吾輩はレビーである  適用はまだ無い

~薬局でありそうな風景について架空の会話形式で説明しています~




脳内のアセチルコリンを増やすことで、認知症の進行を食い止めるアリセプトというお薬は
最初二週間は3mg錠をのんで、三週間目から5mg錠に増やして維持するのが普通ですが
零微位 翔太(れびいしょうた)さんのお父さんは、ずっと3mg錠を隔日で服用されています

「父は、アルツハイマー型ではなく、レビー小体型認知症(DLB)なんです  かおまる
今年の春に保険が通ったMIBG心筋シンチグラフィ検査をして貰って、確定診断されました」

前回もそうおっしゃってたので、レビー小体ってパーキンソン病で増えるものだけど? 
しかも、パーキンソン病の人は認知症にはならないはずだけど? と思って調べてみました

「父もDLBを見つけて貰うのに6年かかりましたから、ここ最近知られ始めた病気なんです」
  かおまる
パーキンソン病では、レビー小体が、認知症に関わりのない脳幹部にしか発生しないのに対し
DLBでは、脳幹部以外に、大脳皮質にも広汎に分布するので認知症になってしまうんですね
レビー小体が脳幹に発生するとパーキンソン、脳幹と大脳に発生するとDLBという分類ですね

「父は、パーキンソンの為動作が鈍く、認知症のせいで物忘れがひどく、幻覚も見えるんです」  かおまる 
昔から、認知症でも幻覚のある人と無い人があると言われており、幻覚があるものは老人性幻覚症
などと呼ばれたりしていましたが、蓋を開けてみたらそれがDLBだったという事なんですね

「アルツハイマー型は物忘れはあっても、幻覚や幻視は見えないみたいですからね」  かおまる 
アルツハイマーの原因は、アミロイド蛋白から出来ている老人斑ですが、DLBの原因は
α-サイヌクレインという物質から出来ているレビー小体なので、全く違う病気だったんですね
認知症なのに何故か老人斑のない人もいたのは、実はそれがDLBだったという事なんですね

「父は最初、長谷川式スケールが26もあったので、アリセプトを出して貰えませんでした」  かおまる
DLBでもアセチルコリンは不足しているのですが、長谷川式が高得点の人もあるそうですね
脳内のアセチルコリンが不足するのがアルツハイマーで、ドーパミンが不足するとパーキンソン
ノルアドレナリン不足では自律神経失調症に、セロトニン不足ではうつ病になるのですが
この4種類とも不足するのがDLBの特徴なんですね、その割には脳萎縮は軽いと聞きますが

「父も、CT撮っても脳萎縮はたいした事無いので、最初は老年期うつ病と診断されたんです」  汗
DLBはセロトニン不足だし、特徴的な視線そらしも伴うのでうつ病に見えてしまいますよね

「ドグマチールといううつ病の薬と、セレネースという幻覚を止める薬をのんでいましたが  冷汗2
症状は良くならず、むしろ以前よりも足が前に出難くなって転び易くなってしまったんです」

ドグマチールやセレネース薬剤性パーキンソニズムを起こし易いお薬ですからね

「紹介されて転医した専門医でも、うつ病薬のせいでパーキンソンが悪化したと言われました
その病院でやっとDLBだと分かったのですが、今の先生に出会えて本当にラッキーでした」
  スマイル2 
確かに、私も不勉強で今迄知らなかった病名ですから、専門医でないと診断は難しいでしょうね

「うつ病の薬は急激に止めてはいけないらしく、少しづつ減らすことになりました
それと同時に、アリセプトの少量投与を始めたところ、信じられない位良くなってきたんです」
  えへ5
抗うつ薬を止める場合、一気にやめると悪性症候群などの怖い副作用が出てしまいますからね
又、DLBの人は、薬の作用が強く出易い薬剤過敏性があるので、少量の薬で効くようですね

「アリセプトは、今はまだDLBには適用が無いそうですが、父は目つきもハッキリしてきて  
盆栽の手入れも再開して、本当に我が家はアリセプトで救われたと言っても過言ではないんです」
  泣き1
DLBではアリセプト少量で奇跡のように改善する人があるようですが、同じ人が5mgのむと
悪化したりするので
、沢山のめばそれに比例して良くなるという用量依存性はないようですね

「父も、3mgの錠剤を毎日のんでた頃の方が、歩幅が小刻みで歩きにくそうでしたね」  かおまる
体を潤滑に動かすドーパミンと、記憶を伝達するアセチルコリン天秤の関係にあるので
両方不足しているDLBではアリセプトが多過ぎると、アセチルコリンが相対的過剰になり
ドーパミンの相対的不足を招いてパーキンソンが悪化する、という面も考えられます

「パーキンソン症状は、ペルマックスというお薬の50μg錠で落ち着いていますが
それも薬に敏感な体質のおかげで、普通よりも少なめの量で済んでるのだそうです
アリセプトも高価な薬なので、DLBだと少なくて済むのでコスパが良くて助かります」
  かおまる
先月から抑肝散という漢方薬も一日二回のむ事になりましたが、いかがでしたか?

「漢方薬なんて効くのかと半信半疑でしたが、いい意味で裏切られました  かおまる   
時々、宅急便屋さんが来たとかいうリアルな幻覚が見えるので、家族が振り回されて
困っていましたが、抑肝散のおかげでそういうのは減ってきたようです」

抑肝散は、認知症の攻撃性を鎮めたり、DLBの幻覚を減らす効果が確認されています

「ただ、抑肝散のせいで今までのんでいた利尿剤のラシックスを、アルダクトンAという
弱い薬に変えられてしまったので、むくみがひどくなるんじゃないかと心配ですが」
  汗5
抑肝散もラシックスも血清カリウムを低下させる副作用があり、低カリウムは不整脈などの
原因にもなるので、医師が心配してカリウムを増やすタイプの利尿剤に変更されたんですね
今回は今までのお薬に、サアミオンという脳循環を良くするお薬が加わっていますね

「うつ症状がイマイチだったんですが、もううつ病の薬はのませたくないので、先生が
アリセプトで治りきらないうつ症状改善の為の、切り札を出して下さったようです」
  スマイル
サアミオンは脳内のアセチルコリンなどの伝達を改善する作用もあるので、DLBの人に
少量アリセプト投与にオンして使うと、ちょうど良い効果をもたらす事があるそうですよ

「父はまだ、家に毎日幽霊が出ると言い張るんですが、先生が『その幽霊は女性? 美人?』
と聞いたら、父が『美人です』って言うんで、『そんなら毎日楽しくて良いじゃない』って
まぁ、リアルな幻覚ではないので僕も別に気にしてないんですが、もう笑い話ですよ~」
  かおまる
実害がないなら、幻覚をむやみに否定しないのも、介護の方便だと言われていますからね





(注)

レビー小体型認知症は日本人の小阪憲司先生が1976年に新たな疾患として発表
海外ではパーキンソンにアルツハイマーが合併したものではないかと言われ続けて
やっと承認されたのは1995年、我が国で認識され出したのはここ十年のことだそうです

アルツハイマー、レビー、脳血管性が三大認知症 
小阪憲司先生の発表ではレビー15%という割合で、皆驚いたそうですが
九州の久山町研究ではなんとレビーが41%という発表だったそうです  

正式にはペルマックスはL-ドーパとの併用でしか、使用が認められていないようです
(サアミオンもペルマックスも麦角アルカロイドなんですね)  
DLBの人には三環系や四環系のうつ病薬は禁忌だが、SSRIなら大丈夫だそうです

MIBG心筋シンチグラフィは今年の3月、DLBの確定診断に保険適用されました

DLB治療法の三つの柱は、認知症にアリセプト、パーキンソンに抗パーキンソン薬
幻覚に抑肝散
だそうです

アリセプトは細粒もありますが、半減期が長いので隔日投与でも効果が安定し易いようです 

DLBは、どんな治療法を試みても寝たきりになってしまう人がいる反面
少量のアリセプトで劇的に良くなり、実生活に『生還』していく人もあるようです


(参考)  「被災した認知症の人と家族の支援マニュアル〈医療用〉」
      ドクターコウノのコウノメソッドやブログ
      サアミオンのIF 等





(遅ればせながら)  尖閣諸島問題について

中国がジャイアンなら、日本はのび太
でもクラスメイト(隣国)だから仲良くするしかない

ドラえもん(アメリカ)に頼ろうとするから、オスプレイを引き受けるハメに・・・

器の大きい私個人としては、間違っても『中国製品非買運動』なんてしない
と言いつつ、着てるTシャツを裏返してタグを見たら、案の定『中国製』だった

『中国製品排斥運動』なんてしようものなら
素っ裸で生活するしかないかも知れないワタクシ・・・

それにしても、中国は埋蔵されてる資源を採掘して利用する技術はあるのだろうか?
新幹線を引く時だってねぇ、日本の技術協力のもとで出来た位だからね~

持山に松茸が生えてても、それを採取する能力がなかったら宝の持ち腐れだもんね~





  ブドウと栗蒸羊羹   秋ですね~頂き物のブドウと栗蒸羊羹


  新しい調味料  ナスのグラタン
  あんかけ焼きそば  煮豚とゆで卵
  鶏肉の炒め合わせ  スープ餃子
  
  



福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

by 薬剤師ブログタイムズ 
スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード