寝耳に水はめまいの元

いつも内科の処方箋を持って来られる、高校の生物教師 不破浮和夫さん(架空の人物
は、先日ひどいめまいを訴えておられましたが、今回は耳鼻科の処方箋も持参されました

「いやぁ驚きました、耳鼻科では、耳に水を入れて検査されましてね」  驚き1  
カロリックテスト(温度眼振検査)ですね  耳に冷水や温水を入れると、温度刺激で
めまいが起きますが、三半規管が悪いと起きないので、耳が正常かどうかが判定できます

「そうなんですってね、最初良い方の耳に水を入れたらめまいが二三分間続いたので
とうとう両方悪くなったかとがっかりしましたが、めまいが起きたら正常なんですね」
  かおまる
冷蔵庫に入れておいた点耳薬を、温めずにそのまま耳にたらすとめまいが起きますからね
めまいが起きると、外から眼が揺れる様子が観察されるのででこれを眼振計で測ります

「地震でもないのに揺れてるような気がするのは、自分の目が揺れてるからなんですね」  かおまる  
温水なら悪い耳の方に向かって、冷水なら逆方向に、目が揺れると言われています

「僕は聴覚異常は無いので『前庭神経炎』と診断されました  正月風邪をひいたけど
病院が休診で只ひたすら寝て治したのですが、それが原因かもしれないと言われました」
  かおまる  
『前庭神経炎』は風邪をひいて治った後になり易く、平衡感覚を司る前庭神経が炎症
起こすので、聴覚に影響は無いものの、フワフワした不安定な感じが数か月続きます
でも、最悪神経が治らなくても、中枢で代償機構が働くので必ず治る良性のめまいです

「耳鼻科医からも、歩けない程の状態は脱したようだから、のみ薬で治そうと言われました」 かおまる  
今回耳鼻科から出ているメチコバールの成分は補酵素型ビタミンB12で、傷ついた
神経を治してくれますし、アデホスコーワ顆粒の成分はATPで、両方共めまいに効きます

「ATPはエネルギー源ですね、僕もしょっちゅう試験に出すので良く知ってます」  スマイル2  
のみ薬としてのATPは、エネルギー源というより、伝達物質でして、体内のプリン受容体
という鍵穴にくっついて血管を広げることで、神経に栄養が行き易くなる作用があります

「へぇ、ATPってクエン酸回路で作られるATPの事ではないんですか?」  驚き1
そうなんですが、細胞内ではエネルギー源として働くATPも、細胞外ではプリン受容体
にくっつくことで様々な生理現象を司っているのです  普段内科の方で心臓のお薬として
のんでおられるペルサンチンと言うお薬には、このATPの働きを強める作用があります

「狭心症の薬と、授業で板書している馴染みのATPにそんな関係性があったとは!」  かおまる
逆に、以前に喘息の状態が悪かった頃、のんでいらしたテオドールというお薬や
コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、このATPの働きを邪魔するのです

「喘息は吸入薬で落ちついておりますが、コーヒー好きなので困りましたね~」  かおまる  
コーヒーでめまいがひどくなる程ではないので、のんで頂いて大丈夫ですよ
ところで、内科処方でも変化がありましたね、今迄のんでいらした胃酸を抑えるお薬
パリエットが、ガスターに変わっていますが、胸焼け症状が軽くなって来たのですか?

「実は、昨日内科を受診した時は、めまいの原因が耳の病気のせいとは分からなくて
つい、医師に、こんなにフワフワするのは貧血なんじゃないかと訴えたのです」
  かおまる
でも、薬歴によると、最新の健診結果では、血液検査は何の問題も無かったようですが?

「医師にもそう指摘されまして、貧血ではないから、鉄剤は出せないと言われましてね」  かおまる
あぁそれで胃酸を抑えるお薬を弱くされたんですね~鉄分の吸収には胃酸が重要な役割
果たしていますので、胃酸を抑え過ぎると鉄の吸収が妨げられてしまいますからね

「医師に、貧血が心配なら、むしろ胃酸の薬を弱めにした方が良いですよと言われまして
僕はパリエットを気に入ってたので、若干抵抗を試みたんですが、無駄でした」
  かおまる 
胃粘膜は年齢と共に委縮して、消化酵素や胃酸の分泌も減少すると言われていますので
弱い薬で充分かも知れません、そもそも、逆流性食道炎の原因は、食物が通過する時だけ
開くはずの、食道と胃の間を開閉している筋肉が、何でもない時に開いてしまうという
下部食道括約帯(LES)の異常で、必ずしも胃酸が出過ぎてる訳ではないそうですよ

「医師も、年取って段々食欲旺盛になっていくって、考え難いでしょ? って言うんですよ」  かおまる
むしろその逆ですよね、胃酸は生きる為に不可欠な栄養素を消化分解する為のものですし
又、口から入った病原体も、胃液の強力な塩酸と酵素である程度破壊されてしまうんですよ

「たちの悪い風邪をひいたのも、胃酸が不足していたせいかもしれないですね・・・  泣き1  
僕がめまいなので、学年末試験問題は同僚の教師が全部作ってくれることになりまして」
  
親切な同僚の先生がいらして良かったですね~困った時はお互い様ですもの

「僕はクエン酸回路が好きでいつも試験に出すんですが、彼はメンデルの法則が好きなんですよ」  えへ5  
それは生徒さん達はヤマが外れて大変かもしれませんね~『前庭神経炎』の方ですが
神経細胞のターンオーバーには時間がかかりますので気長に治療して下さいね


(注)アデノシン三リン酸二ナトリウムの注射剤ですと、特殊な不整脈などにも使われるようですね





私も随分昔に風邪の後遺症のようなめまいが続いたことがあり、
今から考えると『前庭神経炎』だったかもしれないのですが、
病院に行こう行こうと思っているうちに治りました

というか、当時育児が忙し過ぎて、自分の病気では中々病院にかかれませんでしたね~
はぁ~けなげだったんですね、当時の私・・・(今はヘタレ・・・)


福岡伸一

この本は、長女→夫→私とまわって来たのですが、読んだら面白かったです
福岡伸一先生は、ウイルスは生物と認めていないようですね
風邪=有害な粉塵を吸入した時に起こる現象 ということですかね
でも、風邪をひいた時のあの不快感からは、ウイルスに対してどうしても『性悪感』を抱いてしまいます




京都の冬2  去年12月31日の京都風景

京都の冬1  京都の冬3 
雪の京都も綺麗で良かったです    半世紀以上生きてる主人が雪の年越しは記憶にないそうです

 冬の柊家   
柊家も雪景色です   この近所の美味しいパスタ屋さんに行きました

京都の初詣  
初詣の神社の屋根の横に雪の大文字が見えて珍しかったのですがちゃんと写ってません(悲)






福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
スポンサーサイト
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード