当人も全く気づかない

 ~薬局でありそうな風景について架空の会話形式で説明しています~





食品工場で働き、定期的に検便をされている 武床 譲(むしょうじょう) さんは 
検便でサルモネラ菌が陽性との通告を受け、急遽医院を受診されました

「サルモネラが出たのは初めてですが、何で感染したのか見当もつきません」  冷汗1
サルモネラ菌は生卵や鶏刺し等で感染し、潜伏期間は凡そ12時間程度で、保菌期間は
平均で1カ月、長くとも3カ月程度で自然消滅するそうです

「納豆に入れた卵が古かったかな?  でも、ネットで調べたら、サルモネラ中毒  うへー 
の症状は下痢や腹痛や発熱と書いてあったんですが、そんな症状は一切無いんです」

サルモネラ菌は、感染しても症状が出ない不顕性感染となる場合があり、無症状でも
菌は出しますので、当人も全く自覚がないまま、感染源となってしまう恐れがあります
食品関係従事者が定期的に検便をするのは、この不顕性感染を見つけ出す為なのです

「検便で陽性が出ると、強制的に休職させられてしまうそうで、困りました」   泣き1 
陽性通告を受けると、抗生剤で除菌して、再検査で陰性判定を確認後職場復帰出来ます
一度の陰性判定では不可で、三回連続陰性で初めて復帰許可される企業もあります
今回は、レボフロキサシン500mgという抗生剤を、一日一回一週間服用して下さい

「先輩に聞いても、僕の様な目に遭ったことがある人が居なくて、相談も出来ません」  かおまる 
サルモネラ陽性が出るのは、3000人に一人という確率だそうですからね
でも、O157陽性と言われるよりはマシですよ、確率は数万人に一人とレアですが

「あの、感染力が強くて、死の恐れもあるO157にも不顕性感染があるんですか?」  驚き1 
不顕性感染となる食中毒菌には、サルモネラ菌、O157、ノロウイルス等があります
O157だと、ご本人からも保健所にも連絡することが望ましいと言われています

「O157の方がサルモネラなんかより、シャレになんないですもんね」  かおまる
不顕性感染で有名なのは、1900年代初頭アメリカに居た、メアリー・マローンという
女性で、サルモネラ菌の一種であるチフス菌を保菌していながら、料理上手だったせいで
富豪に調理人として雇われ、自覚がないまま、生涯で3人の死亡者を出してしまいました

「不顕性感染者が調理の仕事に就いていたら、そりゃ恐ろしいでしょうね」  冷汗2
彼女が勤めた家庭のほとんどで、彼女が雇われた直後に腸チフスが発生していたので
不審に思った衛生局の人が、彼女の検便をした所、チフス菌が検出されたそうですが
彼女自身はチフスの症状が全く無かったので納得がいかず、ほとぼりが冷めた頃今度は
病院の調理人に復帰して、そこでまたチフス感染を広げてしまい、その後は隔離病院で
生涯を終えたそうですが、ただの料理自慢の女性だったのに、何だか気の毒なお話です

「僕も、調理が好きで今の職業に就いたので、身につまされますね」  かおまる
当時は、チフス菌の様に毒性の高い細菌に感染しているにもかかわらず症状が出ない場合
もあるという
、不顕性感染という概念がまだ無く、彼女の症例をもってして初めて学会に
発表された位ですから、メアリーさんが納得いかなかったのも無理もないのです

「その人の200年後に生きている僕ですら、今日初めて聞いた説ですもんね」  かおまる
メアリーさんの死後、病理解剖した所、胆嚢にチフスの感染源があった事が判明しました
つまり、メアリーさんに初感染したチフス菌が弱かったのか、彼女の免疫力がそれに勝って
いたせいかで、症状の無い不顕性感染が成立し、その後生涯に亘り、胆嚢に住み着いた
チフス菌が胆汁中に混ざって腸に排出され続け、糞便中に出て感染源となった
様です

「僕が今日処方された様な抗生物質も、その頃には無かったんでしょうしね」  汗5 
ペニシリンの発見が1929年、メアリーさんが亡くなったのが1932年ですからね

「それにしても、メアリーさんは、幸か不幸か、抵抗力が強かったんですね」  かおまる
先日、世間を騒がせたO157ですら、とある給食による集団感染事例を分析した結果
によると、入院が必要となった児童が1割、下痢程度の軽症で済んだ児童が6割で
残りの3割の児童は全く症状が出なかった、というデータがあるそうです

「一歩間違えると死の危険もあるO157なのに無症状なんて、ある意味凄いですね」  かおまる
腸内には、病原性の無い無害で有益な大腸菌が生息し、腸内細菌叢を作っていて
この腸内フローラが、外部からの有害な細菌の侵入を防いでくれていますし、又
体内に備わった抗原抗体反応による免疫力にも、菌と戦って退散させる力があります

「サルモネラで食中毒にならなかった僕は、抵抗力が強いと喜ぶべきなのかな」  かおまる   
そうなのでしょうが、サルモネラでも非チフス性の場合は自然治癒の傾向が強く
食品取扱従事者の方以外ですと、そもそも抗生物質をのむ必要すら無いそうです
下痢や発熱等の症状が出た場合には、解熱剤や整腸剤をのんだり、脱水対策をしたり
と対症療法はしますが、止瀉薬は菌の排出を遅らせるので服用しない方が良いのです

「因みにO157にも、僕と同じ抗生物質が効くんですか?」   かおまる
O157の菌にも、レボフロキサシンの様なニューキノロン系と呼ばれる抗生物質や
その他の抗生物質でも効く事は分っていますが、投与しない方が良いとの説もあります

「抗生物質が効くのに、のんじゃいけないとは、どういうことなんですか?」  ブー1
というのは、O157は感染力が非常に強いのですが、恐いのはその感染力よりも
O157が放出するベロ毒素
で、これが溶血性尿毒症症候群や脳症を起こします
抗生物質を投与すると、ベロ毒素の放出を促進する危険性があると言われています

「抗生物質で攻撃されると、窮鼠猫を嚙む状態で、最終兵器を投入して来るんですね」  かおまる
O157を抗生物質で追い詰め過ぎると、かえってベロ毒素を出させてしまいますが
抗生物質を投与すれば、O157の増殖や周囲への感染は防げますので、現時点では
O157への抗菌薬治療の是非に対しては医学界の意見も統一されていない様です
下痢や発熱等の症状に関しては、サルモネラと同様の対症療法で良い様です

「人々から恐れられている菌でも、症状が出ない様な抵抗力の強い人もいるって事  スマイル
個人差が大きいんだという事が、とても勉強になりました」
不顕性感染の人は、確かに強運なのですが、自分が感染源になり菌を拡散させて
しまう危険性を考えると、幸運とばかりも言えない面もあります

「万一僕が菌をばらまいたら、食品業界の恥だから、検便は社会的責務ですね」  かおまる 








(参考)
ウィキペディアの『メアリー・マローン』のページ (←今回寄付しました)
検査会社のHP



食品関係従事者が、非チフス性のサルモネラ菌で陽性が出た場合は
ニューキノロン系薬を7日間服用し、10~14日後の検便で、
2回連続して陰性であれば、菌がなくなったと判定して就業許可がおりるそうです
つまり、最短で3週間で仕事復帰できるそうです

一方、メアリー・マローンさんと同じチフス性のサルモネラで陽性が出た場合は
非常に重篤な全身症状を起こす腸チフスの感染源となる恐れがあるので
ニューキノロン、又はアモキシシリン、又はST合剤4~6週間治療して
完全除菌しないといけないそうです

又、メアリーさんの様に、腸チフス菌が腸管以外に胆囊内にも保菌されていることも多く
胆石を持っている方や、慢性胆囊炎を合併している方は、先に外科的に手術して
胆囊を取ってから
、 さらに2週間抗菌薬を投与することが原則となっているそうです

してみると、メアリーさんは、たとえ現代に生きていたとしても、中々ハードな治療を
受けないと、現場復帰は難しい状況
にあった、という事ですね








9月、長野方面に旅行してきました。

国宝の八角堂を見たり、長い階段を登ったり、

旅行9-2  旅行9-3
 

不思議なタイムスリップ感覚になる、大正時代に建てられたホテルに泊まったり

今はさびれたけど、どこか惹かれる、真田幸村所縁の神社に行ったり

 旅行9-4  旅行9-1

そして、多肉の聖地の生産者さんにも行けて、大満足でした。

 旅行9-6  旅行9-5



薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

by 薬剤師ブログタイムズ

  

福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  
人気ブログランキングバナー 

スポンサーサイト

便秘がもれなくついて来る

~薬局でありそうな風景について架空の会話形式で説明しています~





ご高齢のパーキンソン病患者さん 近 誇淑(きんこしゅく)さんは
パーキンソン病薬のマドパー配合錠、胃薬のナウゼリン、便秘薬の酸化マグネシウム
頻尿治療薬のベシケアをのみ、貼り薬のニュープロパッチを貼っていらっしゃいます

「薬が段々増えたものですから、娘が便利なお薬ケースを探して来てくれましてね」  かおまる  
朝昼夕寝る前の4×一週間の7のお薬ケースに分類して入れていらっしゃるんですね

「それのお陰で、のみ間違えなくなったんですが、どうも症状が進行している様で  かおまる
最近、シートから薬を出して、そのケースに入れる事すら大変になって来ていますの」

近さんは確か要介護1でいらっしゃいますし、在宅の扱いにして頂けますと
私共薬剤師がご自宅にお伺いして、お薬のケース詰めや管理等もさせて頂きますが

「指が動き難くなっていますので、そんな制度があるなら是非やって頂きたいわ」   えへ4      
それでは、まずこのレボドパとベンセラジドの合体したマドパー配合錠ですが・・・

「ああそれは、ドパミンを補ってくれる大事な薬でしてね。ご存知かも知れないけど  かおまる
パーキンソンはドパミンが減る事で、体の動きがぎこちなくなる病気ですからね」
パーキンソン病では、脳幹の線条体で、神経伝達物質のドパミンが減少しますが
ドパミン自体をのんでも脳へは移行しないので、ドパミンの前駆物質のレボドパ
服用する事で、服用後血液脳関門を通って脳に入りドパミンとなって働きます

「しかもレボドパは脳に入る前に分解されるので、それを防ぐ成分も入ってますの」  かおまる 
レボドパは、体内でドパ脱炭酸酵素に代謝され、大部分が分解されてしまいますので
ドパ脱炭酸酵素を阻害するベンセラジドと併用すれば脳内移行量を増やせます

「だからこのマドパーってのは、パーキンソン治療の柱となる薬とも言えるわね」  かおまる
そのマドパーですが、吸湿性があり、特にアルカリ性の薬剤と一緒にしておくと
着色変化する恐れがありますので、これだけはケースに入れずに別包にしますね

「そう言われてみれば、マドパーのシートに『湿気に注意』って書いてあるわね 
でも、アルカリ性の物なんかと一緒にしていないわよ」   ブー1
酸化マグネシウムがアルカリ性なので一緒にしておくと、マドパーの効果が減ります

「ええっ、そうなの? 知らなかった~最近薬の効きが悪くなったような気が   驚き1 
していたけど、そのせいだったのかも・・・でも、分包しても湿気ないの?」
メーカーによると、グラシン紙で分包した状態で4週間は大丈夫だそうです
パーキンソンの人は、原疾患のせいで自律経障害を起こし易く便秘になり易いですし
ドパミンの作用を強くするお薬を服用しますので、それによっても便秘が起こります

「私だけじゃなく、殆どのパーキンソン病の人は便秘だって聞いたわよ」  かおまる 
パーキンソン病の人の便秘有病率は70~80%とも言われ、酸化マグネシウム
併用例は多く
、それだけにマドパー配合錠との一包化には注意が必要です

「そんな事知らなかったわ! 在宅って、薬のセットを代行してくれるだけではなく   かおまる 
薬の管理のやり方についても指導してくれるのね」
薬剤師は、お薬の安定性を維持する為の保管方法の面でも、お役に立てると思います

「在宅にして良かった、私達患者は吸湿性やアルカリ性とかについては素人ですし」  スマイル2
どんなに良いお薬でも、物理的に変化してしまうと、のんでも効きませんからね

「自分の病気にはかなり精通していると、自負していたんですけどね~  かおまる
それと言うのも、若い頃、胃薬で仮性のパーキンソン病になった事がありましたので」
ドパミン作用を阻害する薬剤では、長期連用でパーキンソン症状が出てしまう場合
があり、薬剤性パーキンソニズムと言いますが、胃薬ですとドグマチールが有名です

「そうそのドグマチールだったんですが、後で聞いたら精神病の薬なんですってね」  かおまる
ドグマチールは用量によって適応症が違い、50mgの錠剤は胃や十二指腸潰瘍や
うつ病
に、100mgと200mgの錠剤は統合失調症に使われます

「精神病の薬って、ドパミンを抑えてしまうようですわね」   かおまる 
統合失調症は、パーキンソンとは逆で、脳内ドパミンが出過ぎていると考えられて
いますので、抗精神病薬はドパミン受容体を遮断する作用の物が多いのは事実です

「パーキンソンの人が精神病になったら、のむ薬があるのか心配ですわ」   冷汗2
抗精神病薬でも最新のお薬は薬剤性パーキンソニズムを起こし難くなっています
又、従来型抗精神病薬でも頻度は少なく、不思議とドグマチールに多い副作用です

「ドグマチールをのんでも何ともない人が多いのに、私の様に元来パーキンソン  うへー 
になり易い体質の人がのむと、パーキンソンの様な症状になるらしいのです」
薬剤誘発性パーキンソン病は原因薬剤を止めれば治りますが、その後何年かして
本格的なパーキンソン病を発症する人が多いと言われています

「胃薬をガスターに変えてからは、仮性パーキンソンは収まりました」  かおまる
ガスターは、H2ブロッカーと呼ばれる、胃酸の出過ぎを抑える胃薬です

「でも、本物のパーキンソンを発症した時に、レボドパと相性が悪いと言われて」   汗5  
レボドパは胃酸で溶けて吸収されますので、加齢に伴って胃酸分泌が減ったり
H2ブロッカーやPPI等の胃酸分泌を抑える胃薬をのんでいると吸収が減ります

「それ以来、パーキンソンの人でも安全なナウゼリンという胃薬に変わりました」  かおまる
ナウゼリンもドグマチールと同じドパミン阻害作用がありますが、脳内には
入り難いので、パーキンソン症状を悪化させる心配がありません

「パーキンソンになりたての頃は、レボドパを一日一回のめば効いたんですが  かおまる
段々薬の効く時間が短くなって、ドパミンアゴニストも使うようになりました」
初期には良く効いていたレボドパが、段々効果の切れる時間帯が生じる現象を
ウエアリング・オフ現象と言い、一日に数回に分けてレボドパ製剤を服用したり
ドパミン受容体刺激薬のアゴニストを併用する、などの対処法があります

「レボドパの効き目が多過ぎたらそれはそれで、又別の副作用の元ですしね」  汗  
レボドパが効き過ぎて、意志に反して手足が勝手に動く不随意運動が起る事を
ジスキネジアと呼び、病初期からレボドパを必要以上に服用すると出現し易く
一旦発症すると、レボドパの量を様々に工夫してもコントロールが困難です

「ですから、レボドパ製剤は最初から使わない方が良いと言われていますよね」  かおまる
レボドパの吸収が良い若い患者さんですと、ジスキネジアも出現し易いので
レボドパでは無く、アゴニストで治療開始するべきとの考え方がありますが
ジスキネジアの出難いご高齢の方では、レボドパで開始しても良いそうです

「私もパーキンソンになったのが70歳だったから、最初からレボドパでした」  汗1  
一方の、ドパミンアゴニストのニュープロパッチは、経皮吸収型製剤で、24時間
安定した効果が持続する事により、夜間や早朝に薬効が切れるのを防げます

「夜中トイレに起きた時に間に合わない事があったので、これのお陰で助かります」  かおまる 
但し、突発性睡眠や、賭博や衝動買い等の衝動制御障害等の副作用にはご注意下さい

「衝動的な行動が起きるのは、ドパミンの効き過ぎで起きる現象ですよね?」  かおまる
衝動制御障害はレボドパやアゴニスト等パーキンソン治療薬全般にある副作用です

「パーキンソンのご主人がお金遣いが荒くて困ると、嘆いている奥さんがいるけど  冷汗1 
あの方も、パーキンソン薬の副作用によるものかも知れないわね」
そのご主人は、治療薬を見直すと金銭感覚異常が改善されるかも知れませんね

「私はこうして何とか生活していますが、本当に色々な問題を含んだ病気ですわね」   かおまる
パーキンソン病は進行性疾患ですが、目覚ましく進歩した医療と、運動療法によって
進行を遅らせられる様になってきていますし、平均寿命も決して短くありませんが
嚥下障害による誤嚥性肺炎が直接死因になることが多いので、口腔周辺の体操等も
取り入れて、いつまでもお元気でいられるようになさって下さいね

「先日も、サルでiPS細胞を使った再生医療が成功したと発表されましたしね」  えへ5 






(参考)
難病センターのパーキンソン病の所
マドパー配合錠のインタビューフォーム
薬剤誘発性パーキンソニズムの厚労省のHP  等


(感想)
最近のGLでは、症例によっては、治療開始からレボドパ製剤を使用する様に
なっているんですね
又、衝動制御障害(ICD)の管理についても、GLで言及されている位
重要視されているんですね






お盆に親戚と会い、レストランで会食しました
全部美味しかったのですが、フォアグラが、私には脂が濃い感じでした

年で自分の消化力が落ちているのと、強制給餌やメスのヒナは殺処分される話が
どうしても頭から離れず、可哀想に思って、味を楽しめませんでした

根っからの庶民派の貧乏性なんですね
普段食べるお肉でも、牛や豚や鶏を殺しているんだけどね


17091.jpg17092.jpg
17096.jpg17093.jpg
17095.jpg


その時、姑にボケ防止にゲームをやって貰おうと思って探した無料ゲームに
図らずも自分がはまってしまい、最近寝不足です

昔、テトリスやまきがめにはまった事がありましたが、久しぶりに
今は四目並べにはまっていて、主人からよく、早く寝ろ、と叱られています

ゲームにはまり易い私の脳内ドパミンは一体どういう事になっているのか?
知りたいところですが、パチンコにはまるのと似たパターンではないかと思います

つまり、負けると悔しくて次のゲームをし、勝つと機嫌よくなって次のゲームをし
トイレに起きた主人に、もう寝ろ、と言われるパターンです(汗)




薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

by 薬剤師ブログタイムズ



福助 このブログが面白かったらクリックお願いします  →  
人気ブログランキングバナー 

プロフィール

フロル

Author:フロル
調剤薬局で働く
薬剤師です

興味のあることは
(昔)パッチワーク
   お菓子作り
   ベランダ・ガーデニング
(現在)糖尿病
    手料理
    パン屋さん

 2014年~ 多肉植物
 在宅を細々始めました

自分の勉強の為にブログを書いています

カテゴリ
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード