cGMP産生量の低下とPDE5の分泌量増加なのだそうです

「シアリスと同成分の前立腺肥大症の薬は5mgなので、シアリス20mgに相当する  かおまる
量を賄うには、4錠のまないといけないみたいだね、その場合は勿論、保険は効くけどね」

ザルティア5mg4錠ですと薬価で922.4円、保険で3割になりますが、前立腺肥大症
を装って出して貰っても、診察料や検査料等もかかるのでそんなにお得にはならないかも
知れませんよ、それに心筋梗塞で死亡例報告もあるお薬で、適応を守らずに服用した場合は
たとえ、重篤な副作用を生じても医薬品副作用救済制度の対象にならないと言いますしね

「見果てぬ夢だよな、肺の高血圧の薬が出た時も、いっそその病気を装ってみたらどうかな   かおまる
と考えて試算してみたが、一日で3500円位の薬代になるので驚いて、諦めたんだよ」

肺動脈性肺高血圧症(PAH)のお薬で成分がタダラフィルの物はアドルシカと言います
PAHは原因不明に肺動脈が狭くなって肺動脈血圧が上昇する病気で、心臓に異常な負担が
かかって右心不全になり、呼吸も苦しくなり、確定診断されてからの平均余命が3年という
深刻な病気
で、難病指定を受けていますので医療費こそかかりませんが、診断基準が厳密に
決まっていますので詐病でPAHを装うのは不可能ですよ、患者さんの7割以上が女性ですしね

「女の人がシアリスのんでも効果ないな、保険でシアリスのめるなんて羨ましかったけど」  かおまる
最近は治療法も進歩して5年生存率54%と上昇していますが、決して羨ましくない病気です
PAHは、肺血管を拡げて血流を良くする肺血管拡張治療によって、完治はしないものの
息苦しさ等がある程度改善されますので、血管拡張作用のあるエンドセリン受容体拮抗薬
プロスタサイクリンと共に、血管平滑筋の収縮を緩めるPDE5阻害剤も有効とされています

「そんな大層な病気とは知らなかったな~まぁ、シアリスは正当な手段で入手するよ、それでね  えへ3
さっき言ってた爪水虫の件だけど、やっぱり肝機能が悪くなって、のみ薬は中止になった」

今回の処方箋では内服薬は無しで、ルリコン液とウレパールクリームのみになっていますね

「爪水虫を塗り薬で治すのは至難の業だそうだが、逆に、のみ薬のんだからと言って100%  かおまる
治る訳では無いと慰められたよ、それに、せめて家族にうつすのだけでも阻止しないとね」

外用薬を塗布していればとりあえず、感染源にはならないと言いますからね
内服薬による爪白癬治癒率は70~80%と言われ、残りの難治性症例ではヤスリやニッパーで
爪を削り、爪を軟らかくするウレパール等の尿素軟膏ルリコン液等の抗真菌外用薬を重ね塗り
してラップで密閉するODT療法を行いますが、内服薬がのめない人も同じ治療になります

「削った爪のかけらも感染源になるから、辺りにまき散らさない様にと注意された
だけど、もうすぐ爪水虫を治せる塗り薬が販売されるからそれまで頑張れと、励まされた」
  えへ4
それは、世界初の外用爪真菌症治療剤エフィナコナゾール(クレナフィン爪外用液)の事ですね
エフィナコナゾールは新規に開発されたトリアゾール系化合物で、角質存在下でも活性が
落ちない
ので、角質の厚い部位や爪内等でも優れた効力を示すものと期待されています

「お手本にしたい程立派な人がいると、よく『爪の垢を煎じてのませたい』とか言うけど  かおまる
その人が万一爪水虫だったらどうするんだよ! って言いたくなるよね~」






(感想)

申し訳ないのですが、ED治療薬の服薬指導をほとんどした事が無く
従って、その作用機序もおざなりにしか理解していなくて、PDE5阻害剤が
肺動脈性肺高血圧にも効くと言われてもよく分らなかったので、勉強してみました

EDは保険適応外の為、薬局でイトリゾールとの併用禁忌を見つけるのも一苦労です
むしろザルティアになってくれた方が、お薬手帳にも記載されるでしょうし
皮肉な話ですが、併用禁忌を見逃し難いかも知れません  

とある泌尿器科医のHPによると、アメリカでは国民皆保険制度がない為
シアリスにそのまま『前立腺肥大症の徴候及び症状』の適応が追加されただけで済んだが
日本で、シアリス(タダラフィル)を『前立腺肥大症による排尿障害治療薬』として
保険適用とするには 『保険適用外であるED治療薬のシアリス』の名前のままでは
不可能だったので、新たな販売名で厚労省に申請しなければならなかった、のだそうです


PAHの薬は高いので、公費適用で本当に良かったですね

アドルシカ(タダラフィル)の1日薬価(20mg2錠)で3441.6円
レバチオ(シルデナフィル)の1日薬価(20mg2錠)で3539.4円
ベラプロスト(ベラサスLA)の1日薬価(60μg2錠)で485.2円
ボセンタン(トラクリア)の1日薬価は維持量の4錠で17480.4円
ヴォリブス(アンブリセンタン)の1日薬価は9820円で19640円迄増量可
フローラン(PGI2)の静注を自宅でする人もあるようですが、薬価は万単位です

在庫管理する側としては、デッドストックになった時の事考えると、置きたくないお薬ですね


シルデナフィル = バイアグラ25と50 = レバチオ20(薬価:1179.80)
タダラフィル  = シアリス5と10と20 = アドシルカ20(薬価:1720.80)
         = ザルティア2.5(薬価:118.3)と5(薬価:230.6)
バルデナフィル = レビトラ5と10と20    

全てイトラコナゾールと併用禁忌!


爪白癬の内服薬は高価な為、ジェネリック薬を希望する患者さんも多いようです
特にイトリゾールカプセルでは、先発品でも吸収効率を上げる為、並々ならない努力
をしているそうで、ヤンセンMRさんから、これだけは後発品にしないで下さいと
もしするなら、ラミシールかラミシールの後発品にしてくれと言われました
イトリゾールカプセルは食直後にのまないと効かない脂溶性のお薬ですしね

足白癬患者に外用治療開始後三週間たつと、環境中の白癬菌陰性化率は90%を超えるそうです


(参考)
皮膚真菌症診断・治療ガイドライン2009  や 皮膚科のHP
日本泌尿器科学会のHP、泌尿器科のHP、特定疾患難病センターのHP
肺動脈性肺高血圧の方のブログ






  今年も薬局のアマリリスが咲きました
  
  アマリリス6

 
  我が家のベランダの寄せ植え

  寄せ植え1   寄せ植え4
  寄せ植え7   寄せ植え11  
  寄せ植え2




薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

by 薬剤師ブログタイムズ

福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード