知らぬ間に埋蔵されていた備蓄

冠雪板志さん(架空の人物)は、痛風発作が完治したので居酒屋に入ろうと
したところを偶然、主治医の先生に見つかって、焦りまくったそうです

「中学の時、ゲーセンに行く途中部活の顧問に出くわしたのを思い出したよ」  冷汗2
冠雪さんは主治医の先生と、子供の時からの家族ぐるみのお付き合いでしたね

「親戚みたいな間柄だから容赦なくて、お前こんな所でのんでたら又痛風がぶり返すぞ  かおまる  
って叱られて、浴びるほど飲んでたビールはキッパリやめましたよ、って言い返した」

プリン体の多いビールは勿論痛風に最悪ですが、アルコール類は全てダメですね

「先生もそう言った、酒類は全部尿酸値を上げるので痛風には良くないって  かおまる
痛みが治ったんなら、次の段階の薬を出すから来週来なさいと言われて渋々来たけどさ~」

先月から、ザイロリックという体内での尿酸産生を減らすお薬が出ていますね
尿酸値を下げるお薬は、痛みや腫れが治まって二週間程してのみ始める方が安全です

「二度とあんな痛い思いはゴメンだから、真面目にのんでたのに、又足が腫れて来て
サンダル生活に逆戻りしたよ、さては先生、間違った薬を出したな~と思ったんだけど」
  かおまる
今回の処方では、ザイロリックは今迄通りで、新たに痛み止めのお薬が加わっています

「先生、まだザイロリックを続けさせる気? 俺には合わない気がするけどな~」  かおまる 
痛風発作の最中に尿酸値を変化させると、かえって発作が長引くと言われていますので
ザイロリックをのんでいて発作を起こした場合は、お薬をのみ続けないといけないのです

「ザイロリックを突然やめる方がヤバいってこと? 驚き1  じゃ、痛いのはどうすればいいの?」
ニフランという鎮痛剤が頓服薬で出ていますので、胃薬のイサロンと一緒にのんで下さい
痛風発作は尿酸結晶を白血球などが異物とみなして貪食することで起きる炎症ですので
予防も兼ねて、白血球の働きを抑えるコルヒチンという発作止めのお薬も毎日のみます

「コルヒチンは発作の時にのんで軟便になったけど、毎日のんだら下痢すんじゃない?」  うへー  
一日1錠ですから心配は無いと思われますが、下痢するようでしたら医師にご相談下さい

「確かに痛みがマックスの時は、一日に6錠とか8錠とかのんでたねぇ」  かおまる
尿酸を下げるお薬をのんで痛風発作が再発したのでは、納得がいかなくて当然ですが
痛風発作とは、昨日や今日尿酸が高くなって起こるのではなく、長期間にわたり高尿酸が
続いた結果関節内に蓄積した尿酸結晶が、何かのきっかけで剥がれ落ちて起こります

「そう言えばここ数年、健診の度に尿酸値が上限ギリギリか、はみ出していたなぁ」  かおまる
ザイロリックをのんで血中尿酸濃度が下がると、関節内の尿酸結晶が雪崩を打ったように
剥がれ落ちる場合
があり、かえって痛風発作が再発する事があるのはこの為です

「先生もザイロリックは少量から徐々に増やしていかないと、発作がぶり返すって言ってた」  かおまる
お薬で血中尿酸濃度を6mg/dl以下に保てたとしても、関節内に溜まった尿酸結晶を
綺麗に掃除し終わるには2年間程かかると言われています

「尿酸値が安全域に下がっても、まだどこかに尿酸結晶が埋蔵されてる可能性があるんだね」  汗5   
高尿酸血症の治療中にもかかわらず痛風発作を起こす人は意外と多く、発作を頻発する場合
発作予防薬のコルヒチンを三か月程、尿酸を下げるお薬と一緒に服用することで防げます
痛風が起こるのは体内の尿酸が溶けだしてきてる証拠なので、喜ばしい事とも言えます

「喜べと言われてもね~友達なんて尿酸値が9もあるのに痛風を起こした事がないんだって」  ブー1
無症候性高尿酸血症だと治療のモチベーションが上がらず高尿酸が放置される傾向があります
その点、すぐに痛くなる方は、孫悟空の頭の輪が締まる様な戒め効果がありラッキーです

「良く言うよ~でも確かに尿酸高いのを放っとくと痛風腎や尿路結石になるらしいね」  かおまる
高尿酸血症だと、脳梗塞や心筋梗塞などの危険性も増すと言われています

「先生が、お前のじいちゃんも心臓悪かったんだから気をつけろと言ったのはそれでか  かおまる  
尿酸ってそんなに毒なの? 先生は尿酸値は低過ぎても良くないんだぞと言ってたけど」

尿酸は体内で悪玉の活性酸素を処理する掃除屋(スカベンジャー)としての役割もあり
その為、腎臓では一旦排泄した尿酸の90%を再吸収して体内に戻している位なのです
尿酸の体内備蓄は、食物からの摂取や体内での自主生産と、尿中排泄とで均衡をとり
一定量に保たれていますが、栄養過多により肥満になるとこの収支バランスが崩れます

「先生が、お前のばあちゃんも太ってたんだから気をつけろと言ったのはそれでか  かおまる  
幼い頃は痩せて黒目がちの可愛い子だったのになぁって、ため息つかれてもねぇ」

痛風は高度成長後の飽食の時代に忽然と出て来た病気で、痩せるとならないらしいですよ

(注) 孫悟空の頭の輪は「緊箍(きんこ)」というそうです

(参考) 高尿酸血症・痛風の治療のガイドライン 2002年
     グラクソ・スミスクライン 高尿酸血症・痛風治療のPit‐fall

   昔の上司作の替え歌  (童謡『ぞうさん』のメロディーで)
『尿~酸、尿~酸、尿~酸が高いのね、そ~よ、血圧もた~かいのよ~』
自転車をこいでる時にフトこの歌を思い出し、こけそうになったという名曲?です





我が家では、飼ってる犬と同じような茶色の事を「キャロブラウン」と呼び
この色を身につけることで、おバカがうつるとされて、不吉な色に認定されています
が、何故だか不思議と家族に人気がある色です(みんなもうおバカだから平気?)

キャロ・ブラウン


最近鶏肉料理が多い我が家・・・

鶏肉と大根と卵の煮もの  鶏肉入りトッポギ  鶏から揚げ酢豚風





福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
スポンサーサイト

わかっちゃいるけどやめられない

~前回のブログの続きで、架空の会話形式で説明しています~

麦畑ホップ夫さん(仮名)のお父さんは仕事一筋の会社人間だったそうです
「高度成長期に『モーレツ社員』っていわれた世代だよね
家のことはお袋にまかせっきりで、親父は接待とかで外食も多かったんだよ
酒好きだったし、夕食は夜遅く食べるしで、五十代の頃は太ってたよね
それが、ある朝起きたら突然足の親指の関節がボンボンに腫れてて
どこかでぶつけたんだと思って、整形に行ったら、痛風だって言われた

当時は仕事にしか興味のない人で、餅は餅屋、病気は医者任せって感じで  ブー1 
医者の出すお薬は素直にのんでたけど、自分では何の努力もしなかった
だけど、痛風発作もおさまっていた数年後、検診で糖尿病といわれた」

痛風があると、高血圧や高脂血症や糖尿病などの生活習慣病を併発
している場合が多く、痛風だけという方はほんの4%程度だそうです

高尿酸血症と糖尿病を併発した場合、糖尿病が悪化すると皮肉なことに
尿糖の排泄が増えることで浸透圧の関係で尿が増え尿酸の排泄も増えて
激しい痛風発作は起こらないそうです

「さすがにその時は、薬だけに頼ってきた自分を反省したのか、ある日 汗5
スポーツウエアを買ってきて、明日からジョギングするっていうんだ
それで一気にやせて糖尿病は治ったけど、今度は痛風発作が再発した」

急激な減量で細胞が壊れると核酸からプリン体が出てきて尿酸が高くなり
又、息が切れる程の無酸素運動をしますとATPが再生されず尿酸が増えます
糖尿病が悪かった人が良くなると、それまで高血糖によりマスクされていた
高尿酸血症が表面化してくると言うこともあるようです

「それで、むやみに運動するのも良くなかったと反省して、やっと  スマイル
健康のことを医者任せにせず、自分でもしっかりと勉強する気になって
生活習慣病には有酸素運動がいいとかいって、一駅分歩くようになり
親父は、糖尿病も痛風も自力で克服したと豪語していた」

生活習慣病は今ではメタボリック・シンドロームなどとも言われていますが
中心となる原因としてインスリンの効きが悪くなる 『インスリン抵抗性』 
関わっていると言われており、高尿酸血症にも関係しているそうです
『インスリン抵抗性』 には有酸素運動レジスタンス運動が効くようですよ

「あの親父が退職後は家庭菜園すると言い出したときは正直驚いたよ  驚き1
ワーカホリックが健康オタクに急変して、減農薬野菜作りの研究をして
食べるものにも随分気を遣うようになってきていたんだけどね
寄る年波には勝てず、腰や膝を痛めたりして、運動もままならなくなると
血圧や中性脂肪も高くなり、最近では薬をのんで正常範囲を保っていた」

お父さんも当薬局にいらして頂いているので、存じております

「ところが先日、体調がすぐれないし、脚がむくんで急に体重が増えたんで  うへー
病院にいったら、うっ血性心不全といわれ入院することになっちゃった」

退院後は、心臓の働きをよくするジゴシンというお薬と
体外に水分を排出して心臓の負担を軽くするラシックスとが加わりましたね

「退院後の検診で血糖値が高くなっていたので、又別のお薬も加わった」
ラシックスの副作用としてカリウムが少なくなる場合があり、
そのため血糖値が高くなりやすいのですが、カリウムを体内にとどめる
アルダクトンを一緒にのんで頂ければ大丈夫です

「ところが、今度は尿酸が高くなってきてね」  汗
次に良くあるラシックスの副作用として尿酸が高くなる場合があります
「親父が又痛風を起さないか心配だ。 今じゃ俺と違って聖人君子のような
食生活を送っている親父だからこれ以上自助努力の余地がないからね」

ご安心ください。 先日お父さんの持ってこられた処方箋で
中性脂肪のお薬が、トライコアというのに変わっていましたよ

トライコアにはニューロタンやユリノームと同じ、URAT1という尿酸を細胞内に
取り込む部分に作用して、尿酸を減らす作用があることがわかっています
中性脂肪を下げるのが本業のお薬ですが、尿酸も2mg/dLも下げるようです

腎臓の尿細管にあるURAT1が最近、血管細胞にもあることがわかり
尿酸の多い状態は心臓の血管をも傷つけているらしいといわれています
「俺も、いつまでも俺流の食生活にこだわってちゃ駄目だよな、でも
『わかっちゃいるけどやめられない』んだ」
  えへ4   私も同感です・・・

(注)尿酸値の1mg/dLと、収縮期血圧の10mmHgと、総コレステロール20mg/dLの上昇
が心臓に対して同程度の危険因子だといわれます



 ピザ   ミネストローネ   牛ごぼうキンピラ
育ち盛りもいるので中々メタボリック・シンドロームに考慮したメニューには出来ない我が家です
マルガリータ風ピザにはサラミも入ってます
野菜が多くてヘルシーと思われるミネストローネですが大豆は尿酸多いそうです
キンピラに牛薄切り肉をいれて甘辛く味付けしたのがすきです
わかっちゃいるけど・・・ってやつですね~

福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー

痛風といえば尿酸、尿酸といえばプリン体、プリン体といえばビール

~薬局でよくある質問について架空の会話形式で説明しています~

血圧のお薬とザイロリックという尿酸を下げるお薬をのんでいらっしゃる
麦畑ホップ夫さん(仮名)は、検査結果を見てため息をつかれています 

「女房が、ビールが尿酸によくないって聞いたらしく、いつの間にか
プリン体カットのビールに変えちゃったんだよ でも、なかなか減らないね 汗
今日は尿酸を下げる食べ物を聞いてきてくれって言われて来たんだ」

尿酸を下げる食物というのは、残念ながら聞いたことがありません
プリン体というものは遺伝子の中のDNAに多く含まれる物質ですので
遺伝情報の多い生殖に関わる部分に多いのです

例えば、魚卵を含む卵類、ウニやタラコや白子、種やナッツ類、等
米も種ですがプリン体の多い部分をそぎ落としていますので大丈夫です
ビールの風味の原料のホップは毬花の種ですのでプリン体が多いのです

生殖細胞以外でも細胞内の核には遺伝子が含まれており
大きい細胞は小さい細胞に比べ、核以外の細胞質の部分が大きいので
一つ一つの細胞が大きい筋肉は小さい内臓に比べてプリン体が少ないのです
一番プリン体が少ないのは、細胞がとても大きい植物の細胞ですから
尿酸値を下げる食物ではないけれども、野菜は比較的尿酸値を上げにくいです

つまり、ご飯を主食におかずは野菜中心にして頂ければ理想的ですね
「無理だね~俺はご飯を食べないで、イクラや干物やナッツ類やモツ鍋を
ツマミに、冷たいビールをキューッとやるのが、至福の時だからね えへ5
それに、最後はラーメンで締めるのが俺流なんだ」

プリン体はスープに溶けやすいので、ラーメンのおつゆは飲み干さないで下さい

「難しいな~俺流食生活じゃ尿酸は到底下がりっこないようだな 驚き1 
医者がユリノームとかいうお薬に変えようかと悩んでいたけど
結局血圧の薬を変えてみようということになった」

今回から血圧のお薬がニューロタンに変わっていますね

「血圧の薬で尿酸が下がるのかい?」 驚き1
ザイロリックは尿酸が出来るのを減らし、ユリノームは尿酸の排泄を増やし
尿酸を下げるお薬ですが、ニューロタンには血圧を下げる以外のおまけの作用
として、ユリノームほどではありませんが、同じ作用が見つかっています

「痛風の時に貰ったコルヒチンというお薬はよく効いたけど えへ4
あれは尿酸を下げるお薬じゃないの?」

コルヒチンは白血球の動きを抑えるお薬です

尿酸は本来血液中で溶けているものなので、飽和状態になり結晶化してくると
それを異物とみなして白血球が取り囲んで殺そうとし始めるのです
その尿酸と白血球の闘いによって炎症反応が起こり、赤く腫れて激しい痛み
となるのが痛風発作で、尿酸値の急激な変化により引き起こされますので
発作中はむしろ尿酸を下げるお薬をのみ始めない方がいいのです

発作がおさまっても 尿酸結晶 VS 白血球 の闘いが鎮まっただけで
尿酸値が下がったことを意味するものではないので
尿酸を下げるお薬を発作がおさまってからのみ始めて頂くことになります
尿酸が血液中で溶ける限界の7mg/dL以下なら結晶化しません

たとえ痛風発作がなくても尿酸値の高い状態は、血圧の高い状態と同じで
動脈硬化の危険因子であり、心臓や脳にもよくないので治療は続けて下さい
それと尿酸値が高いと、当然腎臓で尿酸結石が出来る危険性もありますが
尿が酸性だとさらに出来やすくなります 
野菜は尿をアルカリ性にする効果もありますよ

「やっぱり野菜を食べなきゃ駄目か~じゃ、この
『生活習慣病のためのクッキングブック』 を女房に貰って帰ってやろう スマイル
この頃親父も尿酸高くなってきて、女房がメニューに悩んじゃってるんだよ
親父は退職後家庭菜園始めて野菜中心の生活になったら
すっかり尿酸下がってきていたのに、心不全で入院して退院してきてから
又、尿酸値が上がってきてしまったんだ」
 うへー (次回へ続く)



当薬局では、メーカーさんの善意による様々な小冊子や
パンフレット類を、ご提供させて頂いております
お立ち寄りの際にはどうぞご自由にお持ち帰りください
09-03-01_13-18.jpg

福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  人気ブログランキングバナー 
プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード