風邪につける薬

酸素カニューラのついた眼鏡をかけ、携帯用酸素のリュックを背負ったいでたちの
尾傍荷酸素さん(架空の人物)は、在宅酸素療法をしていらっしゃいます

「おじいちゃんの人工呼吸器もダースベイダーみたいならカッコ良いのにって孫が言うから
てやんでぇ、じいちゃんはこれが気にいってんだって言い返してやった」
  ブー1  
お孫さんは、先日インフルエンザでいらっしゃいましたがその後いかがですか?

「もう、学校行ってるよ 俺はいち早く予防接種を打って貰ったから助かったけど
今回の新型インフルエンザは猛威をふるってるね~孫の高校は学年閉鎖にもなったよ」
  かおまる
慢性閉塞性肺疾患(COPD)の人は風邪やインフルエンザにかかると重症になり易く
又、COPD自体も悪化させてしまうので、予防接種の優先順位が高かったんですね

「この病気の人が風邪やインフルエンザになると、下手すると命取りだからね」  驚き1  
COPDの治療の基本は気管支を広げて空気の通りを良くすることで、尾傍荷さんは
一日中効いているスピリーバという吸入薬の気管支拡張剤を使っていらっしゃいますね
内服薬では、細菌感染を防ぐ抗生物質のクラリスと、痰のキレを良くするムコダイン
出ていますが、今回新しく、タケプロンという胃酸を抑えるお薬も出ています

「胸が痛いので『先生、俺とうとう心臓まで悪くなっちまった』って言ったら
心臓じゃなくて、食道の閉まりが悪くなって胃酸が上がってきてるだけなんだとさ」
  汗  
胃酸が逆流すると、食道は胃壁のように胃酸に対する防御粘液を出せませんので
ただれて炎症を起こし逆流性食道炎となってしまいますが、症状が狭心症と混同され易く
医師ですら、逆流性食道炎を心筋梗塞と勘違いして入院した人がいらしたそうです

「医者でも間違うんじゃ、素人の俺にわかる訳ないやね~」  汗5    
胃酸が気管支の方に吸入されると大変ですので、早く治療した方が良いですね

「気管支に胃酸が入ったらヤバいね~でも不思議と家中で一番風邪引かないのは俺だね
この病気になってからは自分でも随分気をつけてるからだろうけど」
  スマイル2  
ひょっとしたら尾傍荷さんに出ているお薬が、風邪を防いでいるのかも知れません

「インフルエンザにはタミフルが効くけど、風邪に効く薬は無いんじゃないの?」  かおまる  
通常感冒の50%近くがライノウイルス(鼻風邪ウイルス)によるものですが
風邪から、中耳炎や気管支炎や肺炎などの細菌性の二次感染を引き起こす事が多いので
ウイルス性の風邪なのに、抗生物質が処方される事もあるのはその為です

「孫のインフルエンザでも、タミフルの他に俺と同じクラリスが出てたな・・・」  かおまる  
このウイルスには百種類以上あり、その90%は人の気道上皮細胞にあるICAM‐1
という受容体にくっついて侵入し、残りはLDL‐Rを受容体としていると言われます

最近の研究で、クラリスなどの14員環系マクロライドに属する抗生物質や
喀痰調整剤のムコダインタケプロンなどのプロトンポンプ阻害胃酸抑制剤などが
このICAM‐1を減らして、ライノウイルスに感染し難くしている事が解りました

「抗生物質を毎日のむなんて抵抗あったけど、風邪の予防にもなっていたのか」  かおまる  
毎日のむといっても、菌を殺せない程の少量ですので、悪い菌が体内に侵入するのを
防いでくれている善玉細菌叢には影響せず、安全ですし、14員環系マクロライドは
本来効き目の無い菌に対しても効くので、殺菌以外の特殊な作用があるようなのです

「クラリスはバイ菌の出すスライムを分解するってこの薬局で教わったよ?」  かおまる
確かに14員環系マクロライドは、菌がまとっているバイオフィルムを壊すのですが
それ以外にも、免疫反応を調整したり、炎症を鎮める効果もあると言われています

「俺の肺は慢性的な炎症を起こしてるから、クラリス治療があってるんだな」  かおまる  
インフルエンザにかかって不幸にして重症化する場合がありますが、これは
ウイルスのせいというよりも、ウイルスをやっつけようとして、免疫反応が過剰に
発動した結果
、肺など自身の組織まで傷つけてしまっている事が原因らしいのです

14員環系マクロライドには、感染初期には免疫反応を上げ、感染後期には逆に
免疫の暴走を抑えて正常化する効果があるので、感染の重症化を防ぐと言われています

「だから、孫のインフルエンザの時にも、先生がクラリス出してくれたんだね  えへ4  
クラリスが俺の気道を守ってくれるおかげか、今日の酸素飽和度も93%だったよ」

そう言えば、お孫さんのテストの点数と競争なさっているんでしたね
「孫はインフルエンザで調子狂わしたので、今回は俺の圧勝だな~ワハハ」  えへ3    

(注) 14員環系マクロライドやプロトンポンプ阻害剤やムコダインの他に
    ステロイドもICAM‐1受容体の発現を抑制してライノウイルス感染を抑制しているそうです
    ステロイドをのんでいると感染症に弱くなるので、風邪をひき易くなると思っていましたが
    良い意味で裏切られた気分です

    これらのお薬は、RSウイルスインフルエンザウイルスに対しても感染抑制効果が
    あるのではないかと、現在研究調査が進んでいます





    寒いですね~うちの犬は丸くなってまるで猫のようです

    丸くなるキャロ
    


仕事して疲れて帰ってすぐ夕飯作り・・・主婦って大変でしょ?
だからというのもなんですが、つい自分の好きなものばかり作ってしまいます

エビマヨ  ミートスパ  ロコモどんぶり






福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード