爆弾低血圧

~薬局でありそうな風景について架空の会話形式で説明しています~



舘 鞍実(たちくらみ)さんのお兄さんは、現在は心不全でジゴシンというお薬をのんで
いらっしゃいますが、若い頃はメトリジンという低血圧のお薬をのんでらしたそうです

「兄貴は昔よく立ちくらみしてたけど、低血圧だと年取ってから心不全になるものなの?」  かおまる  
急に立ち上がった時に血圧が急降下してめまいを起こす現象を起立性低血圧と言いますが
特に四十代からそういう症状があると、後年、心不全になり易いというデータはあります

「僕もこの頃立ちくらみがひどいから、将来心不全にならないか心配だなぁ」  汗
舘さんの起立性低血圧の原因は、糖尿病の為に自律神経に支障をきたしたからじゃないですか?

「血の繋がった兄弟でも、兄貴と違い僕は糖尿病持ちだから、立ちくらみの原因が違うのか」  かおまる
誰しも急に立ち上がれば、重力の影響で血液が下半身に降りて、多少なりとも血圧が下がります
が、普通は自律神経による圧受容体反射が作動することによって、心臓の収縮力が強まり
心拍数が増え、手足の先の血管も収縮し、血圧が下がり過ぎるのを防いでくれるのです

「僕は多少どころか、血圧が125/75位から一気に100/60位まで下がるよ!」  驚き1
収縮期血圧で20以上、拡張期血圧で10以上下がると、起立性低血圧と診断されます
原因として、圧受容体反射系の異常か、体内循環血液量の激減などが考えられるそうです

「糖尿病性神経障害が原因だとすれば、圧受容体反射系の異常という事になるんだろうね」  かおまる  
以前、高血圧で、α遮断薬という系統の自律神経を抑えるお薬をのんでいらした時も
立ちくらみが酷かった事がありましたが、あの時はお薬の副作用だったかもしれませんね

「そう言えばそんな事あったね~糖尿病になったばかりの頃は、まだ太っていて血圧も高く  かおまる
カルデナリンという薬を出されて、血圧は下がったんだが、立ちくらみが辛かった・・・」

カルデナリンのような、交感神経のα受容体を遮断するα遮断薬と呼ばれる降圧薬は
インスリン抵抗性や脂質代謝も改善するので、糖尿病にはうってつけの降圧薬なのですが
圧受容体反射も抑えてしまうので、副作用として起立性低血圧が起き易いお薬ではあります

「それで、自律神経に関係しないブロプレスという降圧薬に変えて貰ったんだけど  かおまる  
最近の血圧は120代/70代で落ち着いてるから、もうのまなくて良いような気がするな」

舘さんがのんでらっしゃるブロプレスは2mgと少量なので、血圧を下げる為というより
脳や心臓や腎臓などの臓器を、高血糖から保護する目的で出されていると思いますよ

「糖尿病だと心臓や脳や腎臓が傷つきやすいから、弱い降圧剤のむ必要があるのか」  かおまる
でも、お薬手帳を拝見すると、パーキンソン病のお薬ものんでいらっしゃるんですね!   
それでしたら、起立性低血圧の原因はパーキンソン病かも知れません
パーキンソン病だと低血圧になり易く、又ドパミンを増やす薬の副作用でもなりますからね

「神経科の方から出ているメネシットとカバサールとエフピーは、パーキンソン病で減った  かおまる  
脳内神経伝達物質のドパミンを補う薬だそうだが、それが立ちくらみの原因になってるのか」

パーキンソン治療薬の中でも、メネシットなどのドパミン製剤や、カバサールなどのドパミン
受容体作動薬
や、ドパミン分解酵素阻害薬のエフピーは起立性低血圧を起こします

「だけど、すくみ足を治す為にのんでる薬には、血圧を上げる効果もあると聞いたよ」  かおまる
パーキンソン病では、ドパミン以外にノルアドレナリンという神経伝達物質も減り
これが不足すると、すくみ足や立ちくらみや低血圧が起り易くなりますので、体内で
ノルアドレナリンに変換されて、それらの症状を改善するドプスというお薬が出てますね

「自分でも、塩分や水分を摂ったり、ゆっくり立ち上がるように心掛けたりしてるんだけどな」  汗5  
お薬手帳によると、神経科の先生も血圧を上げる様々な工夫をして下さっているようですよ
初期の頃は、お兄さんと同じメトリジンという昇圧薬朝昼2錠ずつで処方されていますね

「寝ている間に高血圧になったら困るので、夕食後はのまないように言われた」  かおまる
メトリジンはα1受容体刺激薬で、以前のんでらしたカルデナリンとは真逆のお薬です
次はリズミックというお薬に変わっていますが、これもやはり交感神経刺激薬ですね

「メトリジンでもあまり良くならないと訴えたら、海外に比べ日本では、保険で認められ  かおまる  
ている量が一日4錠迄と少な過ぎるから、そのせいで効かないのかもね、と言われた」

海外では、メトリジンは最高で一日15錠(30mg)迄服用して良いそうですからね
リズミックはノルアドレナリンと競争して手足の先の交感神経の終末に取り込まれるので
ノルアドレナリンがシナプス間で長く働き、又、ノルアドレナリンの不活化も防ぐので
交感神経の機能を高めて、圧受容体反射を改善する、持続性にも優れた昇圧剤です

「それでもまだ、食後立ち上がったら、急に目の前が真っ暗になった事があったんだ」  冷汗2
食事をすると、消化・吸収のために大量の血液が消化器に集まりますので、起立した時
同じ理由で、圧受容体反射の弱い人では急激に血圧が下がり、食後低血圧と言います

「次に出たのはステロイドホルモンだったので、糖尿病が悪化するかもと心配になった」  かおまる
リズミックに変わり、フロリネフ0.1mgというお薬を朝1錠服用になっていますね
フロリネフはステロイド剤ですが、糖質よりも電解質を代謝する作用の方が強いので
塩分を増やし血圧を上げますが、糖質への作用はほとんど無視できる程度だと言われます
むしろ、高血圧や高ナトリウムや低カリウムや浮腫等の電解質系の副作用が多いようです

「血圧は変化ないけど、フロリネフの副作用防止も兼ねて、立ちくらみにも良い薬が加わった」  かおまる 
前回から、血圧を下げるβ遮断薬と呼ばれるお薬のインデラルも追加されていますね
ノルアドレナリンには、αとβの二つの受容体があり、このうちβの方だけを遮断すると
相対的にα受容体の刺激が増えて圧受容体反射が改善されるという説があります

「血圧を下げる薬が起立性低血圧には効くなんて、不思議な話だよねぇ  かおまる
それと、パーキンソンのせいか便秘になり易くて、便を出そうとしていきむと血圧が
下がるので、この頃アミティーザカプセルという新薬の便秘薬も出して貰ってるよ」

夜中トイレに起きた時も、行きは這って行き、帰りは歩いて帰るとおっしゃっていましたね

「下半身に血液が下がらないように、弾性ストッキングや、もっと凄い宇宙飛行士の  かおまる  
服を着るって手もあるそうだが、僕はそこ迄する位なら、なるべくゆっくり動いて
立ちくらみしたらすぐにしゃがみ込むようにした方が、まだマシだと思ってねぇ」

そう言えば、お薬のご用意が出来てお名前をお呼びした時も、ゆっくりと立ち上がり
すり足で歩いていらっしゃったので
、まるで能役者みたいだと思いましたよ~





(参考)日本神経学会治療GL「パーキンソン病治療GL」
    メルクマニュアル「起立性低血圧」
    メトリジン、リズミック、フロリネフ、のインタビューフォーム


(注1)起立性低血圧を起こす人は心不全を発症するリスクが高く45~55歳の年齢層で特に
    その傾向が強いという説は、米国の大学で行われたプロスペクティブ疫学研究によるものです
    
    当薬局にも、以前リズミックのんでらして、体調を崩して入院して退院後
    ジゴシンに変わった患者さんがあったので、この研究結果見つけた時は成程と思いました

(注2)エフピー脳内モノアミンオキシダーゼ阻害剤ですが
    リズミックには交感神経末端でのMAO阻害作用があるんですね

(注3)先日武田のMRさんが、アジルバが5月から長期投与可能になると伝えに来られました
    ブロプレス2、4、8、12、とアジルバ20、40とある中で、降圧効果が期待出来るのは
    ブロプレス8からだそうで、ブロプレス2、4は血圧は下げたくないが臓器保護したい時用

    「強力に下げたい時はやっぱりアジルバでしょう!」と言われ、余計なお世話ですがつい
    ブロプレス12の存在意義が気になってしまいました

(注4)「フロリネフの糖質コルチコイド作用はヒドロコルチゾンの約10倍である
    ことが報告されているが、本剤の通常使用量では、糖質コルチコイドに見られる
    副作用の発現はまれである
と考えられる」(フロリネフのIFより)

    一説には、フロリネフ0.1mgはプレドニゾロンの0.25mgに相当し
    体内でプレドニゾロン1日5mg分泌されるので、フロリネフ0.1mgを
    のむことによって1日5.25mgになるだけだそうです

    当薬局の患者さんで、糖尿病でパーキンソン病も発症して起立性低血圧になり
    フロリネフのむことになった方も、血糖コントロールは乱れませんでした

    一方、HbA1cが原因不明に上がった患者さんを調べると、何らかの病気を発症して
    他科でうっかりステロイド治療受けた、という方が多いです







    今年の桜は咲くのが早かったですね~  卒業式に桜咲いてましたね~


さくら1 さくら4

さくら2 さくら3

さくら5 さくら6

 


福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 



薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

by 薬剤師ブログタイムズ 
スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード