膵臓を元気にするホルモンのインクレチン

~前回のブログの続きで、架空の会話形式で説明しています~

インスリンを出している膵臓のβ細胞は僅かずつですがターンオーバー
していて、肥満や妊娠などで必要なインスリン量が増えても
ある程度まではβ細胞を増やして対処できる許容範囲があるのです
「β細胞は減っていく一方じゃなくて新しく生まれてきたりもするんだね」 えへ3
 
でも、膵臓が高血糖に曝されるとこのβ細胞の新生すらも衰えてくるそうです
「ひえ~っ、やっぱり、なんとしてでも血糖は下げなきゃなぁ」 驚き1 

ここで質問です。 ブドウ糖を口から摂取したのと、直接静脈に注射
したのとでは、どちらがたくさんのインスリンが出るでしょうか?
「膵臓は血液中にブドウ糖が増えてきたことを察知してインスリンを
出すのだから、静脈注射した方がたくさん出るに決まってるでしょ?」

逆です。 ブドウ糖を経口摂取した方がたくさんインスリンが出るのです

それは、食物を吸収した信号を受けて消化管からインクレチンというホルモン
が出て、膵臓を刺激してより多くのインスリンを分泌させるからなのです   
そして、このインクレチンがβ細胞も復活再生させているといわれています
「インクレチンって初めて聞いたけど、正義の味方っぽいホルモンだな~」 えへ4

インクレチンには、十二指腸や空腸のK細胞から分泌されるGIP
もっと先の消化管のL細胞から分泌されるGLP-1があり、インスリン分泌を
促す作用は共通ですが、GIPには体重を増やす作用もあります
「やっぱり、インクレチンは悪の手先ホルモンなのか?」 うへー

ところがGLP-1の方は色々とよい働きをしていることがわかってきました
①食べ物が入ってきた信号を受けてインスリンの分泌を促進する作用
②インスリンを分泌する膵臓のβ細胞を保護して増やす作用
③血糖を上げるホルモンのグルカゴンの分泌を抑える作用
④食欲抑制作用、つまり体重を減らす作用
⑤心臓にも働きかけて、心臓の細胞を保護する作用
「つまりインクレチンには悪玉と善玉があるってことか? ややこしいな
その善玉のインクレチンをどんどん増やせたらいいのにね」
 汗5

ところが、GLP-1は体内でDPP-Ⅳという酵素によって分解されてしまうのです
「よくある展開だよ、善玉はすぐにヒール役にやっつけられそうになるんだ」 ブー1

そこで、GLP-1のそっくりさんだけどDPP-Ⅳで分解されないもの
(GLP-1アナログ)と、DPP-Ⅳの働きを邪魔することで体内のGLP-1を
長持ちさせようというもの(DPP-Ⅳ阻害剤)が医薬品として考え出されました
「そうこなくっちゃ! 最後に正義は勝つという展開じゃないとね~」 スマイル

GLP-1アナログは注射薬、DPP-Ⅳ阻害剤は錠剤で、現在申請中です
「まだ、申請中なんだ・・・でも、どんなにいい薬が出てきても、僕に出して貰える
とは限らないし、自分から医師に処方してくれという訳にもいかないし・・・」
 汗

ところが、坂本さんの今のお薬にGLP-1を増やす効果があるらしいんですよ
「ええっ?! それは本当なの?」 驚き1

GIPは十二指腸での食物吸収刺激により分泌され
GLP-1はもっと先の方の消化管での食物吸収刺激により分泌されますので
食べ物の吸収を遅らせてより下流で吸収させる効果を持つグルコバイ
自然とGIP分泌を減らしGLP-1分泌を増やしているそうです
実際にグルコバイは心筋梗塞を防ぐ効果があることが報告されています
もしかしたら、坂本さんのβ細胞も少しずつ蘇ってきているかもしれませんよ

「そうか~そんなにいいお薬とは知らず、のみ始めの頃は、医師に
おならが増えたとか、腹が張るとか、メシの度にのむのは面倒だとか
さんざん文句言っちゃった。  最近はそういうこともなくなってきたけどね
それにしても、壊死した膵臓が蘇るかもしれないなんて夢のようだなぁ」
 えへ5

しかもインクレチンのいい所は、食べ物を吸収した信号が来て初めて
インスリンを分泌させますので、低血糖は起さないといわれているのですよ
「やっぱり、僕が最初ににらんだとおり、インクレチンは正義の味方だったんだ」 スマイル2

(注)インクレチン関連薬として、GLP-1の働きを高めるお薬が発売される予定で
DPP-Ⅳ阻害剤として sitagliptine と vildagliptine と saxagliptine が
GLP-1アナログとして liraglutide と exenatide が現在申請中です



     梅畑1      梅畑2

こちらは埼玉南部地方ですがが咲いています
自宅の近所ですが、甘いにおいが漂ってきて幸せな気分になります
春はもうすぐそこまで来ているんですね
(その分花粉が飛んでいますが・・・)

福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
スポンサーサイト

『膵臓』には『期末で頑張る』がない

~薬局でよくある疑問について架空の会話形式で説明しています~

糖尿病の初期段階では、食後に膵臓から分泌されるインスリン
人よりちょっと遅れ気味になっているだけという方が多いのですが
中学教育に携わって25年の坂本金六(仮名)先生もその一人です
食前にグルコバイという食べ物の吸収を遅らせるお薬をのんで
血糖の上昇を緩やかにして、遅れて出て来るインスリンと歩調をあわせて
糖尿病の検査値であるHbA1cを正常範囲に保っていらっしゃいます

「いや~参った、参った  今受験シーズンの真っ只中でしょ? 汗 
だもんで、推薦書や内申書やらと書類書きに追われてしまって
気づくともう三時をまわってたりするから、つい昼メシぬきになってね~」

そういう訳で、お昼分のグルコバイがかなり余ってきているそうです

グルコバイはお食事が召し上がれない時はのまなくていいのですが
なるべく規則正しくお食事される方が糖尿病管理の点では望ましいですよ
「わかっちゃいるんだけどね~ 生徒達のことを考えるとつい
自分のメシなんか二の次になっちゃうんだよね~」
 えへ4
確かに、お仕事に追われている時はお昼召し上がれない方は多いです

「僕ぐらいに長く勤めていると、教え子の同窓会に呼ばれることも多くてさ
中学時代にゃ、お前には手を焼かされたなぁ~なんて奴が、社会に出て
案外立派に頑張っていたりするとジ~ンと目頭が熱くなってきてね~」
 泣き1
確かに、私の同級生でも、十代の頃単車を非合法的に超激しく乗り回して
いたけど、大人になったら家族思いの実直なサラリーマンになった人とか
高校中退したけど大検受けて大学に進みその後順調にいってる人などあります

「だから、若い人の芽をなるべくつまないで良いほうに伸ばしてやりたいよ」
確かに、中学高校時代に少し位ドロップアウトしていたような若者でも
どこかで一念発起すれば人生の軌道修正が出来るということはよくあります
ところが、若者の若気の至りと違って、そうは問屋が卸さないのが『膵臓』
一旦悪くなってしまった膵臓はもうやり直しがきかないのです

「へぇ? 病気って数値が正常化したら治るものじゃないの?」
病気によってはそういうものもございますが、糖尿病は違います
長年高血糖に曝された膵臓の細胞は少しずつ壊死していっているらしく
SUIT指数から推測される膵臓細胞残存量は、糖尿病ののみ薬のんでいる方で
およそ半分、インスリン注射を打っている方で四分の一といわれています

「えぇ~? 勘弁してよ~ じゃ、僕の膵臓も半分くらい駄目になってんの?」 驚き1
膵臓細胞の壊死を食い止める最良の方法は、膵臓をお砂糖漬けの状態から
解放してあげること、つまり適量の食事と適時の運動と、時には薬剤なども
利用しながら血糖値を正常な状態に保つことです 
高血糖状態を糖毒性といい、一番膵臓にダメージを与えるらしいですよ

「僕は薬の助けを借りてだけど、何とか血糖値は正常だからいいけど 汗1
糖尿って言われているのに、あと2年で退職だから仕事を辞めてから
治療に専念すると言って、病院にも行かない同僚がいるので心配だな
」  
元の状態に戻れることを可逆的、戻れないことを不可逆的といいますが
膵臓の悪化はまさに不可逆的変化なので、後になってからどんなに
しゃかりきになって頑張っても
、元に戻すことは大変難しいといわれています
坂本先生の教科の英語だと point of no return という表現になります

「じゃ、同僚にも一日も早く病院に行くように勧めるよ 冷汗4
それにしても、生徒達には中間テストが悪くても期末を頑張れば
盛り返せるじゃないかと励ましているんだが、糖尿病では後から頑張って
挽回するってことが出来ないんだね 膵臓が壊死してゆくんだからね・・・」

けれども、朗報があるんですよ! 
駄目になった膵臓を蘇らせるかもしれないという夢のようなお薬が開発され
現在治験中なのです! しかもグルコバイにそれと同じ効果があるのです

「えっ! じゃ、僕の膵臓も少しずつ蘇ってきているの?」 スマイル2
このお薬をきちんとのんで頂きさえすればですが・・・(次回につづく)



家族の誕生日なのに仕事で遅くなってしまった時に重宝なのがちらし寿司です
寿司飯を作り、お刺身を載せるだけでお祝いっぽく?なります
海苔と大葉と錦糸卵の下で、見えにくいですが、あぶりサーモン、甘エビ、イカ、イクラが入っています
     散らし寿司      ギョウザ
冷凍ギョウザ(中国産ではなかったと思う)でも、小麦粉水でお花を咲かせてやると
見た目だけでも豪華な感じになります

               チョコタルト
バレンタインデーに娘の作ったチョコタルトは甘さ控えめで私好みでした

福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 

体の鉄筋の耐震強度はいかがですか?

~薬局でよくある疑問について架空の会話形式で説明しています~

アクトスという糖尿病のお薬をのんでいらっしゃる骨山堅子さん(仮名)
マンションの大規模修繕委員を引き受けて、とてもお忙しそうです
「ついでに前から気になっていた構造計算書も調べて頂いて
うちのマンションの鉄筋が耐震基準を満たしているとわかって安心したの」


よかったですね。 そういえば、糖尿病があると、体の中の鉄筋である
骨の強度が低下しやすくなりますので気をつけてくださいね
「あら、糖尿病が骨によくないなんて初耳だわ。 女性は更年期になると
ホルモンの関係で骨が脆くなるっていうのは知ってたけど」


骨は体の構造を維持する以外に、血液中にカルシウムを
供給する役割
もあり、古くなった骨は破骨細胞によって破壊され
カルシウムやコラーゲンなどが血液中に溶け出します

逆に、骨芽細胞が活性化すると血液中からコラーゲンやカルシウムが
集まってきて、新しく骨が形成されるという骨代謝サイクルを繰り返して
常に、古い骨が新しいものへと生まれ変わっています

この破壊と形成のバランスが崩れ、骨が溶ける量が作られる量よりも多くなると
骨がスカスカになり骨密度の低下した骨粗しょう症と呼ばれる状態になります
女性ホルモンのエストロゲンは、破骨細胞を抑え骨芽細胞を元気にしますので
エストロゲンの分泌が減る更年期以降では骨粗しょう症になりやすくなります  

「そうそうそう、だから私も、整形外科で骨密度を測ってもらったのよ
でも全く正常だったわよ~」
 笑顔
ところが、骨の強度には、骨密度だけではなく、骨質が重要なのです

「骨質・・・初めて聞いたわ つまり量もさることながら質が大切ってことなのね」
血糖を下げるホルモンのインスリンは骨芽細胞を増やし、腸での
カルシウム吸収に必要なビタミンDを活性化しますので、骨密度を増やします
従ってⅠ型糖尿病の場合は、インスリンそのものが不足していますので
どうしても骨密度が低下してしまい、骨折のリスクも高くなります

けれどもⅡ型糖尿病の場合は、骨密度が高いとか低いとかは一概に言えず
Ⅰ型に似てインスリンの分泌の悪いタイプの方もありますが
インスリンはちゃんと出ているか、むしろ出過ぎているのにその働きが悪いという
『インスリン抵抗性』のタイプの方だと、血液中のインスリン濃度が多くなり
骨密度は、糖尿病のない人よりもむしろ高くなっているのです

「そうそうそう、私もそのタイプなのよ、インスリンが出過ぎっていわれるわ」 あんぐり
しかし、HbA1cが高いと、たとえ骨密度が十分にあっても骨質が悪くなるのです

骨の構成成分であるコラーゲンは骨の柔軟性を保つ役割の蛋白質なのですが
血液中で高血糖にさらされると糖がくっつき、糖化コラーゲンとなってしまいます
その糖化コラーゲンを原料として新しい骨が形成されると骨質が悪くなり
骨密度が高くても、トータルとして骨強度が低下して骨折の危険性が増すのです

「じゃあ、骨密度が正常だからって安心できないのね。 どうすればいいの?」 kao06
まずは糖尿病の指標であるHbA1cを正常範囲にコントロールすることが大切です
その為に運動して頂くと、骨を丈夫にもしますので一石二鳥です
一日30分ほど日光に当たると骨の形成にはいいので、出来たら外を歩いてください

又、食事療法を頑張りすぎてカルシウムの摂取量までも減っている場合が
結構ございますので、カルシウムは意識して摂るようにしましょう
当店では、カロリーを控え目にしてカルシウムだけを摂取できるようにした
『カルシウム・ウエハース』 を取り扱っております。 なかなか美味しいですよ!

網膜症による視力の低下糖尿病性神経障害があると、転びやすくなり
それも骨折の危険因子となりますが、骨山さんはそういった心配はなさそうですね
「おかげさまで今の所はHbA1cも正常範囲だからね
でも大規模修繕委員の会合が忙しくて、最近ウォーキングをサボっていたから
これからまた頑張らなくっちゃ」
 kao03

以前から統計的には、糖尿病があると骨折しやすいのではないかとは言われて
きたのですが、最近ようやく原因が究明され、その対処法もわかるようになりました
昔は何もわからない暗黒時代でしたが、健康維持しやすい時代になっております
「そうね、せっかくマンションが耐震耐火設計でも、逃げる途中で転んで骨折したら
意味ないものね~ 気をつけるわ~」
 kao02



当店人気発売中!!!  カルシウム・ウエハース です
成人で一日600mgのカルシウム摂取が理想といわれますが
一枚に200mg天然カルシウムが入って驚きの25Kcal
バニラ味、ビタミンC入りのレモン味、βカロテン入りのオレンジ味
DHA入りのミルク味の4種類詰め合わせ18枚入りで300円
ビフィズス菌を増やすフラクトオリゴ糖入り
09-02-07_20-23.jpg

お薬のみ忘れ防止にこんな容器をご利用なさってはいかがですか?
DIYのお店で200円くらいで売っています
09-02-07_21-371.jpg

福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 

『痒いところに手が届かない』幸せ

~薬局でよくある風景について架空の会話形式で説明しています~

剣道八段の柳生チュウ兵衛さん(仮名)は、米寿を過ぎた今も尚後進の指導に
当たっていらっしゃる、カクシャクとした、潔癖症のおじいさまです
秋口からドライスキンで皮膚科の処方箋を持っていらっしゃいます

柳生さん、今回はいつものヒルドイドソフトに加えて、痒み止めの
アレロックという飲み薬と、 『掻きくずした所に塗布』 と指示のある
炎症を抑えるキンダベート軟膏という塗り薬が出ています
前回に、痒くてもなるべく掻かない方がいいですよとお伝えしましたが
やはり、冬になって乾燥してくると、痒みが我慢できなくなりましたか?

「いや、わしは少しも痒くなんかないよ! 断じて掻いてもおらん! 
長年武道を修めてきた者は、精神力が違うんじゃ
『精神一到何事かならざらん』 痒くないと思えば決して痒くなんかない」

そうなんですか・・・ 

「剣道の寒稽古の時も、若い者の方が寒がりでな 
絵文字名を入力してください ふるえておったから、精神鍛錬の為に乾布摩擦をすることにした」

乾布摩擦なさったんですか? 

「そうじゃよ、寒さなんかに負けてはおられん!
だが、最後まで頑張って続けたのは、わしのような年寄りばかりでな
わしは、背中の痒い所にちょうど布が当たって気持ちよかった」
 kao02
はぁ・・・ (やっぱり痒いんですね) 

「最近の若者は稽古が済むとムースやらローションやら塗りたくっておるが
わしの若い頃は化粧品を使う男などは軟弱ものだった。 男は清潔であればいい
毎日風呂に入り、石鹸で十分練習の汗を流し、垢を丁寧に落とせばよい」


柳生さん、実を申しますと、乾布摩擦や垢すりは、掻きくずしたのと同じことです
若い頃の皮膚は水分を十分に含み、さらにその水分を逃がさないように
セラミドという保湿成分が、皮膚全体をラップしてハリが保たれています
その皮膚の出す天然の保湿クリームともいうべきセラミドが年とともに減ってゆき
特に冬などに、皮膚が乾いてドライスキンになると、痒くなってきてしまいます

これを掻くことでさらに傷ついて炎症が起こり、痒みが悪化しますし
お風呂で石鹸でゴシゴシこすって油分を落とすと、せっかくの大切なセラミドを
わざわざこそげとるような勿体無いことをしていることになります

「そうだったのか! 拍手 わしは痒いのは垢がたまっているからだと思っていた」
まだ皮膚としての機能が十分残っている角質層を 『垢』 としてこすり落とすのは
『皮膚の青田刈り』 をやってるようなものなんです

お風呂では、弱酸性のお肌に優しい石鹸を使い、手でなでるように
洗って頂ければ十分ですし、入浴剤もイオウ入りの刺激の強いものは避け
コラーゲンなどの保湿成分の入ったものになさってください

「このキンダベートというのは、1歳の孫の桃香がアトピーで貰った薬と一緒だが」 赤ちゃん 
アトピーでも掻き崩さないことが重要です
ある病院で実際に、スピード社の水着のような体にピタッとした服を着せて
痒いところを掻けないようにしたら、それだけで頑固なアトピーが治ったそうです
「そうか、桃香もわしも、掻かない方がいいのか。 やはり血は争えんのう」

それから塗り薬は皮膚が水分を多く含んでいる方がよく効きますので 汗あせ
お風呂上りに塗って頂くのが効果的です
処方箋には、昼間にヒルドイドソフト、夜はキンダベート軟膏となっていますので
入浴後に、炎症や痒みを抑えるキンダベート軟膏を塗って下さい
痒み止めのアレロックは、眠気が出ることもありますが、寝る前服用と
なっていますので丁度よかったですね

「わしは断じて痒いとは思わんのだが、どうやら寝ておる間に知らぬ間に
掻いておるようで、朝起きると下着に血がにじんでいたりする
そのことをドクターに話したら、寝る前に痒み止めのんでくださいと
いわれたのじゃよ。」

柳生さん・・・(やっぱり痒かったんですよね) 無言、汗



最近、中華風おかずにこっています

     卵シュウマイ      エビチリ
きんし卵のシュウマイは、種をグルグルよく混ぜるのがコツです
エビチリは豆板醤の量で辛味を調節して、えびせんべいも添えて

福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード