スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三婆

以前パッチワークにはまっていた頃、母に 「あなたが、
針と糸を持つようになるとは思わなかった」
 と言われました

椅子とパッチワーク
パッチワーク1


私の親族に 三婆 と呼ばれる傍若無人の方達がいます  kao04
実を申しますと、私の母とその二人の妹さん達なのですが
この方々とレストランにでも行こうものなら大変です

やれ、中華が食べたいだの、やっぱり蕎麦がいいだの
窓際の席に座りたいだの、やっぱりトイレに近い所がいいだの
肘掛け椅子がいいだの、やっぱり肘掛けは邪魔だの
「あれ、ハンカチがない! あんた達、知らない? 私のハンカチ」
(心の声 : そういえばエレベーターに誰かのハンカチ落ちてたっけ)
「眼鏡はどこ行った?」 (知らないよ。 せめて財布はなくさないでよ)

見ていると、3婆のうち2.5婆までは私の母一人で占めているようです  kao05   

喜寿を迎えた母は、おかげ様で大過無く元気に過ごしておりますが
時々不整脈があると、リーゼ5mgというお薬をのみます
これは本格的な不整脈薬ではなく、精神安定剤と呼ばれるもので
自律神経調節作用もあり、軽い不整脈に使われることもあります

この母が、私の薬は妹のより10倍も強いと騒いでいるので
よくよく聞いてみた所、叔母はデパス0.5mgというのをのんでいるそうで
母の考えでは、5mgと0.5mgでは10倍違うということらしいのです

誰かこの人に説明してやって! と思いましたが、私がその役回りか
娘だし、薬剤師だし、と考え直し、一応説明しておきました
「お母さん、そもそも、リーゼとデパスは違うお薬だからね・・・」
分かってくれたかなぁ? 

母は旅行用に携帯するお薬を見せてくれました。その中には、リーゼの他に
心臓の発作薬、胃薬、整腸剤、痛み止め、吐気止め、目薬、等
旅行先が自然災害等で孤立しても、しばらくは何とかなりそうな一式です

中でも下痢止めが秀逸でした
見るからにタンナルビン色した薄茶色の粉薬が、何種類もあり
「風邪で吐気の後で下痢した時」 「冷えて下痢した時」 「食あたり」等
下痢した時の状況説明と覚しきことが事細かに書いてあり
同じような状況の下痢になった時に服用するんだと言っていました

薬局で日常的に調剤される、タンナルビン・ラックビー・アドソルビンという
組み合わせのお薬ですので 「おかあさん、これは全部同じお薬よ」
と言おうとして、ふと付いていた薬剤情報文書を見ると、それぞれ
タンナルビン・ラックビー・アドソルビンの配合割合がビミョーに違うのです  jumee☆surprise9
う~ん、これは、全く同じお薬とは言い切れないかも知れない、と悩み
誰かこの人に説明してやって! と思いましたが、私こそがその役回りか
とも思われ、郷里の母の通っている薬局の方々のご苦労がしのばれました

叔母が 「お姉ちゃん、そんな古いお薬のんで大丈夫なの?」 と聞くと
「そんなに古くないよ。 一年以内に貰ったお薬ばかりだもの。
私の友達なんて、今までに貰ったけどのみ残したお薬を全部とっておいて
非常持ち出しようのリュックに詰めて、イザって時はそれで何とかなるって
いってるけど、何年も前に貰ったお薬なんてもう使用期限切れているよね」

(それはわかってるんだ。 えらいえらい)

「私も真似しようとしたら、主治医の先生が、一年過ぎたお薬はもう
使わないでくれって言ってた」
  (なんだ、先生に注意されたのか)  

これが薬剤師の母親の実態です  がっくり  
さすがに2.5婆だけあって、娘の言うことなんて聞きいれません

別れ際 「今日は夜行で帰るの?」 と聞くと 「夜行は嫌いだから途中
妹の家に一泊する。 若い頃、悲恋で泣きながら夜行に乗って帰った
悲しい思い出があるから、夜行には乗りたくない」
 と言います

よもや、この歳になって、母の昔のロマンスを聞かされるとは! jumee☆surprise8 

必死でかすかな記憶をたぐりよせ、実家の古いアルバムで見た
若かりし母の白黒写真を思い起こしてみると、確かに、当時は
ウエストもキュッと細く可憐ではかなげな姿だったような気もします
とても、食べ残しのシュウマイ持って帰るので包んでくださいと
レストランで堂々と頼める現在の2.5婆と同一人物だとは思えません

私も年取るとこの母のようになるのかな? 
なるつもりはないけど、このDNAはかなり手強そうです

でもね、おかあさん、今その人と再会出来たとしても、会話の内容が
昔とは違ってきてるかもね
「私は不整脈で、リーゼのんでいますのよ」
「いやぁ、僕なんて、高血圧でアムロジンのんでいますよ」
てな具合にね、と心の中で思いつつ、母と別れたのでした

ゲイル・ラッセル1
ゲイル・ラッセル2

パッチワークで人物画もつくってみました




ミートコロッケ
 
揚げたてコロッケはやっぱり美味しいものです
野菜を食べてもらおうと、ニンジン、ピーマン、シメジ、タマネギ
とひき肉をブイヨンで味付けしたものを入れています


ランキングバナークリスマス
スポンサーサイト

ワンワン頑張る!

ぼくは いえのひとたちに バカいぬ とよばれます   そそうした 
って なんのこと ですか? それは おいしいもの ですか? ぼく
は ときどき すごく ねむたいです

幼いキャロ2


世の中には、盲導犬や災害救助犬などのように、立派な犬がいます  嬉し泣きjumee☆thanks4
特に実験の為に我が身を捧げてくれる犬たちのことを考えると切ないですね  
でもその尊い犠牲のお陰で色々なことが解明されてきました

~以下は薬局でよくある風景について架空の会話形式で説明しています~

Cさんは、朝食後バイアスピリンを、寝る前にオメプラールを
一日三回毎食後にシグマートというお薬をのんでいらっしゃいます

お薬はきちんとのんで頂いていますでしょうか?
「そうねぇ、朝昼晩とのむお薬があると、どうしてもお昼のむのを
忘れてしまいがちになるわねぇ お昼は外食することもあるしねぇ」

確かに、お昼の分のお薬をのみ忘れるという方は多いですね

「朝は、顔洗って、朝ごはん食べてと、毎日することが決まっている
でしょ、それに、ほら、私以前に、狭心症おこしているじゃない? 
だから、この血液サラサラにするバイアスピリンははずせないのよ」

「夜は、おフトン入っちゃってから 『あっ、お薬のみ忘れた』
って気が付いても、面倒くさくてそのまま寝ちゃうこともあるわね
でも、この胃酸を抑えるお薬のむようになってからは胸焼けが
随分減ったので、オメプラールも大体はのんでいるわね」

「シグマートは、心臓に栄養を運ぶ血管をひろげるって聞いたけど
小さな粒で、効いてるのかどうかイマイチよく実感が無いし
一日三回ものむんだから一回くらいのまなくても 『まっ、いっか』 
ってかんじで結構のみ忘れちゃうの」


シグマートは、心臓の冠血管を拡げて酸素が十分にいきわたるように
したり、冠血管が痙攣して狭くなるのを防いだりするお薬です
おっしゃるように、サイズこそ小さくて頼りなさげですが
特に、狭心症を起したことのある方にはとても良いお薬なんです

1986年、Murry教授が、動物実験で凄いことを発見したのです
犬に、あらかじめ、軽い心筋梗塞を起しておいてから、本格的な梗塞を
起した場合と、最初から本格的な心筋梗塞を起した場合では
前者の方が心筋梗塞の範囲が75%に減ったというのです
つまり、一度狭心症の発作を起こすと、次の発作に対し体が準備して
致命的なことにならないように、そなえるシステムが出来ているのです

「じゃあ、私みたいな人はそのシステムが出来ているの?」 jumee☆surprise1
そうなんです。これを専門用語で『虚血耐性』といいまして
虚血=血液が少なくなる非常事態 に対し、体が抵抗性をもつようになる
という意味で、この自己防衛システムは、心臓以外に、脳や、肝、肺、腎
においても見つかっています。 そして、このシグマートには何と
本来備わっている虚血耐性の働きを、さらに助ける作用があるのです

「まぁ、じゃこのお薬のんでいる人はラッキーなのかしら?」 
jumee☆surprise6
そうです。他にも、Cさんが狭心症の発作用に持ち歩いてらっしゃる 
ニトロペンや、アーチストやアデノシンというお薬や、インスリン抵抗性
にも良いといわれるブラジキニンなどにも同じ効果があるといわれています

「それを聞いたら、このお薬きちんとのむ気が起きてきたわ」 jumee☆LoVe1
ニトロペンを携帯していらっしゃる小さなケースの中に、シグマートも
入れて頂ければ、外食時にものみ忘れがなくなるのではないでしょうか


幼いキャロ1

ぼくは ほかのいぬが おっかないので このこは けっこんは むりねぇ 
といわれます   けっこんって くつしたよりも いいにおい 
ですか? ぼくは けっこんのにおいを かいでみたいと おもいました 




大きいカルツォーネ

ホームベーカリーでピザ生地を作り、カルツォーネにしてみました
前回は大きいカルツォーネでしたが、今回は小さいのを
中身は、玉ねぎ、人参、ピーマン、しめじ入りのミートソースと
チーズです  包んで焼くので具の旨みが閉じ込められます
生カルツォーネ
カルツォーネ2


果糖について

リビングのテーブルでりんごのモアイを見つけました 無言、汗

りんごのモアイ

りんごの美味しい季節です リンゴ
患者さんに「果糖は血糖が上がらないんだってね」と聞かれ調べました

確かに、果物に多く含まれる果糖は直接的には血糖を上げないようです
が、だからといって果物の摂りすぎには色々と問題があるようです

果糖はブドウ糖と同じ単糖類の仲間で、最も甘みが強いといわれ
お砂糖はブドウ糖と果糖が結びついたものです

ブドウ糖は血液中濃度を一定に保つような調節機構が働いていますが kao03
果糖に対してはそういった濃度監視調節機構が存在しないそうです
酸化力の強い果糖は、生体への毒性がブドウ糖よりも何百倍も強い為
肝臓は果糖を優先的に素早く処理し、腸管からの吸収の遅い果糖の方が
吸収の速いブドウ糖よりも肝臓での取り込みや代謝は速いらしく
糖尿病の方でも正常の速度で血液中から消失してゆくそうです
血糖値が100mg/dl程度なのに比べると、果糖の正常値は
1mg/dl程度で、最高でも5mg/dl程度だそうです

果糖は肝臓で代謝されてピルビン酸となった後TCA回路に入って
エネルギー源となったり、ブドウ糖に換えらて利用されますが
過剰に摂りすぎると、中性脂肪が増えたり
血液を酸性にする乳酸アシドーシスをおこしたりするようです

この傾向は特に糖尿病の方で強いようです
食後高血糖になりやすい方は、食後高中性脂肪にもなりやすいので
糖尿病と高中性脂肪血症は良く相関するといわれています

今、糖尿病学会で注目を浴びている、終末糖化産物(AGE)とは
体内の蛋白質に糖が結びついて離れなくなってしまったもので
糖尿病の状態の良し悪しを判断するHbA1cも
ヘモグロビン蛋白がAGEになったものを測っているのです

このAGEの蓄積が合併症や老化の原因なのではないかといわれており がーん
癌やアルツハイマーなどとの関係も明らかになりつつあるのですが
ブドウ糖だけでなく、果糖もこのAGEの素となるということが
わかってきており、果糖だからと油断しない方がよいと思われます

別に「糖尿病にはキクイモを毎日食べるといいと聞いたんだけど」 はてな
と質問された方がありまして、ネットで調べましたところ
確かに、「キクイモで糖尿病が治った」との記事を見つけました

しかし、このキクイモは果糖がたくさんくっついたイヌリンという重合体を含み
消化されて果糖となり吸収されるそうですので、果糖を過剰に摂取すると
上述のような、高中性脂肪血症や終末糖化産物の過形成などが懸念されます
キクイモが糖尿病に良いとする論理的根拠には乏しいと言わざるを得ません

「糖尿病には○○を食べるといい」という話には気をつけた方がいいです 苦笑い
決してキクイモが悪いというわけではなく、一種類の食品を食べ続ける
ということが危険
性をはらんでいるのです

どんなに体に良い食材であっても、あまりにも過剰に食べ過ぎると
蓄積毒の心配もありますし、肝臓は様々なものを代謝して体外に出る
形に変える化学工場のような働きをしていますが
同一のものを食べ続けることによってその化学工場の一つのライン
だけが酷使されることになり、追いつかなくなる恐れがあります

やはり、様々なものを満遍なく食べて、食べ過ぎないということ rainbowrainbow
このバランス感覚が、すべてにおいて大切なのではないでしょうか?



カボチャのグラタン

最近作るようになったカボチャのグラタンです
中身はカボチャ、ベーコン、エリンギ、たまねぎ、等
カボチャの甘みは意外とホワイトソースと相性良いようで
カボチャのポタージュも美味しいですよね

近場の公園の紅葉

樹林公園2

日曜の朝、自宅近くの公園風景です
ウォーキングやランニングをしている方が思いのほか多いですね
東京マラソンにエントリー出来たのかな?



~薬局でよくある質問について架空の会話形式で説明しています~

「今朝、起きがけに血糖はかったら100で、朝ご飯食べずに来たのに
病院で測ったら130だった。 なんか理不尽な気がするよなぁ~
ご飯を食べていないのにどうして血糖が上がるのかなぁ?」
ひよこ@はてな
というように、ご飯を食べたら血糖が上がるのは当然だけど
ご飯を食べないのに血糖が上がる現象には納得がいかない人は多いです

食事から吸収されたブドウ糖は、ほとんどが肝臓で吸収されて
グリコーゲンとなり貯えられ、食後の血糖は140位までに抑えられます
このグリコーゲンは、次の食事にありつけるまでの栄養源として
少しずつ肝臓から出してきて、ブドウ糖に分解して使われます

「つまり、給料振り込まれても、すぐに全部使ったりせず
必要な分だけ少しずつ、おろしてきて使うようなものだね?」
財布
そうですね。グリコーゲンを使いきっても、まだ次の食事が摂れない時は
筋肉の蛋白質からアラニンなどの糖原性アミノ酸を出してきたり
脂肪細胞の中性脂肪が分解されて出来るグリセリンなどから
ブドウ糖をつくることが出来、これを『糖新生』と呼んでいます

「給料で足りない分は定期貯金を崩してきて使うようなものかな?」
そうですね。つまりはこれが、絶食すると痩せるメカニズムなのです

糖新生が起きても、素早くインスリンが出てきて、血糖を正常範囲に保つ
のですが、インスリン分泌が出遅れる方だと、糖新生の行き過ぎに
歯止めをかけるのが遅れ、一時的に高血糖になる方がいます
食べてもいないのに血糖値が上がるのはそのせいですね
「そうか、僕のインスリンはスロースターターなのか~」

山などで遭難して、チョコレート一枚で奇跡的に生き延びたというような
話を聞きますよね? あれは、食事を摂らなくても、体に貯め込んだ
脂肪や筋肉から、エネルギーを得られるシステムが出来ているからなんです

ブドウ糖は体のエネルギー源、車に例えるとガソリンです 赤色の車
ガソリンが動力に変わるエンジンルームにあたるのがTCA回路という
システムで、蛋白質の分解代謝物もこの回路に入りエネルギー源となります
しかし、脂肪がこの回路で利用されるには、ブドウ糖から作られる
オキサロ酢酸が必要なので、少しでも糖が存在しないと利用できないのです
『脂肪は糖の炎で燃える』といわれ、ブドウ糖は脂肪を燃やすための 炎
着火の役割を果たしているのです

チョコレートで生き延びられたのは、チョコレートそのものの
エネルギーで生き延びたのではなく、チョコレートを着火剤として燃えた
体内の脂肪のエネルギーで生き延びたということなのです
だから、救出された時は、脂肪が減って大分痩せていると思いますよ

「でも、そんな痩せ方は嫌だな」 無言、汗
同感ですね。ですから、紅葉狩りにあこがれつつも、もっぱら
近場の公園で森林浴を楽しみながらウォーキングしているのです(ヘタレだ~)

樹林公園1



ロールフライ

ダブついてきた卵を「どげんかせんといかん」と思って作った鰻巻き卵と
100%豚よりはヘルシーかなと思って作った舞茸のロールトンカツです
青ジソやチーズも巻いて風味アップ

菊と椿

ある方から丹精込めた菊の花を頂きました は-と
薬局の待合室の中で、白い凛としたその立ち姿はまるで
清楚な菊の花の精がすらりと立っているかのようです

菊2

日本糖尿病協会理事長を務められた後藤由夫教授によると
百年前、糖尿病は男性に多い病気だったそうです
食糧供給が十分ではない時代に太ることの出来た富裕層
しかも男性の病気というイメージだったそうです
それが、少なくとも先進国に限って言えば、現在では餓死する人はまれで
貧富の差は摂取カロリーには現れにくくなりました

ヨーロッパでは1930年代に糖尿病が男性優位から女性優位に変わったそうです
この糖尿病罹患率の性逆転現象は
婦人参政権などに象徴される、女性の社会的地位の向上や
電化製品の発達などによる家事労働の軽減などと
密接な関係があるのではないかと、後藤先生は結論付けておられます

ところが、何故か日本では、1945年に婦人が参政権を得てからも
依然として女性の糖尿病罹患率が男性よりも低く、職場の検診結果でも
血糖値の平均で女性の方が男性よりも5mg/dlも低いのだそうです
先生曰く、これはとりもなおさず日本女性のスリム化志向が原因だとのこと

一年間ほどドイツで暮らした経験を持つ職場の同僚によると
ドイツ女性は、モデルやタレントなど職業的に太ってはいけない人を除き
一般の女性は太ることに対し、日本女性ほどの抵抗感は無いそうです

一方、日本では新たなダイエット情報は一大ムーブメントを巻き起こし
雑誌で「ダイエット特集」を組めば必ず売り上げが伸びるといわれます
今はまさに「朝バナナ・ダイエット」が『ダイエット部門のオリコン・チャート』
→そんなものがあるとすればですが)1位爆走中というところでしょうか? jumee☆SaturdayNightFeverL

ゲルマン民族に比べモンゴル民族の方が、遺伝的には糖尿病になりやすい素質を
持っているにもかかわらず、そういう結果になるのですから、日本女性の
食欲抑制や運動習慣に向ける、自己管理能力はたいしたものだと思います

高額医療の原因となる人工透析の増加を食い止め、医療費膨張に歯止めをかけようと
始まったメタボ検診ですが、日本女性に対しては、『日本の女性は美しい』という
シャンプーのキャッチコピーの方がはるかに効果があるのではないかと感じます

日本は『恥』の文化であると言われます
自宅の前の通りを美しく掃き清めるのも、自分の所だけ汚くてはご近所に対して
恥だから=年取ってもスレンダーで美しくいなければ恥だから
という精神構造になっているような気がします

ところで、日本の男性にとっての『恥』は何なのでしょうか? jumee☆think1
男性で自分の容姿を気にしている方はあまりいないように思います
私は女なので想像するだけですが、『仕事が出来ない奴とみなされること』が
日本男性にとっての『恥』のような気がします(そうであって欲しい)
ということは、メタボと仕事が出来ないことが結びつくようなキャッチコピーを
考えたら、男性にとってのモチベーションが上がるのかもしれませんね

菊の花を愛でつつ、日本人の恥の文化を解き明かした本の題名が
アメリカの女性人類学者の書いた『菊と刀』だったことを思い出しました

菊1

プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。