二年半前

~薬局でありそうな風景について架空の会話形式で説明しています~





毛幕 翔(もうまくしょう)さんは、怪我の治りが悪いので病院に行って糖尿病が見つかり
HbA1cが12%という高値だったので、すぐにインスリン治療が開始されました

「僕は、30代で脱サラして起業したので、事業が軌道に乗るまでの10年間はもう必死で  かおまる
時間的にも経済的にも我が身を構う余裕がなく、多忙を理由に検診も受けてなかったんです」

でも、昨年秋にインスリン注射が導入されてからは、10月10%、11月8%、12月6%と
順調に下がり、先月はとうとう5%代になったので、ネシーナというのみ薬に変わりましたよね

「1日に4回も注射していた頃を考えると、朝1回薬をのむだけでいいなんて夢のようでした」  えへ5
先月時点で、インスリン注射単位も3単位ずつになっていましたので、その程度なら経口薬に
移行しても大丈夫
だと言われていますが、今月も5.8%と上がらなかったようですね

「のみ薬になってからも、時々血糖を測っていましたが、注射してた頃と変わりなかったです」  スマイル2
インスリン注射で糖毒性が取り除かれると、今迄砂糖漬けになっていた膵臓のβ細胞が復活して
再びインスリンを分泌し始めると言われていますが、やはりお若い分回復が早かったようですね

「ところが、その若さに落とし穴があったようで、今度は網膜症になってしまいました」  かおまる 
若い方がインスリンなどで急激に血糖を下げると、網膜症が悪化する場合があると言いますね

「10年も検診を受けていなかったしわ寄せが、今になって出て来たんだと言われました」  冷汗1
特に、長いこと糖尿病を放っておいた場合に多く、糖尿病治療後網膜症と言われています

「ドクターもそうなるのを危惧されて、最小限の単位から始めて下さったんですけどね」  うへー  
最初は1回2単位づつから始めて、最高に打っていた時でも4単位でしたものね

「最小単位程度しか打っていないのに、若いせいかアッという間に血糖が下がってしまいました」  かおまる
糖尿病が悪い状態で発見されても、目の為には血糖をなるべくゆっくり下げた方が安全です
理想的には、早くてもHbA1cが月平均で0.5%、半年で3%程度の低下が限度だそうです

「僕の場合、たった5ヶ月で6%以上も下がってしまったんですからね!」  驚き1
長期間放置された糖尿病では、無自覚なまま網膜症を発症している場合も多く、その状態で
急激に血糖を下げると、糖尿病治療後網膜症になりますので、糖尿病治療開始時は必ず
眼科も受診
して、既に網膜症を発症していないか眼底検査をして調べて貰う必要があります

「糖尿病と言われた時に、すぐに眼科にも行けと言われた理由が、今になってわかりました」  かおまる
治療前の検査で、網膜症なしか軽度であれば通常の糖尿病治療を開始しても良いそうですが
前増殖性網膜症や増殖性網膜症がある場合は、血糖の低下を半年で3%以下に抑え
しかも、頻繁に眼底検査をして、網膜症が悪化しないか監視する必要があるそうです

「糖尿病手帳を見ると、眼底検査の項目に『なし・単純・前増殖・増殖』と記載がありますね」  かおまる
網膜症は進行するにつれて、単純網膜症から前増殖網膜症、増殖網膜症へと悪化していきます
糖尿病手帳は、糖尿病医には眼底検査結果が分かり、眼科医にはHbA1c等の糖尿病検査値
分かり、双方の医師が患者情報を共有して、連携を取れる形式に工夫されているのです

「僕がインスリン注射を始めた頃は、眼科で網膜症はないと言われたんですがね」  ブー1
網膜症がなかったのに半年で増殖性網膜症になった例もあるそうですので、糖尿病治療開始後も
定期的に検査をして、網膜症が悪化したら糖尿病治療を一時中断して網膜症治療を優先させます

「普通は、糖尿病を治療すれば網膜症も治るものなのにね~」  かおまる
年単位で高く放置されていたHbA1cを急激に下げると、かえって網膜症が悪化する理由
に関しては諸説ありますが、高血糖で傷ついた網膜の細い血管が詰まると、酸欠状態に陥った
網膜が酸素を補おうとして
新しい血管を作るので、この新生血管はもろくて出血し易いのです

「僕も眼底出血していますので、出血が落ち着いたらレーザー治療する予定です」  汗5
海外には、ハイリスク患者さんには、網膜の虚血部位に予防的にレーザー治療をしてから
糖尿病治療を開始して、ゆっくりとHbA1cを下げる、という国もある位です

「僕みたいに、若くして高いHbA1cで見つかった人が、ハイリスク患者なんでしょうね」  汗
そのように細心の注意を払っても、血糖が劇的に下がり過ぎて、網膜症が悪化する場合には
血糖値を一時的に再び上昇させたうえで、レーザー治療を行うよう勧められています

「網膜症の為とは言え、せっかく下げた血糖をわざわざ又上げるなんて嫌だなぁ」  かおまる 
レーザー治療で網膜症の進行を食い止められない場合は、硝子体手術をするそうです

「眼科ドクターは、レーザー治療で踏みとどまるだろうから、と慰めてくれましたけどね」  かおまる
今回は新たに、中性脂肪を下げるリピディルと、血圧を下げるブロプレスというお薬が出ています

「血圧も中性脂肪も高かったんですが、食事や運動療法でどの程度下がるか、様子見てたんです  汗1
でも、網膜症が悪化したので、ドクターが目に良い薬を考えて、出して下さったんです」

ブロプレスはレニン・アンジオテンシン(RA)系という昇圧系を抑えて血圧を下げるお薬です
新生血管出現時には、血管内皮増殖因子(VGEF)という物が働いていまして
RA系はVGEFを活性化しますので、RA系を抑えるような降圧薬は網膜症に良いのです

「中性脂肪は200越えのくせに、善玉コレステロールのHDLは30と低いんです」  かおまる
中性脂肪が高く、HDLが低い、というのは糖尿病の方に典型的な脂質異常パターンです
リピディルは、α型ペルオキシゾーム増殖剤活性化受容体(PPAR‐α)という
糖や脂質の代謝に関与する核内受容体に作用して中性脂肪を下げますが、PPAR‐αは
網膜にも存在していて、リピディルにより糖尿病網膜症が改善されるという報告があります

「目に良い薬ものみ始める事だし、早くレーザー出来るといいな~糖尿病手帳を見る限りは  えへ4 
僕の数値は『コントロール優』のゾーンなのに、網膜症に悩まされてるなんて理不尽な気がする」

現在の眼底状態に一番影響を与えるのは、平均2.4年前のHbA1cだそうですよ

「二年半前かぁ~その頃は丁度事業が軌道に乗って来て、連日連夜のように接待で飲み食いしていた
恐いもの知らずの時期だったなぁ・・・あの時のツケが今頃回って来たのか・・・」
  冷汗2





(参考)眼科医と糖尿病専門医の合同講演会に行ってきました

VGEF抗体の注射薬、ベバシツマブ(アバスチン)も、糖尿病網膜症治療に使われているようですが
薬価17万円と高価で、現在は未だ適応外です
硝子体内グルココルチコイド注入による抗炎症療法も有効とのこと

VGEFがPKCを介して血管透過性をあげるため、PKC阻害薬が網膜症の治療薬として開発中

DCCTの結果によると、糖尿病性網膜症進行の最も強力なリスクファクターは、HbA1cですが
わずか11%に過ぎず
血圧と総コレステロール値が9から10%を占めているそうで、
網膜症の病態生理には、メタボリックシンドローム、レニンアンジオテンシン系、PPAR‐α、
VGEF
、が関係しているそうです

FIELDスタディによると、フェノフイブラートは非増殖性網膜症の進行リスクを40%低下させた
そうですが、そのメカニズムは今のところ確定していないそうです  
HDLコレステロールも網膜症には良いそうです

RA系抑制薬では、カンデサルタン、ロサルタン、エナラプリル、等に網膜症新規発症予防効果が
証明され、降圧と独立した作用だそうです

糖尿病で、白内障の手術をする場合、HbA1c8%未満を条件とする眼科医が多いそうですが、
実際にはもっと高くてもさほど問題ないそうで、むしろ
「HbA1cを下げないと白内障手術出来ないよ」と、
患者さんのモチベーション上げに利用しているそうです  

心臓の手術にはやはりHbA1cが低いほうが安全だが、高いまま緊急手術となる場合もままあり、
HbA1cが高いと麻酔医が文句を言うので出来ないというのが実際のところだそうです  
しかし、術後の傷の治癒などはやはりHbA1cが高いと確実に遅延するそうです 

欧米では、汎光凝固術であるのにたいし、日本では、光凝固を行なった部位の神経細胞は
再生できないのでなるべく必要な部位のみ光凝固を行うとういう違いがあるそうです





花粉症の季節が迫ってきましたが、日曜月曜と休んだ後の火曜日って混みますよね
私はハッピーマンデーの後のアンハッピーチューズデーと呼んでいます
やっぱり、遊んだ後にはその分のツケが回って来るということでしょうか


もうすぐ、バレンタインデーですね

上から、娘が懸賞で当てたチョコレート、スイスのリンツのリンドール
六花亭お取り寄せ(最近お取り寄せがあるので、デパートの北海道物産展に行かなくなりました)
チョコじゃないど、パイナップルクッキーのお土産
TWGのチョコ、TWG紅茶は麻袋に入った本格派です

 懸賞で当てたチョコ  リンツのリンドール
 
 六花亭  マンゴークッキー
 
 TWGチョコレート1  TWG紅茶






福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 




薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

by 薬剤師ブログタイムズ 
スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード