スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食物よ、汝行き先を誤れば、肺に辿り着くであろう

三カ月前一過性脳虚血発作(TIA)を起こして、バイアスピリンをのむことになった 
宴毛 護ッ勲さん(架空の人物)でしたが、その後脳梗塞を再発して緊急入院されました

「胃が痛くなったのでバイアスピリンを自主的に休んでいたのが、良くなかったらしい」  かおまる
幸い奥さんがいち早く気付かれて、迅速に対処されたので軽く済んだんですね
退院後は、脳梗塞再発防止のお薬が胃に障らないプレタールODに変わっています

「今度脳梗塞起こしたら離婚するって妻に脅されたから、今はしっかりのんでるよ」  汗5   
他に、血圧を下げるレニベースと、脳の神経の流れを改善するシンメトレルが出ています

「血圧はさほど高くないんだけど、高血圧をしっかり治療するようになったからこそ
日本人の死因トップだった脳卒中が激減したんだって、医者が唾飛ばして力説するもんでね」
  かおまる  
血圧の高さと、脳卒中になったり、それが原因で死亡する確率とは、正比例するそうです

「今の死因トップは癌だもんね、二位が心臓病で、脳梗塞は三位に陥落したようだ」  かおまる
厚生労働省の人口動態統計によると、四位は確か肺炎でしたね

「肺炎で死ぬのは痩せた人! かおまる  僕みたいに太ってると血液ドロドロ系の病で死ぬのさ
昔から、結核とか気胸とか、肺を病むのは痩せっぽっちと相場が決まってるんだよ」

高齢者の肺炎は細菌やウイルスによる感染性肺炎は案外少なく、8割が誤嚥性肺炎だそうです

「誤嚥って食べ物が肺に入っちゃう事でしょ? かおまる  僕も脳梗塞の後、食べ物をのみ込み難くなって
むせる事もあるので、妻が心配して、料理を細かく刻んだり、トロミをつけたりしてくれるんだよ」

食べ物をのみ込む時は、口腔と鼻腔を遮断する軟口蓋と、食道と気道を遮断する喉頭蓋という
二つの蓋が正しく閉じて、食べ物が鼻や気管に入らないような仕組みになっていますが、万一
誤って肺に入りそうになると、嚥下反射や咳反射が起きて、誤嚥を防ぐように出来ています

「脳梗塞を起こすと、そういう正常な防衛反応が機能しなくなるんだろうね」  かおまる  
脳梗塞になった事が無くても、本人も気付かない程のごく軽い 『隠れ脳梗塞』 が偶然
脳ドックで見つかる場合もありますので、誰もが年齢と共に誤嚥し易くはなるのです
特に、大脳皮質よりも、大脳基底核の脳梗塞を起こした場合には、注意が必要です
嚥下反射や咳反射を司る神経伝達物質のP物質は、大脳基底核で作られるドーパミンの刺激
を受けて生成されるからなのですが、誤嚥性肺炎は肺ではなく脳の病気と言われています

「妻は痩せてるから、よく風邪ひいてこじらせるけど、僕は栄養が足りてる分風邪ひかないし
ひいても軽く済むのが唯一の取り柄だったのに、肺炎になり易い状態になってたなんてなぁ」
  泣き1  
宴毛さんに出ているレニベースは、ACE阻害薬という種類の血圧を下げるお薬ですが
P物質の分解酵素を抑制する作用もあるので、誤嚥性肺炎を1/3に減らすそうですよ
又、シンメトレルも脳内伝達物質ドーパミンの放出を促進するので1/5に減らしますし
プレタールODは脳梗塞防止薬の中では唯一、誤嚥性肺炎を減らす効果が報告されています

「血圧の事だけじゃなくて、色々な効果を考慮して薬を出して貰ってるんだね~」  えへ4  
誤嚥性肺炎は一旦発症すると治療が困難で、死亡率も高い為、予防がとても重要なのです

「待ってよ、それじゃ、肺炎の8割が誤嚥性で、誤嚥性肺炎が脳の大脳キテイカクという部分
の病気だとしたら、脳の病気は心臓病を抜いて死因第二位に躍り出るんじゃないの?」
  驚き1  
心疾患16%、脳血管障害12%、肺炎9%、ですから繰り上がるかもしれませんね
高齢者の肺炎は夜作られると言われる位、ぐっすり眠っている時間帯に誤嚥の危険性が増します

「僕はむしろ寝付きが悪くて困ってるんだ  ブー1  それで時々、妻の睡眠薬を拝借してのんでたら
医者に 『そもそも他人の薬を貰ってのむなんて言語道断だけど、脳梗塞を起こした人は特に
そんなことやっちゃダメ!』 って叱られて、僕にあった薬を出して貰うことになったよ」

体内時計を司る脳の神経に働いて、自然な眠りにいざなうロゼレムというお薬が出てますね

「妻がのんでるのはベンザリンという薬だけど、僕にはそれじゃ強過ぎるんだって」  汗  
ベンザリンベンゾジアゼピン受容体に作用して、脳の神経を抑えて強制的に眠くする
関係上、大脳基底核のドーパミンも抑制するので、誤嚥性肺炎が起こり易くなります

「安易に妻の薬をのむのは危なかったんだな、妻も薬の減りが早いので怪しんでるし
医者が、ロゼレムは 『夜だから眠くなる』 状態にする薬で、ベンザリンは 『脳が疲れた
から眠くなる』 状態にする薬だって言ってたから、無理やり脳を疲れさせるんだろうな」
  かおまる
誤嚥の危険性のある人は、強い睡眠薬や抗コリン薬や筋弛緩薬は避けた方が良いようです
食物成分の、カプサイシンはP物質の放出を促すので、誤嚥性肺炎防止に効くようですね

「好物のキムチをせっせと食べ、薬も今度からはきちんとのんで、リハビリ頑張るよ  スマイル2  
若い頃は仕事ののみ込みが早いと褒められ、稼ぎも良く、その甲斐あって結婚出来たけど
今じゃ 『食べ物ののみ込みが悪く』 なって離婚されそうだなんて皮肉だよね」

奥さんが傍にいらっしゃらなければ、誰も救急車を呼んでくれなかったでしょうからね



(参考) 「脳卒中ガイドライン・2009」 ほか





(独断的) メロンパン・ガイドライン・2011

クラスト部分は、豊潤なバターと卵の風味があってサクサクとしていること
推奨グレードA強い科学的根拠があり、行うよう強く勧められる)

パン生地部分は、しっとりとしている中にもふんわりとしていること
推奨グレードB科学的根拠があり、行うよう勧められる)

クラスト部分にメロンのフレーバーがついていること
推奨グレードC科学的根拠はないが、行うよう勧められる)

内部にメロンクリームが充填されたものに関しては、美味しいというエビデンスが見当たらない
推奨グレードD無効性あるいは害を示す科学的根拠があり、行わないよう勧められる)

メロンパン





うちの犬も誤嚥性肺炎でした・・・(涙)
四つ足の動物は重力の助けがない分、GERDになり易く、胃酸を誤嚥し易いようです


最近、野菜のポタージュにはまっていますが
生クリームを使うので、ダイエットを常に 『心がけている』 娘にはちと不評です


  ハンバーグときのこのポタージュ  フィッシュフライと牛蒡のポタージュ






福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。