トイレ検索機能付き育爺

~薬局でありそうな風景について架空の会話形式で説明しています~




前立腺肥大症に悩む 辺板 讃(べいたさん)さんですが、最初のんでいたハルナールという
お薬の効きが悪くなって、プロスタールというお薬を3カ月位のんでいらした時期があります

「プロスタールをのみ始めたらひどい寝汗をかくようになったので、よくよく聞いたら  かおまる
女性ホルモンなんだってね、男が女のホルモンなんかのんだらそりゃ、おかしくなるよ~」

前立腺肥大の原因は解明されてはいませんが、男性ホルモンの働きによって肥大する
だけはハッキリしていますので、女性ホルモン剤をのめば前立腺が縮小するはずなのです

「だが、女性ホルモンなんて、女の人が生理不順とか更年期障害になった時のむ薬だろうよ」  ブー1
プロスタールの成分は、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンを合成して作った
クロルマジノンという物質ですが、女性の生理不順などにはもっと少量の製剤を使います
プロスタールのような高用量製剤は、前立腺肥大や前立腺癌に使われる、男性用のお薬なのです

「か弱い女性には少ししかのませないで、頑丈な野郎共には大量にのませても大丈夫ってか?」  かおまる
でも、プロスタールをのんだ成果があって、かなり前立腺が縮小したんじゃないですか?

「おネェ化するんじゃないかと心配した割には大丈夫で、前立腺のみが小さくなったんだが  かおまる
寝汗やのぼせも辛かったし、そう長くはのめない薬だって言われて、プロスタールはやめた」

男性ホルモンを抑える抗アンドロゲン剤は、3カ月以上は連用しない方が良いという専門医も
あり
ますし、16週間のんでも効果ない時は打ち切る様に決められているお薬でもあります

「その後ユリーフという薬になって調子良かったんだが、年末に又尿閉で病院に担ぎ込まれてさ」  かおまる
忘年会で酔っ払って帰宅して、玄関で行き倒れ状態で寝てしまって、風邪ひかれた時でしたね?

「そうそう、それで市販の風邪薬までのんじゃったもんだから、尿閉になっちゃったんだね」  汗
感冒薬には、鼻水に効く抗ヒスタミン薬や、咳止めのエフェドリンなどの成分が含まれており
抗ヒスタミン薬は尿を排泄する副交感神経を抑え、エフェドリンは尿道を狭める交感神経を
刺激する
ので、前立腺肥大症の人がのむと尿閉になり、導尿して貰う羽目に陥る事があります

「前立腺肥大の治療を始めたキッカケが、深酒による尿閉だったので、振り出しに戻っちゃった」  かおまる
アルコール排尿筋収縮を抑えて単独でも尿閉を起こしますし、冬の寒さも良くなかったですね
年明けから、ユリーフに変わり、アボルブという、男性ホルモンを抑えるお薬に変わりましたね

「ユリーフみたいに、尿道を広げてオシッコの出を良くする薬なら安心だけど、前立腺を小さく  冷汗2
する薬だと聞いて、もしかして又、女性ホルモンをのまされるのかと嫌な予感がしたんだけど」

アボルブは、5α還元酵素阻害薬と呼ばれる抗アンドロゲン剤で、男性ホルモンのテストステロン
5α還元酵素の作用によって、強い活性を持つジヒドロテストステロンに変わるのを防ぐお薬です

「つまり、女性ホルモンとは全く関係なく、男性ホルモンだけを弱める薬なんだよね?」  かおまる
女性ホルモン剤では無いので長期服用出来ますし、逆に6カ月位はのまないと効いて来ません
前立腺細胞内のみで作用するので、血中のテストステロンは低下させないという長所もあります

「髪の毛もフサフサになるかも知れないと、いいように調子に乗せられて、のんでるけどさ・・・」  かおまる
5α還元酵素阻害薬にはⅠ型とⅡ型があり、このうちⅡ型を妨害すると脱毛症治療薬になります
アボルブはⅠ型とⅡ型の両方を抑制しますので、オマケの作用として発毛促進作用があります

「つまり、男性ホルモンが強過ぎると、抜け毛にも前立腺肥大にもなり易いという事か」  かおまる
脱毛症にはⅡ型が関係しているのですが、逆にⅠ型と関係しているのが前立腺癌と言われ
アボルブには、前立腺癌を23%抑制させたという報告も有り、一石三鳥の良いお薬ですよ
但し、血中半減期が長く肝臓への負担が大きい事と、前立腺癌のマーカーのPSA実際よりも
低く出る点に注意
が必要で、又女性やお子さんが素手で触らないように注意して下さい

「PSAって前立腺肥大のマーカーかと思ったけど、前立腺癌のマーカーだったんだな  驚き1
うちの孫が二歳半で、何にでも興味を持って触りたがる年頃だから、充分気を付けてるよ」

頻尿のお薬のベシケアも、今回はベタニスというお薬に変わっていますね

「前立腺が肥大して尿が出なくて困ってるのに、頻尿にもなるなんて矛盾してるよね」  かおまる
前立腺肥大により尿道が圧迫され続けると、膀胱が過剰に収縮するようになって
過活動膀胱という、尿意切迫感や頻尿、尿失禁等の症状に悩まされる状態になるのです

「膀胱の収縮を防ぐベシケアは、風邪薬と似た所があって、尿閉になり易いので  かおまる
新しく出たタイプの、膀胱を広げて容量を大きくする薬に、変えてみることになった」

膀胱平滑筋を収縮させるアセチルコリンを抑えるか、弛緩させるアドレナリンβ受容体
刺激してあげれば、尿を貯める機能が高まり、過活動膀胱を改善する事が出来ますが
これ迄の頻尿治療薬は、前者のアセチルコリンを阻害する抗コリン薬の系統が主流でした
ベタニスは逆に、β受容体を刺激する新しい解決法の頻尿治療薬で、β受容体の中でも
膀胱に多く存在して弛緩に関与するβ3受容体に、選択的に作用すると言われています

「元々は、やせ薬として開発された薬なんだってね」  かおまる 
β3受容体は脂肪燃焼に関係しているので、β3受容体を刺激すれば痩せるのではないか
期待されて研究されてきましたが、むしろ過活動膀胱治療薬として日の目を見たようです

「今迄の薬だと喉が渇いてお茶飲んでばかりいたので、それも頻尿の原因だったんだって」  かおまる
抗コリン薬の副作用として口渇がありますが、夏などに熱中症を恐れる余り、必要以上に
水分摂取をして逆に摂り過ぎとなり、皮肉にも、頻尿を起こしている場合もあるそうです

「だが、同じ年頃の友人が脳梗塞や心筋梗塞で倒れたと聞くと、俺も心配になって  冷汗4
血液をサラサラにしとこうと思って、常にペットボトルを持ち歩いちゃ飲んでるんだけど」

確かに脱水は脳梗塞の原因になりますが、だからといって水分を沢山摂ればそれが防げる
訳ではなく
、むしろ運動や食生活の是正や、動脈硬化を防ぐような治療が重要です

「水分の摂り過ぎもダメだったんだ・・・今孫がトイレトレーニング中なんだけど  スマイル2
外出中急に『オシッコ』って言い出した時、どんな所にいても、一番近くにあるトイレを
知っているので便利なんだ、頻尿のせいで培った知識が役に立つこともあるんだなぁ」

そう言えば辺板さんは『育爺』だとおっしゃっていましたね





(参考)スズケンDIアワー等


泌尿器専門医は、前立腺肥大の人に抗コリン薬の頻尿治療薬を使う時は
必ずαブロッカーと併用して、尿閉を防ぐそです

ベタニスの名前の由来はベータアゴニストから来ているそうです

アボルブの血中半減期は14日間
ガスロンの血中半減期が150時間(6日以上)で驚いたけど上には上があるんですね

ミラベグロンは、やはり少しβ1作用もあるらしく、心疾患のある患者さんには
注意が必要
で、心拍数増加や、高用量でQT延長が認められたそうです
又、CYP2D6阻害作用により、不整脈薬のフレカイニドやプロパフェノン
血中濃度を上昇させ、QT延長、心室性不整脈等を起こすおそれがあるので
併用禁忌となっています

β受容体に作用する頻尿治療薬と言えば、気管支拡張剤のβ2刺激薬スピロペント
がありますが、膀胱平滑筋弛緩作用以外に尿道括約筋収縮作用もあるそうです
でも、スピロペントは腹圧性尿失禁の薬というイメージですね



   ☆  感想  ☆ 

今回の前立腺関連薬品を、私なりに分析すると
アボルブとプロペシアは兄弟
スピロペントとベタニスは従姉妹
アボルブとプロスタールは同じ会社に勤める他人
という感じ? でしょうか~

余談ですが、母から親戚関係の説明を聞いていると、あたかも警察犬が犯人の
手がかりを見失うかのように
、途中で話を見失う、バニシングポイントに遭遇します
「妹が嫁に行った先の、兄弟の前妻の息子」とか言われた日には
一体どういう縁戚関係にあるのか、サッパリわかりませーん





  ノンちゃん、ノンちゃん、まあるくなって、どこ転がっていくんだろう?

  丸くなる猫2  丸くなる猫4
  丸くなる猫1  丸くなる猫3

                                       やっと目が覚めたかね?






福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー



薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

by 薬剤師ブログタイムズ 
スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード