尋常ならざる小学校

インスリン注射のベテラン 中社歴長代さん(架空の人物) は注射の銘柄が変わりました

「今迄使っていたものは、メーカーの都合で作らなくなったって言われたからさ~」  かおまる 
ノボ社製のペンフィルRは今年3月で製造中止になりましたからね

「先生がおっしゃるには、カートリッジ交換の面倒がないから使い捨てのにすっかって」

ペンフィルRと全く同じ製剤で、使い捨てペンタイプノボリンRがありますね

「それとも、カートリッジのままが良ければ、他のメーカーが出してるのがあるけどって」
リリー社という別会社のヒューマリンR注カートに変えても同じインスリンですね

「私ゃ尋常小学校しか出とらんから、そっだら難しい事は分かりませんよ~ かおまる  と
言うたけんど、使い捨てってエコじゃないねぇ~と思ったし、別会社のに乗り換えると
新しいペンを買うようだから、長年慣れ親しんだペンが良いですってお願いしたんだよね~」

それで同じノボ社製のノボラピッド注ペンフィルになったんですね、同じヒトインスリンでも
ノボ社はイースト菌、リリー社は大腸菌を使って作らせていますので、菌由来の微量成分が違い
ノボ社製品でアレルギーが起きなくてもリリー社製品だと起きるとか、その逆もあるそうです

「それでも、ブタインスリンの頃から見りゃ、アレルギーはだいぶ減ったわなぁ~」 かおまる 
動物由来のインスリンを使っていた時代もあったようですが、1980年代後半からは
遺伝子組み換え技術により、人間と全く同じインスリンが作られるようになりましたからね

「バイ菌を調教してインスリンを作らすなんて、凄い事考える人がいたもんだわな~」  かおまる  
でも、今回から変わったノボラピッドは、人間のインスリンをさらに進化させて
アミノ散配列を少し変える事で、打って15分で効くようにした超速効型インスリンです

「今迄のはご飯の30分前に打たんといかんかったから、だいぶ楽になるわな~」  えへ4
ヒトインスリンの方が天然もので安全なように思えますが、皮下に注射して血管から吸収される
ように工夫された製剤ですので、生理的な分泌のタイミングとは違ってくるのです

「どんなに人間のインスリンの出方を真似しても、そりゃ本物には敵わんわな~  汗1  
インスリンは門脈というところにドバッと出て来てまず肝臓に働くが、インスリンを
注射しても血管に入るだけだから、肝臓にはあんまり届いていないというからねぇ」

おっしゃる通りで、中社歴さんはインスリンの基礎分泌に当たるランタスを一日一回と
食後の追加分泌に当たるペンフィルRを一日三回打っていらっしゃいますが、それでも
生理的なインスリンの門脈・末梢血中濃度比は、注射では再現出来ないと言われています
それにしても50年近くインスリン注射なさっているとはいえ、随分お詳しいですね

「孫がパソコンを教えてくれて、今じゃノボケアニュースがお気に入りに登録されとるんよ」  えへ5      
凄いですね! でもHbA1c6%代の良いコントロールをずっと続けていらっしゃるので
インスリンが超速効型になったことで、コントロールが乱れないように気をつけたいですね

「先生も同じことおっしゃってさ~私ゃ食前の血糖値が高いことがあるもんで、昼ご飯の前に
胃の中を超音波で見て貰った事があるんよ、そしたら朝食べた物がまだ残ってたんだとさ~」
  冷汗1 
それは糖尿病歴の長い方に起き易いガストロパレーシスというもので、消化器を司る自律神経が
鈍り、食後時間が経ってから胃から腸に食べ物が送り込まれて血糖値を上げてしまう現象です
それで、ずっとガスモチンという消化器の運動を促すお薬をのんでいらっしゃったんですね

「今回、韋駄天走りのインスリンに変えたので、又新しい薬を足してのむように言われたわ
バイ菌に効く薬だけどねって言われたけんど、なんでそんなもんが効くんかなぁ?」
  かおまる
今回エリスロシンという抗生物質が新しく出ていますね
確かにこれは通常バイ菌に使うお薬ですが、消化器の働きを促進する作用もあるのです
消化器には、空腹時の1~2時間ごとに胃から始まって回腸末端まで移動していく
周期的な収縮運動があり、これを空腹期肛側伝播性強収縮帯(IMC)と呼んでいます

「少なくなったハミガキチューブをギューッと絞り出すみたいな感じかな~?」  スマイル  
そんな感じですね、このIMCを起こしているのはモチリンという消化管ホルモンなの
ですが、エリスロシンがモチリンと同じ働きをする事が分っているのです

「うち帰ってネットでググってみようと思ったけんど、教えて貰ってよう分ったわ~」  かおまる 
凄いですね! 本当に尋常小学校しか出ておられないんですか?

「貧乏人の子沢山のうちやったからね~でも妹はタイピスト学校行ったから、タイピング
だけは妹に教わったんよ、そしたら孫が、それならパソコンもいけるよって言ってね~
私ゃ自律神経ちゅうとこが鈍ってきて、膀胱をギューッって絞り出すのも苦手なんやわ~」
  かおまる  
(次回に続く)


(注1)糖尿病でも初期は自律神経障害がなく、胃排出能はむしろ亢進しており、
    早食い傾向で、急激に上がる血糖にインスリンの分泌が追い付けなくなっているので
    胃運動を鎮める事によってコントロール良好となる時期もあるそうです (αGI等)

(注2)エリスロシンのモチリン様作用は、抗菌作用が期待できないような少量投与で発現するそうです
    
    糖尿病性ガストロパレーシス(胃アトニー)には、ガスモチン、ガナトン、ナウゼリン、
    プリンペラン等の消化管運動賦活薬と共に、エリスロシン600mgを併用したりするそうです
    (保険適用外)

    尚、クラリスロマイシンのモチリン様作用はエリスロマイシンの1/5程度だそうです
    
    モチリンは22個のアミノ酸よりなるペプチドホルモンで、N末端の構造が
    14員環マクロライドのラクトン環の構造に酷似しており、
    エリスロマイシンがモチリン受容体刺激作用を持つようです

(参考)「糖尿病性自律神経障害の症状」本郷道夫、後藤由夫  他





インスリン発見には、バンティング、ベスト、コリップ、マクラウドの4人の人物が
かかわったとされています
そして、忘れてならない、実験犬のマージョリーも!

インスリン発見犬   インスリン発見しない犬



最近、今更ながら、卵の底力に感動
豚の生姜焼きに目玉焼きを乗っけてロコモ風に
カニ玉は、カニカマを使った方が、カニの存在感?があるし、何より安上がりです
焼肉で焼きうどんをしましたが、温泉卵を混ぜると美味しい~
うどんは患者さんからの頂きもの

生姜焼き目玉焼きのせ カニカマのカニ玉 焼き入り焼うどん温泉卵のせ






福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
スポンサーサイト

本当に危険なのは 無自覚 ゆえに 未治療

手弐汗 握流さん、今回初めて出たプロ・バンサインというお薬は
あいにく今在庫がなくて、問屋さんから届くのは夕方になるそうです

「じゃ、夕方又とりに来るよ  すぐに必要な薬じゃないしね」  スマイル2  
普段はお父さんの処方箋を持って来られますが、今日は珍しくご自分のですね

「俺こう見えて緊張症の汗っかきでね、夏場なんか特に汗が半端なく噴き出して
ぬぐうのも大変になるし、電気を扱ってるから漏電したらまずいしね」
  うへー
プロ・バンサインは通常は痙攣性の胃痛などに使われる自律神経遮断薬ですが
発汗を促している自律神経にも効くところから、多汗症にも使われますものね

「医者は『汗は体温が上がった時にクールダウンする為に出るもので、その
サーモスタットに当たる自律神経を無闇に止めるのはあまり良くないんだよ』
とは言いながらも『まっ、たまに使う分にはいいか』って出してくれた」
  かおまる 
服用後30分程で効果が現れますが、処方箋には週に一度位使用となってます
でも、汗をかくべき時にかかないと、熱中症にもなり易いので気をつけて下さいね
そういえば手弐汗さんちは、ご家族で電気工事のお仕事をなさっていましたよね

「オヤジもやっと現場復帰出来たよ、リウマチの調子がだいぶ良くなってきてね」  えへ5    
お父さんは、3錠のんでいらしたプレドニンも最近は1錠で落ち着いていますものね

「緑内障も治ったしね、オヤジが緑内障の目薬持って工具箱探してるから、どしたの?
って聞いたら、目薬が出ないからペンチで穴開けるって言うんで、フタを一回奥まで
閉めたら穴が開く方式なんじゃねぇの? って教えてやった、全く世話が焼けるよ~」
  汗  
それは、薬局でお父さんにもっと丁寧にご指導するべきでしたね

「治ってから『今だから言う訳じゃないけど、プレドニンのんでると緑内障になる
こともある』って医者に言われたけど、薬の副作用でそんなこともあるんだね」
  驚き1
確かに、プレドニンなどのステロイド薬で眼圧が上がってしまう体質の人があり
ステロイド・レスポンダー(ステロイドに反応し易い人)と呼ばれていますが
眼圧上昇はステロイドの軟膏や点眼薬で起き易くのみ薬で起きることは稀です
薬をやめれば治るのですが、リウマチの薬をやめる訳にはいきませんからね

「そりゃ仕方ないわな~オヤジにとっちゃプレドニンは命綱だもん」  かおまる
普通緑内障になると一生点眼薬をさしますが、お父さんは点眼薬さす必要がなくなって
良かったですね、プレドニンの量が減ったのも幸いしたのかも知れませんが

「汗止め薬も自律神経抑えるから、色々な副作用が出る可能性はあると言われた」  かおまる 
プロ・バンサインなどの抗コリン薬も、緑内障の人がのんではいけない薬とされています

「自律神経を止めると、汗も止まるけど、眼圧も高くなるのか?」  驚き1 
ステロイド薬は長期使用によって、特にレスポンダーの人では眼圧が上がりますが
抗コリン薬は、一回の使用でも急激に眼圧が上がる急性緑内障発作を起こすことがあります

「緑内障の人が汗止め薬をのんだら危険だね」  冷汗2
しかし抗コリン薬で眼圧が上がるのは、目の房水の出口である隅角が狭いか閉じている
タイプの閉塞隅角緑内障で、開放隅角緑内障で悪影響が出るのはごく稀なことだそうです

「緑内障の中でも閉塞隅角の人だけが気をつければいいのか」  かおまる  
ところが、閉塞隅角緑内障は見つかり次第、レーザー虹彩切開術や手術で房水のドレインを
良くして眼圧が急激に上がらない様に治療
するそうですので、現実的に一番危険なのは
閉塞隅角や狭隅角があるのに、それを知らずに抗コリン薬を使用する場合なのです

「自分では緑内障じゃないと思っている人の中に、本当に危ない人が潜んでいるんだね」  かおまる  
閉塞隅角の確率は0.6%だそうですので、そういう人は200人に1人程ですが
眼科で隅角鏡を使って隅角検査して貰うと、閉塞隅角や狭隅角があるかどうか分るそうで
抗コリン薬を使う前には隅角検査をするべきだという眼科医もいる位なんです

「薬が届くまでに時間があるから、眼科行って診て貰ってこようかな~」  かおまる
胃のレントゲンの時、胃の動きを抑える為に打つブスコパンという注射も抗コリン薬なので
その時に急性緑内障発作を起こして、初めて閉塞隅角と分る人もあるようです

「胃のレントゲンなら何度も撮ったけど何事も起きたことないから、俺は大丈夫か~  えへ4  

あっそうだ、やっぱ薬は明日とりに来る  オヤジが現場復帰して凄く喜んだオフクロが
今夜は大奮発してステーキにするから早く帰るよう言ってたのを、すっかり忘れてたよ」

今日は現場復帰祝いですか、お母さんご主人の体調をとても気遣っていらしたから
「いや~オヤジと事務所で一日顔合わせてるのが余程ストレスだったらしいよ」  かおまる



(注1) 厚生労働省に報告される急性緑内障発作事例は、平成18年で8例、19年で11例
     あったそうで、原因薬剤の中には、抗コリン薬やステロイド薬以外にも、
     エビスタ、アマリール、プラビックス、ARBなどもあります。

(注2) 多治見スタディによる40歳以上のデータによると、全緑内障患者が人口の5%で、
     うち正常眼圧緑内障を含む原発開放隅角緑内障が3.9%、原発閉塞隅角緑内障が0.6%
     続発緑内障が0.5%だそうです

(注3) 抗コリン薬は、他にも、抗ヒスタミン薬、三環系抗うつ薬、頻尿治療薬、
     BZ系・非BZ系睡眠薬、等々多数あり、
     添付文書中には『(閉塞隅角)緑内障禁忌』と記載されています。

(注4) 数年前、シオノギさんのDIにお聞きした時は、PL顆粒で急性緑内障発作を起こした人は
     1000万~2000万処方例中3例で、いずれもそれまで緑内障と気づいていなかった人
     だそうです。尚、前立腺肥大の尿閉は、2~3例あるが、PL顆粒をやめれば回復するそうです。

(注5) 胃のレントゲンや胃カメラの時に前立腺肥大症や緑内障の為ブスコパンが使用できない場合、
     代わりに消化管蠕動抑制作用があるグルカゴンを使用するそうです。
     が、血糖上昇ホルモンなので糖尿病の人には良くないですし、薬価が高いそうです。

(参考) 日本眼科学会HPのガイドラインの緑内障治療ガイドライン第2版
     厚生労働省の重篤副作用疾患別対応マニュアル 緑内障 平成21年5月
     その他、眼科医院のHP
     多汗症に関してはNTT東日本・関東病院のHP

(訂正) 最初「眠気の抗コリン薬を高所作業時使用」という話になっていましたが
     それじゃ、疑義照会対象だろうということで、少し話を変えました
     訂正してお詫びします
    




  キャロ夏バテ

そりゃこんな小さな面積にしか汗腺がないんだから仕方なかろう・・・
犬は肉球にしか汗腺がないと言いますよね?   原因は君が毛玉野郎だからだよ

  キャロ肉球    キャロ居直り






福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード