スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『すぐ効く・よく効く・なが~く効く』は怪しい

「インフルエンザみたいに、花粉症にも予防接種があれば良いのに、と思ってね~」  かおまる   
三年前に『花粉症デビュー』した 遊綱春代さん(架空の人物)は、今から
例年より飛散量が多いと言われているスギ花粉に戦々恐々としているようです

「確かお隣の奥さんが花粉症歴長かったと思って、回覧板持ってった時に聞いてみたの
そしたら『あるわよ、花粉症にならないようにする注射』って言うのよ」
  かおまる  
それは、ステロイドの筋肉注射のことだと思いますが、花粉症は免疫系の暴走疾患なので
注射で無闇に免疫系を抑え込んでしまうと、病原菌による感染に弱くなる恐れがあります

「お隣の奥さんも、その注射を打って大変な思いをしたからもう二度とやらないって」  汗  
体内機能の維持に必要な、性ホルモンや副腎皮質ホルモンなど、ホルモンの多くは
ステロイド骨格を持っていますので、外から大量のステロイドを投入すると、体が
『なーんだ似たようなものがあるじゃん』とホルモンの産生をサボるようになります

「お隣の奥さんは、半年も生理が来なくって心配して婦人科に行ったんだって」
  驚き1
それ以外にも、ステロイドの副作用はむくみや体重増加や糖尿病や胃潰瘍など沢山あります

「あちこちで反対意見を聞いて注射する気は失せたけど、そんな恐い注射何の為にあるの?」  かおまる  
ステロイド発見者はノーベル賞を受賞した位、ステロイドは奇跡の薬と呼ばれ
様々な難病に目覚ましく効くので、ステロイドのお陰で命拾いした人も大勢います
が、副作用も多い諸刃の剣なので『花粉症ごとき』で無闇に使うお薬ではないと思います

「お隣の奥さんも、病院で出して貰えるのみ薬や点鼻薬を使えばそれで十分よ、と言ってたわ」  スマイル2
今回の処方箋では、毎年この季節にのんでいらっしゃるアレグラというお薬が出ています
新たにフルナーゼという点鼻薬も加わりましたが、点鼻薬の使い方はご存じですか?

「去年までずっと市販薬使ってたから解ってるわ、でも高いから病院で貰うことにしたの」  かおまる 
市販のお薬は保険が効かないですからね~それに、ほとんどの市販点鼻薬には血管収縮剤
が入っており、瞬間的には鼻が通りますが、無理に血管を縮めるので、反発した血管が
再び広がって短時間で効果が薄れます   使用期間も一週間程度が限度とされています

「すぐ楽になるのでしょっちゅう点鼻してたけど、確かに効き目は長続きしなかったかも」  かおまる  
血管収縮剤を繰り返し使っていると、鼻の粘膜がぶ厚く変質して、徐々に効かなくなります

「もしかして、鼻づまりがひどい時用に病院から出して貰った点鼻薬が、血管収縮剤だった?」  驚き1
薬歴を見ますと、去年一度プリビナという血管収縮剤が出ていますが、その時もドクターは
長期連用はしないで、せいぜい一週間以内の使用にとどめるように釘を刺されていましたよね

「そうよ、だから本当に息苦しくて眠れない時しか使わないように気をつけてたけど
市販薬にも同じような成分が入っているなら、もっと慎重に使わなくちゃいけなかったのね」
  冷汗2
血管収縮剤を長期連用するとかえって鼻詰まりが悪化して『薬剤性肥厚性鼻炎』になります
花粉症には、フルナーゼなどの炎症を抑えるステロイドの点鼻薬が一番安全で適切です

「でも、ステロイドって『花粉症ごときには使わない』強いお薬って言ったじゃない」  ブー1
ステロイドでも点鼻薬ならば、体内には入って行かず、鼻粘膜だけで作用するので安心です
又、ステロイド内服薬も迅速に排出されるので、花粉症がつらい時にのむ分には大丈夫です
注射1本打てば花粉症のシーズンが乗り切れるということは、副作用もその間持続する訳です

「お隣の奥さんも、持効性注射は副作用が出ても途中で量を減らせられないから恐いと言ってたわ」    
そういう注射であることを充分理解した上で、事情があって打つ分には良いのでしょうが
花粉症に対するステロイド筋肉注射療法は、耳鼻科学会等ではあまり推奨されていないようですよ

「耳鼻科医も、一時的にエイズになるようなものだから、注射はしない主義なんだって
お隣の奥さんに聞くと、昔は花粉が飛び始める前から花粉症の薬をのんだんだってね」
  かおまる   
アレグラには、アレルギー反応を引き起こす物質が鍵穴にくっつかないようにする作用と
その物質が飛び出さないようにする作用の二つあり、後者の作用が効くのに二週間かかるので
以前は、花粉が飛ぶ二週間程度前からのみ始める『季節前投与』が推奨されていましたが
最近の研究で、前者の抗ヒスタミン作用だけでも初期症状を抑えられる事が判明した為
現在のガイドラインでは花粉飛散開始時か症状が出てから服用すれば大丈夫とされています

「もう花粉飛んでる? 昨日お隣の奥さんと外で随分長い間立ち話してたから気になって」  汗5  
雪も降りましたし、それで症状出ないならまだそんなに飛んでないかも知れませんね
但し、トップシーズンには外出は極力避け、お布団やお洗濯も外に干さないようにして下さい
「大丈夫よ、花粉症に詳しい『花粉症マスター』のお隣の奥さんがついてるから」  えへ5  


(感想) アルデシンAQネーザルのスイッチOTCには入っていないみたいですが
     従来の市販の花粉症点鼻薬にはほとんど血管収縮剤が入っていますね
     血管収縮剤入りの点鼻薬が原因の鼻づまりも結構あるそうです

(注) ケナコルトAの1バイアル(40mg)筋注後、血中濃度は3時間でピークとなり、
    3週間持続するそうです。一方、血中コルチゾール値は筋注後2週間の間0となり
    副腎皮質機能の抑制は3~4週間続き、排卵に与える影響については、
    卵胞期初期に投与した場合には排卵は2週間以上抑制され、再開は3~6週後になると
    報告されています。  (アレルギー情報センターHPのQ&Aより)

(参考) 厚労省HP『花粉症の疫学と治療そしてセルフケア』   
     アレルギー情報センターHP  
     篠原内科外科耳鼻科のHP  
     『ロックな耳鼻科』のブログ

花粉飛散開始に服用開始で良くなったのを、今回知りました ブログのお陰で勉強になります





キャロ王時代の終焉 ~我が家の愛犬キャロが先日天に召されました~

キャロ王の治世は11年間続きました
その間民に 
 ①犬と暮らす楽しさを啓蒙し
 ②犬がいれば、毛布を食いちぎられてもなんのそのだという事を実感させ 
 ③テレビが壊れれば買い替えがきくが、犬が死んだ時は飼い替えは出来ない、
  何故なら、犬にはそれぞれの『犬格』があって別々の犬だから、という哲学を遺しました  

花粉症でも無い主人が目と鼻を赤くしてクスンクスンしています (私は花粉症だから仕方ないけどさっ)  
  

  キャロ1
           在りし日の王の姿 
  写真で王冠のように見えてるのは、多分イチゴのヘタか葉っぱです 
  あとせめて一回、今年のサクラを見せてやりたかったなぁ~


  キャロ5  キャロ2
  6キャロ  キャロ7
  キャロ4  キャロ3








福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。