一旦は在庫を一掃する

(前回の続きです)
中社歴長代さん(架空の人物)は最近、泌尿器科にも通っていらっしゃいます

「おトイレの回数が多くってねぇ~ かおまる  年のせいにしてずうっとガマンしてたんだけど
同い年の友達が、今は薬で治るんだから諦める事ないよって、いい病院を紹介してくれて」

ここ数年、副作用の少ない頻尿治療薬が次々と発売されていますからね

「まずは、オシッコを貯めとくところの筋肉を緩めるお薬をのみましょうと言われて」  スマイル  
最初は、カルシウム拮抗薬と呼ばれるブラダロンというお薬が出ていますね
これは膀胱平滑筋に直接作用して収縮するのを防ぐ、一般的な頻尿治療薬です

「次に行った時先生に、効きましたか?って聞かれたから、友達みたいには楽にならない
ですねぇって答えたら、今度はオシッコを絞り出す神経を止める薬にしようと言われて」
  汗5
次の時は、抗コリン薬と呼ばれるベシケアというお薬に変わっていますね
これは膀胱を収縮させる自律神経の働きを抑えて、頻尿を治療するお薬です

「先生に、今度はどうです?って聞かれたから、全然良くならないですって答えたら  汗  
先生が首をかしげて、古いけど効きの良いお薬があるから変えてみるかと言われてね~」

次は、以前からある抗コリン薬のバップフォーというお薬になりましたね これは
カルシウム拮抗作用も併せ持つので、効くかも知れないと思われたんでしょうかね

「それでも効かねぇで、余計ひどくなってトイレに間に合わない事も出てきました  冷汗4
って訴えたら、先生が、喉が渇いて水を飲んだのかな?って言ってさぁ」

バップフォーは膀胱以外の所の自律神経にも作用するので、副作用として喉が渇き易く
その点を改良して、膀胱の神経だけに集中的に効くようにした抗コリン薬がベシケアです

「喉が渇くって薬の副作用の事言ったのか~私ゃてっきり糖尿病の事言われたと思ってね
もう何年もHbA1cが6%代だから、喉が渇いたりはしねぇですって答えたんだよ」
  ブー1
それでやっと泌尿器科医が、中社歴さんが糖尿病だということに気づかれたんですね

「先生がそんな大事な事は最初に言ってよ!驚き1 と、すぐに超音波で膀胱を見てくれたんよ」
その結果、膀胱内に大量の残尿が見つかって、溢流性尿失禁と診断されたんでしたね

「私ゃお腹に力を入れないとオシッコが出ないので、トイレに時間がかかっていたけんど
糖尿病を長く患ってると神経の働きが鈍くなって、オシッコを絞り出せなくなるんだって」
  かおまる    
溢流性尿失禁は、何らかの原因で尿を完全に排泄し切ることが出来ずに、常に膀胱内に
尿が溜まった状態
になり、オーバーフローした尿が溢れ出て来るタイプの尿失禁です

「バップフォーのんでた頃迄は、トイレでいきんでもちょっぴりしか出なくなり
オシッコが、膨らんだお腹の中に閉じ込められたままになってる感じがあったね」
  冷汗2
溢流性尿失禁の方が、尿の出過ぎを抑える頻尿治療薬をのめば、尿閉を起こし逆効果です

「先生は正反対の治療して悪かったねと謝ったけんど、友達と同じお薬下さいと頼んだ
私も良くなかったよね~それからは泌尿器科でもお薬手帳を見せる事にしたんだ」
  かおまる
それ以来、尿の通り道を拡げて出し易くするα1遮断薬の中で、唯一女性にも使われる
エブランチルと、膀胱の筋肉を縮めて尿を絞り出すウブレチドというお薬になりましたね
残尿があると尿が逆流し易く、バイ菌が腎盂や腎臓に入っていく危険性が増しますのでね

「孫も、トイレ行ったら膀胱の中身をそのつど在庫一掃しないとダメなんだよって言った
私ゃ膀胱だけじゃなくて、胃や胆嚢の中身をギューッと空にするのも苦手なたちでね」
  うへー  
胃や膀胱や胆嚢などの内臓の働きは、自律神経によって調節されていますので
神経細胞が傷つきやすい糖尿病の方では、それらの動きが障害を受け易くなるのです
その為、胆汁を排出する機能も滞り、糖尿病があると胆石も出来易いと言われ
中社歴さんも、胆石を溶かす目的でウルソというお薬ものんでいらっしゃいますよね

「孫が、自分のお古のパソコンのシーピーユーとかオーエスとかを入れ換えれて
新品同様にして私にくれたけんど、人間の体も部品を新品と取り換えられたらいいのにね」
  かおまる
リリー社に50年インスリン注射なさっている方を表彰する制度があるくらいですから
インスリン注射を打ちながら妊娠・出産を乗り越えてこられた中社歴さんは立派ですよ

「確かに、今、可愛い孫がいてくれるのもインスリンがあったおかげさね~  えへ5  
今度は『目盛り』も増やしてくれるそうだよ、その為に『バイト』するようなこと言ってた」

優しいお孫さんがいらして本当にお幸せですね~


(注) 日経メディカルオンラインによると、2010年3月1日付けで
    溢流性(いつりゅうせい)尿失禁にウブレチドを使用する場合は1日5mg迄となりました
    コリン作動性クリーゼの副作用の為のようですが、私の知る範囲では
    ウブレチドをのんでいらして便秘がちという方が2例ありました
    人の体って決して教科書通りじゃないですね・・・

    一方で、名古屋大学の教授は、高齢者の膀胱収縮障害にウブレチドやベサコリンなどの
    コリン作動性薬剤は、リスク・ベネフィットを考えると用いるべきではないというお考えでした

    でも、糖尿病で残尿が大量にあるタイプの方では最終的に細菌性の腎機能障害に陥り易く
    やはりコリン作動性薬剤を使わざるを得ないという見解の先生も多くいらっしゃいました

(参考) エブランチルのサイトの「女性の尿排出障害の診断と治療」
      他の泌尿器科HP





暑くても食欲が全く落ちない我が家はあっぱれですかね?
カレー味のひき肉入り餃子と野菜入りのエビチリ
肉巻きは好きなので暑くても食べられます
夏らしく? 大根入り筑前煮とゴーヤチャンプル

カレー味の揚げ餃子  肉巻き焼き  大根入り筑前煮・ゴーヤチャンプル


うちの犬は家族の誰かが寝ていると、傍にピタッと寄り添って寝るのが大好きです
その為寝返りが打てません

キャロ・お昼寝お相伴


我が家に iPad がキターーー
お盆帰省でおばあちゃん達にプレゼンしよう~

iPad






福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 

スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード